僕等がいた 第21話

彼のやさしさ。


21話目にしてようやく山本さんの気持ちが、彼に伝えられました。
これが少女漫画であると言えるドラマティックな展開、でいいのかな。

山本さんのお母さんが倒れた、というたった1つの出来事から
山本さんの告白、七美ちゃんの憤り、竹内君の怒り、
全部が一度に舞い上がってしまった。
そして張本人だった矢野君は一体どう、この事態を捉えていたのか。

誰かと一緒にいられる幸せをわかっていたから
ひとりがどんなに辛くて、哀しいかをわかっていたから
だから彼は山本さんの所へ走って側に行ってあげた。

もしも事情を知らない第三者がいて、その目から見れば、
彼の行動を正しいか間違っているかで判断するとしたら
自分は正しかったと思いました。
けれど彼はそこまで、あそこまでしてあげる必要性は、本当に・・。
彼にとって必要不必要って判断じゃなかったんだろうな・・・。


七美ちゃんとのあの日の思い出は、本当にあの日でしか作れなかった。
それももちろん絶対に大事だから、過ごせなかったのは辛かったと思う。
けれど七美ちゃんにとってもっと辛かったのは、
「私より山本さん」としか聞こえなかった彼の言葉に他ならない。


冒頭の初のお泊まり♪な下りは正直どうでもよかった。
勝手にやってろとw 幸せを妬むわけじゃないが
そんなに自分は性格はよくない(苦笑)

山本さんからの電話があってから、とうとう!って盛り上がり、
矢野君の帰り際、抑えきれない感じで山本さんが告白。
もう必死さもあったし、あんなに驚いた表情の矢野君初めて見た。
衝撃に他なりませんでした。


さらに出てきたのが竹内君。
七美ちゃんのところへ矢野君より先に、たどり着いた竹内君。
結局彼女、知紗ちゃんはカノジョにはなれず・・・(>_<) 諦めちゃったかなぁ?
相当切なかったです。竹内君のコートを掴んだその手が、、、
 彼女はやっぱり明坂さんでした(^.^)
 んー当たり前だけどナノナノとはぜんぜん違う。
 これからもぐっと楽しみになりました。

七美ちゃんの所に着いた竹内君の顔、過去最大にかっこよかったです。


竹内君は彼女の、七美ちゃんの幸せを願っていたはずの自分が
本当の自分だと、そう思っていた。
けれどそれは本当ではなくて、
「そう思いこむことにした」が、実は正しかったのかな。
竹内君は竹内君が思う幸せをやはり、捨て切れていませんでした。


次回は山本さんが七美ちゃんにも宣戦布告!!
今となっては来るべくしてきたと思いたいこの展開。
あと5話でどうにかなるとは思ってはいないけど
山本さんが出てきてくれるだけでもう嬉しいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック