僕等がいた 第19話

これ以上何を見せてくれるのかと思ったら
まさか山本さん台詞なしでここまで見せてくれるとは。。
とりあえずは素直に喜びます。


どうして許せたのか特に理由はもう思いつかない。理由なんてもうなかった。
だから決めたことを守ることにした七美ちゃん。
それを前向きであると本人が思えるのならそれで良いです。
繰り返さないために気をつける、という認識を持ってくれていれば。

最初は七美ちゃんの気持ちに傾いて見ていたのに、
まんまと矢野君に傾いて最近は見ている自分がw
流されやすいことこの上なし・・・。


所詮恋愛なんて、と達観した様子の竹内姐さんのお言葉は
本や誰かから訊いた話にはとても聞こえず、
すべてが彼女自身の人生で得た経験なのだと声が顔が、目が言っていた。
 もう温子さんもお姉さんに違和感ゼロでした。
 逆にナツメ姫の方が大変な気がしたりしなかったり(^_^;)

所詮、と括るのであれば、
所詮人それぞれ、答えなんてもそれぞれ。
でもそんなこと言い出したらなんだってそうだしw
おもしろくも、物語にもならない。
だから彼女の意見も間違っていないし、誰の意見も間違っていない。
それがすべての答えではないとわかっているから間違ってない。

自分も縄で縛って落とし穴も掘って、ってのはほぼ同意だった(^_^;)
ただそのために他の人に協力を仰ぐ、という点で
どーしても嫌悪感のようなものを感じたんだよなぁ。
手段の一つに過ぎないとわかってても
あれだけはなんか未だに納得がいかないw


竹内姐に焚きつけられた竹内君。姐からの課題に苦しんでおりました。
正当化。今彼に必要な最重要課題でした。


後半になるにつれて、
今回はどうやっていつもの劇的な歌を流しつつ
終わっていくのか楽しみに見ていたら、まさか、
まさか山本さんがいきなりメガネをはずしてご登校、ってところできた(笑)
彼女にとってはもちろん「いきなり」ではなかったんだろう。
美人だと思ったんだけどなぁ。


無言の宣戦布告だったりしたら残りも見ていける。
山本さんで見ていけます。だからえんなさんに台詞を!!

さらに予告にて微妙な新キャラ。
誰だろあの声。明坂さんに聞こえたんだけど違うかな。。
彼女になる気はしないけど楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック