LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀色のオリンシス 第4話

<<   作成日時 : 2006/10/27 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

「大人になるとな、趣味じゃないことでも
 我慢して目的を優先させることもあるのさ」

今回響いた言葉です(^.^)
誰に言っているのかわからないお言葉でしたが
哀しいけれどこれが現実。趣味だけで食べていけません。

何がわからないってストーリーというよりまず脚本がわからない(^.^)
それでも、まだまだ見ていきますw (毎回書いているw)


セレナさんが目指していた南って、みんなの予想を遙かに超えた南で
こりゃ物資が足りないよぉ、という理由で
途中の街にて補充というか強奪っていうか。。

その街でかなり豊かな物資、食料が得られましたが、
じゃあなんで人が誰もいないの?、と
着いてから相当経ったあとみんな気づきました。気づいただけ。
結果的にそこにはガーデナーが住み着いてたから、って理由?で
今回はそんなことよりも、セレナさん1点集中でした。

彼女は変装とはとても言い難い、早い話変身、ができていた。
薬も効かないってことはやっぱ人じゃないってこと。
だいたい着替えればいいのにな。
一人だけあのクルーの中普通あんなセクシーな衣装のまま動かれたら
目のやり場に困るでしょう??(誰も困ってはなかったけどさ・・・)

なぜかコウイチ君とテアをくっつけようと画策し
一人で戦って傷ついて「ほっといてよ」って。。意味が本当に不明でした。
ここも後から見れば辻褄があう具合に構成されているんだろうか。
ここまで横暴な流れだととてもそうは思えないんだけど・・・。
きっといつか光が射し込んでくれることでしょう。


テアちゃんの奥底には記憶は眠っているようで、
突然に泣き出すシーンがいくつかありました。
かわいいことは名塚さんですしかわいいんだけどなぁ。
もちろんミスズさんだってかなり。性格もわかりやすいし。
ただ彼らは彼女たちをかわいく描く気はないご様子で。。もったいない・・・。
メカもそれほど、、なのになぁ。
EDのボードはかわいいと思います。。動いてないからかなぁ(汗)
さぇこさんは後から出てきてくれるのかちょっと気になりました。


見所がどんどん削られてきましたが次回も楽しみです。
たぶん打開してくれるのはブラちゃんしかいないと思った(^_^;)
次回は謎の男だ。がんばっていこ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
銀色のオリンシス 第4話「灰色の戦場」
突然やって来たシュバルツオリンシスに乗った セレナの導きによりトキト達は南へ向かうことに。 果たしてトキト達に待ち受けるものとは・・・感想参ります。 ...続きを見る
ミナモノカガミ
2006/10/28 00:56
銀色のオリンシス 第4話「灰色の戦場」
アニメージュ 2006年 11月号今回はセレナの謎がますます増しましたな。 さすがは謎の美女。 ...続きを見る
シバッチの世間話
2006/10/28 16:31
銀色のオリンシス 第4話 「灰色の戦場」
よし決めたw ...続きを見る
ミスター馬鹿侍の戯言
2006/10/28 18:33
銀色のオリンシス 第4話
サブタイトル「灰色の戦場」   旧シアトルの無人タウンに辿り着いたトキトたち。   セレナはなぜか、トキトとテアにデートをさせようと目論むが... ...続きを見る
オヤジもハマる☆現代アニメ
2006/10/29 10:09
銀色のオリンシス 。。。。 第4話 灰色の戦場 。。。。セレナ 強し^^; ブライアンは謎の男・・・...
素手で ガーディナーの親玉を倒すとは セレナ 強し。 しかも 変身も出来るのかぁ。 当然 普通の人間じゃないだろーし、それは テアもきっとそうなんだろうね。 でも この見えてる脇乳に 思わず 大人の女性を感じてしまうんですけど。。。。 久川さん いいキャラもらいま.... ...続きを見る
幻影現実 私的工廠 ブログ
2006/10/29 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


銀色のオリンシス 第4話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる