僕等がいた 第22話

信頼できないのは、自分の問題。


アニメとしてはもう終盤。
詰め込んでいるわけじゃなくて、ドラマティックな勢いを感じました。
正しいとか、正しくないで判断できないことはたくさんあるし、
判断しちゃダメなこともほんと、たくさんあるんだ。。


物語の大波に乗って見ていたため、
前回の矢野君の真意には気づけないでいました。
視点的には完全に七美ちゃん視点で見ていた。

彼の山本さんに対しての優しさは、人としての優しさに他なりませんでした。
彼女が自分を頼ってきたのだから、だから側にいてあげた。
たったそれだけだったから七美ちゃんにもきちんと報告したし
実際、本当にそれだけだった。

タカちゃん、竹内君の言葉を聞いてかなり納得はできました。
それが真実なんだってのもわかりました。
でも結果として、たとえそれが七美ちゃんの問題だったとしても
自分はやっぱすべてを受け入れることはちょっとできなかったなぁ。
水ちんの気持ちと一緒で(^_^;) 全部相手のせいにするわけじゃない。
確かに自分に非があったかなんて、考えもしていなかったかもしれない。
不安になったのも自分勝手なことだったと。

信じてくれたからこそ、彼は山本さんのところに行くことができていて、
だから七美ちゃんも彼を信じてあげるべきだった。。

と、理解はできたんだけど、
なんか全部じゃない気がしてすっきりしません(^_^;)
ちょっと残るこの気持ちがリアルなのかといわれると
気づかないけどそうなのかも、とも思うし。


山本さんがあそこまで声を荒げるシーンはなかったから
かなり見ていて驚きというかなんか動揺してしまった。
彼女がずっと想っていたことを勢いに任せて七美ちゃんに告げたこと。

時間は何者にも代えられないということ。

そんなの七美ちゃんだってわかってた。
だから一生懸命彼の過去を知って受け入れようとしたし
彼を許したし、今と、これからの彼を好きでいようと決めた。
どうしても時間は取り戻せないから、それ以外を本当に必死に。


今回竹内君もアグレッシヴ。
弱っているところを掴まえようとしたわけじゃない。
100%言えるかというときっとそうでもなかったと思う。
それでも彼は姉からの言葉の質問に、答えを得てしまった。

彼も必死に七美ちゃんのことを、自分がどう思っているかを考えて
考えて考えて、そして出した答え、今の自分を正当化できる方法。
それは「彼女のことを、誰よりも自分が一番幸せにできる」と思うこと。

今まで無責任に付き合ってきたわけじゃないとしても
こう考えてしまうと実に明確に"責任"を意識しちゃうな。
姉さん、やっぱり大人だ(^_^;)

さらにさらに、矢野君が転校?!
高校生だから一人残り、なんて道も選べそう。
どちらにせよ、紛れもなくこの選択がこのアニメでの終わりかな。


竹内君も男を見せたと思う!
正々堂々と、彼女に振り向いてもらいたいという一心が、
かっこよかったと思いました。

考え方の違いはどうしようもない、という彼の言葉も印象的でした。

矢野君の考え方と、七美ちゃんの考え方は確かに根底から違う。
自分の気持ちをそっくり相手に伝えることができたら
こんなすれ違い起きようがない。でもそんなことは絶対にできない。

なら「分かろうと努力する」しかない。
極めてそこにかけなくてはいけないパワーは大きいけれど、
そうするしか手はないのだから、
少しでも分かり合いたいのなら話して理解し合うしか。


あまりに単純で当たり前なこと。
なのにそれができれば苦労しない、なんてことも結構あるなぁ・・・・・・。

次回は一旦整理する時間になってたいたような。
山本さんも本気なのは間違いないんだけど
悔いが残らないように、、としか言いようがないよ・・・。

この記事へのコメント

2006年12月01日 21:13
 「LUNEさん」こんにちは!
コメントありがとうございました!
「LUNEさん」の独創的で語り口調的な(?!)感想いつも
楽しみに読まさせていただいております!
 
 さてさて、この作品最近他の番組を優先にしているので見てないのですが、いろんな方のブログさんを見て補完しています。
 個人的には「竹内くん×七美ちゃん」でアニメ独自のオリジナル展開で終わって欲しいのですが・・・どうでしょうか?
 「矢野くん」のひねくれた優しさを理解するのは常人の女性では無理なんじゃないでしょうか?

 では、
2006年12月02日 21:20
こちらこそ、いつもどもですm(__)m
いつも同じようなことしか書けていませんが(汗)そういっていただけると幸いです。

竹内君七美ちゃんはぜんぜんアリですね。一時期かなり矢野君がわからなくなった時そう強く思いました。今はちょっと盛り返してきてしまっているんですが(^_^;) 終わりが結構楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • アニメ 僕等がいた 第22話

    Excerpt: アニメ 僕等がいた 第22話 Weblog: Happy☆Lucky racked: 2006-12-01 08:49
  • 僕等がいた 第22話

    Excerpt: 第22話… 「大事なのは、高橋を傷付けないってコトだろ!」 竹内くんカッコイイ!カッコイイよ!! 矢野はピンポン押しすぎ。 「しくしくっ……なんか、さみしっ!」 水ちん、ふぁいとー\(^o^)/ .. Weblog: sincere racked: 2006-12-07 01:39