デジモンセイバーズ 第32話

ヨシノちゃんを賭けた愛の戦い(^.^)

誰もそこにおもしろさは求めてなかったと思うんだけど、
予想以上にララモンがおもしろくなっちゃっててw
意外にイワンとも息が合っていました。
すっごい真剣勝負なんだけど楽しかったです。

何よりもヨシノちゃんがあんなに話してくれたことは
ここ最近ほとんどなかっただけに嬉しくもあり
かわいさもありました。私服はいいね。


イワンさんもそうだけれど、彼らバイオデジモンたちの過去も
もう1,2話前からでも描いてくれていれば、盛り上がっただろうな。
それはマサル君たちにも言えることで、、、
でもトーマ様だけは考えていた。

自分の望んではなかった選択で、今回は乗り越えてしまったこと。
すべてが同じではないとわかっていても、気持ちがいいものじゃなかった。
トーマはエルドラディモンがゲートに飲み込まれていく様子を
ミラージュガオガモンとただ、見つめ続けていました。
一緒にゲートには入って来たのかな?
あの目には全く別な決意が見えたけど。。
ナオミはどうしちゃったのか。
なんだかトーマ様だけ違う方向に進んできた印象です。


バイオで残ったのはあとコウキ君だけ。
彼を人間界で倒して、倉田倒して、んでどーなるか。
これじゃイクト君の出番がないから一緒に戦ってくれたりするといいな。
やけに今回画がきれいにみえたなぁ。
ヨシノちゃんがかわいかったことが最大ポイントでした(^.^)


敵側の理念がない(見えてない?)だけに、
トーマ様ががんばっても、結局一人だけのお話になってきちゃう。
お話のわかりやすさと引き替えに失っているおもしろさは
どうやら最後まで変わることはなさそーです。
この倉田さんのお話が終わった後に、最後の望みを託すか・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック