地獄少女 二籠 第7話

彼はわら人形を使って、誰を地獄へ堕とすために受け取ったのか。
彼女には始めにそれを見たとき、既にわかっていた。


わら人形をもらった彼は、
その人形を使うことなく不幸にも事故死してしまった。
けれどそのわら人形はあいちゃんの下に戻っていくことはなく、
初めてそれは別な人へと受け継がれるという形態に。

もう間違いなく今期はこのままのペースでいってくれそう。
ネタが切れるまでw 最後まで楽しませてくれそうです。


受け継いだのは彼の妹、茂木恵美。
兄の机の引き出しからその人形、さらに背後に立っていたあいちゃんを見て、
彼女はすぐにあいちゃんを地獄少女だと気づいていました。
それは噂で聞き及んでいたのか、それとも自分もアクセス経験者だったのか。

ターゲットは彼らの母親、茂木和子。彼女は息子の死に取り憑かれていた。
どこにぶつけて良いのかわからない、
けれどそのまま抑えるにはあまりに耐え難いその憤りを、
マスメディアを用いて世間に訴えることで「発散」していた。

もちろん最初は突然の息子の死に
半ば錯乱状態で訴えていたに過ぎなかったのかもしれない。
けれどそれは徐々に目的へと転化されていき、
かつ、自分の言動でマスメディアが動いている。
自分が動かしているのだ、という錯覚に陥り、満足を覚えていた。
もちろん誰も忘れてはいないし、忘れろとも言っていない。
ただずっとずっとそこに居座り続けてしまうことは、
誰の目にも、誰にとっても良くはないことだとわかっていました。

ただとりあえず今は前を向いてほしい。
恵美ちゃんは必至に母を説得し、母のために尽くしてきていた。
でも母はますますエスカレートしていき、
それは市の会見を境に
母親は別のスイッチが入ったかのように変貌を遂げてしまった。

息子の事故死によって、近くにあった地蔵の頭だけが吹き飛んだ。
その頭を、母は大事そうに息子の名を呼びながら抱きかかえて・・・。


市の会見ですべてが終わるはずで、一目連の仕事も、
ずーっと出番待ちだった輪入道の人形待機も終わるはずでした。
でも事態はどんどんよくない方向へ進み、父も堕落し
手も足も出ない状況下へと恵美ちゃんは追い詰められた。


「母さんがいなきゃ、家族はうまくいくのに」

兄のその気持ちがわかってしまった恵美ちゃんは糸の紐を解いてしまい
実の母親を地獄へと送ってしまった。。。

もうどうやったってどうしようもない終わりしかありませんでした。
最後の食卓は心から「最悪」であったと言えるでしょう。


今回もまた後味どころか、ほんと信じられなくくらい最悪でした。
そこに怨みがある限り、例えバッドエンドを導くことになろうとも
最終決断をしたのは糸を引いた本人であり、
地獄少女はただ、聞き届けて地獄へ流すだけ。残酷極まりありませんでした。


遺族のお話もまた、おいそれと触れられるものじゃなく、
やりづらい、描きづらいところを
臆することなく正面から描いてくるこの作品らしいテーマでした。
それもまたこの作品を評価すべき点なのかもしれない。
「フィクションだから」という軽い気持ちではないとわかるけれど
それでもそう簡単に作れるお話ではないと思います。
誰にも好き好んで描けるとも思えないし。


当事者の気持ち。
それは何よりも前に、何よりも優先すべきことで絶対なのか。
「それしかなかった」者にとってそれは愚問ではあるのかもしれないが
それでもそうするしかない、という状況は
想像し難いものではありませんでした。
口を出せないのではなくて、出してはいけないのでは?という空気は
どうしたって満ちている。誰だって悪い者には罰を与えて欲しいと
心の底では思っているのかもしれない・・・。
悪い者というんは正確には「自分にとっては悪い者」


いつどうなるかわからない。恐怖は身近にこそ多く側にある。
わかったところでできることは少ないのも現実だけど
非日常的なお話ではありませんでした。


で、気を持ち直してw 次回はまたおもしろいタイトル「偽地獄通信」
富沢美智恵さんです(^.^) 送られる側が見られるのかなぁ。
まだ7話だけれど全然休みなしだ。
前期のように、いつか休憩期間がくると構えているんだけどw
きくりちゃんはやっぱ後半じゃないと出てこなさげ。
二週連続で「いっぺん死んでみる?」はなしでしたが、次回は聞けるかなー

この記事へのコメント

2006年11月20日 06:03
いつもTBありがとうございます、「ラピスラズリに願いを」です。
サーバー不良により、以前送った記事が消滅したので新しいほうを送りました。
面倒だとは思いますが、古いほうを削除していただけると助かります^^
失礼しました~
2006年11月20日 22:32
コメントどもです。
確かに開きませんでした・・・。
削除させていただきましたm(__)m
またよろしくです。
地獄に流されて当然
2006年12月27日 22:57
ターゲットである依頼者の母親が地獄に流される前に
お地蔵様の頭を持っていました、立派なバチ当りです
ね。
2006年12月28日 13:12
もうあの時点で母親の異常さ、狂気さが顕著過ぎましたね。ある意味絶対に逃れられない家族だから、許せなかったのか。

この記事へのトラックバック

  • 地獄少女 二籠 第7話「絆」

    Excerpt: 息子の事故死で茂木家の生活は大きく変化してしまった。 母親は息子の死後、生気が抜けたようになってしまい毎晩事故現場にフラフラと足を運んでいた。 ひぐらしの鬼曝し編も母ちゃんの壊れっぷり.. Weblog: おもちやさん racked: 2006-11-18 22:38
  • 地獄少女 二籠 第07話 「絆」

    Excerpt: 地獄少女 二籠   評価:3.5   [現世版『スカイハイ』]   アニマックス : 10/07 19:30   東京MXテレビ : 10/07 22:00~   MBS : 10/07 2.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-11-19 00:15
  • 地獄少女 二籠 第07話 「絆」

    Excerpt: 幸せだった過去の話混ぜるとか、タチ悪すぎ… Weblog: ブログ 壁 racked: 2006-11-19 00:28
  • 地獄少女 二篭 第7話 絆

    Excerpt: 冒頭からいきなり依頼者に、藁人形を渡すシーンで始まる。なので、藁人形になった輪入道は、今回、ほとんど出番なし。せめて恵美だけは、まともであって欲しかったが…母親を地獄に送り、一人、家のテーブルにみんな.. Weblog: PEN:PENの雲外蒼天 racked: 2006-11-19 03:22
  • 地獄少女二篭 7話「絆」感想

    Excerpt: 家族という断ち難い『絆』を守ろうとした少女の悲劇。家族は、一生ついてまわる関係だけにどうしようもないやりきれなさは、今までの中でもNO.1。 息子の生前から異常な期待と溺愛で『地獄通信』にアクセ.. Weblog: 月の砂漠のあしあと racked: 2006-11-19 05:59
  • 地獄少女 二籠 第七話 「絆」 感想

    Excerpt: 最近、依頼人達の人間模様が中心なので あい、きくり、三藁達の影が薄いですね。 特に、輪入道なんて… 今回は、姿さえ出てきませんでした。 前々回、活躍した代償ですかね?(.. Weblog: 日々の徒然言 racked: 2006-11-19 07:46
  • 地獄少女二籠第7話絆

    Excerpt: 「揺らり揺らりと業の影。哀れな運命迷い道。憎み憎まれひび割れた、合わせ鏡の二籠…時の交わる闇より来たりてあなたの恨み晴らします」(怖い口調で「地獄少女二籠」「第7話絆」「雨の中、バイクで走行中に舗装の.. Weblog: 翔太FACTORY racked: 2006-11-19 10:17
  • 地獄少女 二籠 第07話 「絆」

    Excerpt: 「ちょっと吹いてみたりして…ww」 Weblog: 竜人イグニール racked: 2006-11-19 10:43
  • お嬢あたしはいつまで引出しの中に居たら良いですか?by輪入道

    Excerpt: 第七話「絆」 狙っているとしか思えない鬱展開 雨の中スリップしなくなった少年 その場所に転がる地蔵 これが何を意味するのか引きこみ方が上手いですね その家にはかつて母と父.. Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ racked: 2006-11-19 13:14
  • 地獄少女 二籠 第7話「絆」

    Excerpt: 第7話 「絆」  あいから藁人形を受け取った達也はバイク事故で死んだ――。契約を完了する前に…。怨んだ相手は誰だったのか?…そのせいで、藁人形役の輪入道出番なしですか。兄・.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2006-11-19 13:17
  • 地獄少女・二籠 第7話「絆」

    Excerpt: 地獄少女・二籠 第7話「絆」の感想です。       何ともやりきれない話です Weblog: 狸のゴミクション racked: 2006-11-19 13:56
  • 地獄少女 二籠 恵美ちゃん良い子なのに(つД≦。)°

    Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-11-19 14:01
  • 地獄少女 二籠 第7話

    Excerpt: 『絆』 これはなんのイヤガラセですか!? コントがないと、地獄へも流されがいがないじゃない! 流されがいががいががい!w ならば、こっちにだって考えがあるんだからっ。 笑いがなければ作ればいい。.. Weblog: ACGギリギリ雑記 racked: 2006-11-19 15:09
  • 地獄少女 二籠 第7話「絆」:魔のカーブ

    Excerpt: 息子の事故死をホームページで取り上げる和子。 いかにもフリー素材で作りましたって感じのホムペだな・・・w まあ軽そうだから見る人はありがたいかもしれないが。 親父が趣味で作ったものを潰す和子.. Weblog: 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ racked: 2006-11-19 17:36
  • 地獄少女 二籠 第7話 「絆」

    Excerpt: 今回は、少なくとも二籠になってからの話では1番見ていてキツかった… Weblog: 米丸(よねまる)@アニメらいん racked: 2006-11-19 22:41
  • 地獄少女 二籠 第七話 「絆」

    Excerpt:  少年が峠で逝った――。  彼を溺愛していた母は怨むことを生き甲斐とし、  家庭を顧みなくなった。  その悲しみを理解しようと努める父との狭間で、  妹の居場所はどこにもなかった。 .. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-11-20 00:00
  • 地獄少女 二籠7話「絆」

    Excerpt: 3週振りに依頼者が、おんなのこ~♪ Weblog: ライトニングソルジャー racked: 2006-11-20 00:14
  • 「地獄少女 二籠」#7 絆(再掲載)

    Excerpt: (1度アップしたのですが、消滅したので簡易版で再掲載です) はあ・・・何も考えられない回でしたよ。 「あいつがいなければ・・・」というシチュエーションはほぼ毎回なのですが、この気持ちが【怨み】なの.. Weblog: ラピスラズリに願いを racked: 2006-11-20 06:09
  • 地獄少女 二篭 第7話「絆」

    Excerpt:  兄を溺愛するあまりその死を認められない母親を兄に代わって藁人形を引き継いだ妹の恵美(声:真堂 圭)が地獄に送るお話。 Weblog: 移り気な実況民の日々 racked: 2006-11-20 12:05
  • 地獄少女二篭第7話「絆」

    Excerpt:  あいと契約を結んだ茂木達也は、雨の中オートバイ運転中にタイヤがスリップして地蔵に激突して 事故死した。葬儀が行われる最中達也の父親と母親和子が、口論になってしまった。険悪な雰囲気 の中親の口論を.. Weblog: アニメのストーリーと感想 racked: 2006-11-20 21:18
  • (アニメ感想) 地獄少女 二籠 第7話 「絆」

    Excerpt: 地獄少女 2007年カレンダー 息子を事故で亡くした母、和子。しかし、息子が死んだのは道路の整備を怠った行政に責任があると思いこんだ和子は、やがて告発の運動に没頭していきます。そんな恵美を気遣う.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-11-20 22:45
  • 地獄少女 二籠 第7話

    Excerpt: サブタイトル「絆」   交通事故で死んだ兄の机には、地獄少女から受け取った藁人形が入っていた。   兄の死によって半狂乱となる母を、恵美は支え切れるのか?... Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-11-20 22:46
  • 地獄少女 二籠 7話

    Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、家庭崩壊。依頼者死亡により依頼者がその妹へ変わる新しいパターンも。依頼者・茂木恵美を真堂圭さん、ターゲット・依頼者の母である茂木和子を五十嵐麗さんが演じました。 Weblog: ホビーに萌える魂 racked: 2006-11-21 00:14
  • 藁人形How to use it「所有者が死亡した場合、藁人形の所有権は次に手にした者に移る。」

    Excerpt: 実写ドラマ化もされている「地獄少女 二籠」の第7話「絆」の感想です。正直今回は Weblog: Le mouvement premier racked: 2006-11-21 03:04
  • 地獄少女 二籠 ♯07 「絆」

    Excerpt: <あらすじ> 息子が交通事故で死んだのは、行政の対応が悪かったのが原因だ…。そう思い込んだ母親の和子は告発の運動にのめりこんでいく。恵美はそんな母を支えるが…。 ↑このブログの.. Weblog: とりあえず気まぐれアニメ日記 racked: 2006-11-21 17:47
  • 地獄少女のトリビア33

    Excerpt: 家庭崩壊。それ以前にどうしてお母ちゃんが妹に一顧だにせずお兄ちゃん一辺倒になったのかの秘密が知りたかったですね。よっぽど親父に失望するような事があって娘を作った以降はセックスレスだったのだろうと想.. Weblog: Anime in my life 1号店 racked: 2006-11-21 22:28
  • 地獄少女二籠第7話

    Excerpt: 地獄少女二籠第7話。今回は一人の家族の死が残された家族の運命を狂わせてしまうというお話。まあ皆が皆心が強いわけではないですから、母親の末路もわからないではありませんが・・・。では第7話「絆」の感.. Weblog: アニメ探索小隊 racked: 2006-11-21 22:31
  • 地獄少女・二籠 第07話「絆」

    Excerpt: 脚本:鈴木雅詞・金巻兼一 絵コンテ:小滝礼 演出:山口美浩 作画監督:飯飼一幸 ドラマ化しても可笑しくない話でしたね、こんなに地獄少女の色が薄い話は初めてです。 最初、お地蔵さんの祟りが始まる.. Weblog: AGAS~アーガス~ racked: 2006-11-22 07:26
  • 地獄少女 二籠 第7話「絆」

    Excerpt: 市役少女 Weblog: bkw floor racked: 2006-11-22 15:38
  • アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第七話「絆」

    Excerpt: このたびは私が描きました閻魔あいちゃんのイラストを添えつつ、第七話の感想を書き進めていきます。 Weblog: kasumidokiの日記 racked: 2006-11-24 01:16
  • 地獄少女 二籠 第7話 「絆」

    Excerpt: 正直言います。きくり、どうでもいい役柄になってないか?何のために出てきたのかさっぱり解らないんですけど。 それはさておき今回の話も鬱な話でしたね。 恵美の母親は恵美の兄しか見ていなく(兄は交通事故.. Weblog: 気ままなBLOG racked: 2006-11-25 12:41