N・H・Kにようこそ! 最終話

いよいよ来てしまったクライマックス。
最後は奇跡なんかよりももっと壮大な、
実に達弘さんらしい終わり方でした。

生きて良い理由、生きるための意味。
見つけることじゃなくて考えることの大切さ。


おもしろいようにこれまでと、この一話は別格で、
GONZOであることをここでようやく思い出せた程。
素直に期待していたものが見られました。感動です(^_^;)


迷い、挫けて、なぜ自分だけがこんな目にと思うとき、
よく人は生きる"意味"を考えてしまう。
でもそれって、自分は考えても意味はないと思う。
考えることに対しては否定しないけれど
それで何かを見出そうとすることは間違っていると思うし
そもそもそれは「探す」という行為に似た「縋る」って行為だと思う。


岬ちゃんに追いついた達弘さんは、
彼女の一言一言に反論の余地が自分には一切ないことを知りました。
それらはつい最近まで、自分もそう思っていたことだったから。

生きている理由がない。
そう自分でも思っていても、今目の前で崖から飛び降りようとしている人を
「じゃあ、さようなら」と見過ごせる人だったとしたら
達弘さんはここまで来るわけがない。

間一髪彼女を抱きかかえた達弘さんは
彼女の不幸の元凶が何なのか、一瞬で答えに達しました。それはすべて、

N・H・K
日本引きこもり協会であり、
日本ひ弱協会であり
日本悲観協会の仕業であると。


生きるためになら、死のうなんて考えることがないのであれば、
「縋る」ことにも意味が出てきてしまう。
つまりは何と比較するかであって
天秤の片側がもし生死なのだとしたら、
もう片方に何を置いても決して傾き動くことはない。
何を置いても、命に勝るものは絶対にない。

だから、岬ちゃんのせいなんかじゃない!


ここからは達弘さんの奇跡、、、もとい
そんなのよりももっともっと壮大な妄想が始まりw
奇しくもそれがラストにして圧巻でした。
精神世界にいけばいいってわけじゃないけど、こういうの本当に好きです。
描きたいものをアニメとして起こしたのなら、
こうあるのも、全然アリかなって(^.^)
最後の最後まで妄想で締めくくるあたりも、感動でしたw


タクシーの方のお言葉でちょっとオチは気づけるよう作られていましたが、
もうそこはそこ、達弘さんらしい素晴しい締めくくりでした。
岬ちゃんが泣きながら
達弘さんの頭をぽかぽか叩いていたシーンもよかったなぁ。
格好なんて考えているような人に、リアルは感じない。


エピローグも実に明るく、木漏れ日が見えた(^.^)
ここまで見せてくれればもう満足でしたし、見てきて良かったです。
彼らのこれからは幸せだけが続くなんて誰も思わないし、
苦しいことの方がきっと多いってのも理解が出来ます。
それでも彼らが選んだ理由は達弘さんが最後に言った言葉、
ダメだダメだと呟きながら生きていく、それでも、

「いつまで持つかはわからないけど、出来る限りはやってみるさ」

これが彼が出した今の答えでした。
素直に素晴しいと感じてしまった(^_^;)

この言葉を「当たり前」と思える人は、彼のような岐路に立つことはなくて、
逆に人生いつかここにたどり着く人は、
「がんばる」って言葉が本当の意味で理解できる人なんだと思うな。



思い考えることが殊の外多い作品となってしまいました。
達弘さんの結果からいえばただの一言、

お腹が空いたら働くしかない。

これだけでした(^_^;)

 小林さん・兄でこの結論には一度達していたからこそ、達弘さんの場合はきっと違う側面で来るんだろうな、と勝手に想像していたら見事に裏切られた格好にw じゃあそれでも繰り返してきた理由はなんだったんだろ、って考えるとそれは充分"答え"に相当していたからだったんだと思う。
 "働かなくても生きていける術"が手近にあるのなら、そちらに流れ落ちていくことなんて容易に想像が付くし、楽して他の楽しいことに人生の時間を使いたいと思う気持ちはわかるから。
 じゃあなぜ働かないといけないのか、と考えること自体はとても良いことだと思う。仕事に没頭しそんな暇なんてない、っていう人は働いているんじゃなくて"働かされている"に過ぎず、それでもお金がもらえて、自分の時間がある程度確保できるなら、或いはその先のビジョンが明確に見えているならまだ生きていると呼べるけれど、ただひたすら繰り返し、日々を繰り返して、それこそ職人のような会社員はどーなんだろ、とか、そんなことをこのアニメ見ながら思ってたりしました。ありがちな話。目新しい話でもない。でも一度や二度は考えた方が、って思うこと。



10月に歌が切り変わってなぜこの作品にこんな歌が、と思ったあの時。
前々回くらいからその理由わかってきて、そして今回すべてが収まりました。
この歌で良かったと思えるところまできた(^_^;) 音楽が本当によかった。

いろんな意味でも毎週大変楽しめて見ることが出来ました。
岬ちゃんをラストに、って展開もベストでした。

 言うに事欠いてかなり感想とはいえない、
 単なる考えを羅列してきた感も、気恥ずかしい言葉も多いけどw
 考える時間になっていたのも事実なのでそれもよかったのかな。
 (ってまた文体がおかしいので、これでもちょっと直したつもり・・・)

間はいろいろあったもののw 全24話。
とっても笑えたところもあったし岬ちゃんかわいかったし、
どん底を見せられたところもあったし、笑えないところも多々。
ちょっと考えさせられるところもあったし。あと岬ちゃんかわいかったし!

キャストさんはどなたも素晴しかったんだけれど、
強いて上げるとやはり達弘さん@小泉さんが見事でした。
最初と最後はかなり違って聞こえるとも思いました。


個人的にメインテーマ以外に感じたことは
大事なことはやっぱり話すことであること。
日々のカウンセリング然り、お隣さんの山崎さん。瞳先輩。委員長さん。
本当に引きこもってしまうとまず第一に"人に会わなくなる"
これが一番危険なことだと思っていたんで、
その点達弘さんは相当恵まれた引きこもりだったんじゃないかな。



達弘さんのこれからの人生。
きっとまたたっくさんの陰謀が来るんだろうw
でももう引きこもってないし、朝も起きれるし、一人でもない。
それらがずっと続くとも思ってはいない。

ただ、出来る限り続けていきたい。

この気持ちがあるかないかで、
人は大きく変われるんだということを、教えてもらえたと思います(^.^)

この記事へのコメント

長谷川
2006年12月25日 04:30
この作品は素晴らしかったですね。
私も見てて良かったと思います。

佐藤君の泥沼に脚を捕られたような「どうしようもないけどどうにかしなくちゃ」感が漂っていて、
とてもリアリティが感じられました。
それが最終回の深みと幅を与えててグっときました。

佐藤君も岬ちゃんも、不幸や不安にとらわれてしまって苦しんでいましたよね。
その答えを探して。あるはずのない明確な不幸の理由に悩んで。
その不安に打ち勝つ為に、健気に自分の思考を振り払うがごとく出した
佐藤君の考えはあやふやではありましたが、
「どこまでいけるかわからないけど、それでも生きていこう」と
苦しみぬいてたどり着いた価値のある結論だと思います。

あと「俺はこの世に絶望したりなんかしないぜ!そうだろ岬ちゃん!
生きていれば必ずいいことがあるんだぜ!」
と佐藤君が綺麗事を言えば一瞬にしてその彩を失ってしまうと思います。
(佐藤君も悩み苦しんでいるので言えない、、とは思いますが)
それがこの作品の面と向かった真剣な態度ですよね。
長谷川
2006年12月25日 04:31
「自分で死んだらなにが悪いの?」
「苦しいなら逃げてもいいだろ?」

という問いにもあやふやに誤魔化さず
「死ぬ勇気が無かったら必死に生きるしかない」
と言っていたのも素晴らしいと思います。
岬ちゃんが自殺しようとして、勢いで自分の生きてきた意味を見つけるが如く
崖から飛び降り自殺しようとした佐藤君も、一度失敗して、でも
もう怖くて飛べなくて。
このあたりのどんよりとした心理描写は良かったと思います。

私もLUNEさんみたいにこの作品を振り返ってみたら
山崎も佐藤さんも岬ちゃんも、それぞれぼんやりとした不安に
悩んで、答えを探そうとしていたんだと思います。
でも答えなんてどこにもなくて。
でも現実は生きていかなきゃいけなくて。
辛いけど逃げるわけにもいかないし、戦う気力もなくて。
だからこそその不安の答えが欲しくて。

暗闇の中の光とはいえないけれど、闇夜の道しるべ並の希望。
でもそれは、他のどんな答えより価値があったと思います。

(長文すみません --;)
2006年12月25日 23:16
 はじめまして、こんばんわ。
 コメントありがとうございます。改めて見返すと乱文本当に申し訳ないです・・・。

>暗闇の中の光とはいえないけれど、闇夜の道しるべ並の希望。でもそれは他のどんな答えより価値があったと思います。

 とても言い表されている言葉ですね。本当にその通りだったと思います。
 せめて足下だけでも踏み外すことのないように、ゆっくりと歩いていけることができるのならば、それは間違いなく希望と呼べる。
 
 まさかあの赤ちゃん人間からここまで考えてしまうものになるとは(^_^;)
佐藤佐藤佐藤佐藤佐藤斉藤佐藤佐藤
2007年01月05日 11:46
あんたら素晴らしすぎる。コメントが。

佐藤ワッショイ! NHKにようこそはホントに俺もハマりました。
漫画もすごく個々の感性が豊かに描かれていて良いですよ。(兎に角5巻はお勧めです。なんか言い表せないけど)

この記事へのトラックバック

  • N・H・Kにようこそ! 第24話「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: 今週はOPも無し。 佐藤は岬ちゃんを止めるために岬へと向かう。 岬岬って書くとちょっとややこしいなぁ(笑) 岬ちゃんが完全にダークサイド化してて怖い! 岬「昨日、私が死んでいれ.. Weblog: おもちやさん racked: 2006-12-18 01:48
  • N・H・Kにようこそ!

    Excerpt: 「N・H・Kにようこそ!」  いやはや・・・予想外に良い最終回でした! 予想では「佐藤」はいつまでたっても「駄目人間」のまま永遠に、 みたいなのを想像していたのですが、 「岬ちゃん」を助ける.. Weblog: まるとんとんの部屋 racked: 2006-12-18 21:45
  • N・H・Kにようこそ! 第24話 N・H・Kにようこそ!

    Excerpt: 最終回でさえ電波だったのは面白かったです。岬ちゃんはかわいかったし、佐藤は前向きに生きていくようになったしで良い終わり方だったと思います。 今回は辺りに雪が降っていたり積もっていたりしましたが、.. Weblog: テレビアニメ【作品の感想】 racked: 2006-12-18 22:58
  • N・H・Kにようこそ! 第24話

    Excerpt: 第24話「N・H・Kにようこそ!」 N・H・Kにようこそ!も今週で最終回。オープ... Weblog: Todasoft Blog racked: 2006-12-18 23:31
  • N・H・Kにようこそ! 第24話 「N・H・Kにようこそ!」(最終回)

    Excerpt: N・H・Kにようこそ!   現時点での評価:3.5   [ひきこもり]   千葉テレビ : 07/09 日曜 24:00~   テレビ埼玉 : 07/09 25:30~   テレビ神奈川 :.. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2006-12-18 23:36
  • [アニメ]N・H・Kにようこそ! 最終話感想

    Excerpt: 手堅くまとめたといった感じでしたが、それなりに後味のよい最終話でした。 牧野由依さん好演 昨日、岬ちゃんの中の人をこの目で見たばかりでしたが、ちゃんと岬は岬でした。声優としての牧野さんはこの作品しか.. Weblog: ▽架空の杜△ racked: 2006-12-18 23:56
  • N・H・Kにようこそ! 第24話「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: ついに最終話。岬ちゃんを助け出す事ができるのでしょうか? 一週間がNHKで始まりおとぼくで終わる。 そんな一週間の終わりを告げる序章 Weblog: Hiroy's Blog racked: 2006-12-19 00:52
  • N・H・Kにようこそ!最終話「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt:   ★落としどころとして斬新というわけではないけど(<まあ、テーマがテーマだしw)、 ともかく、終結点が決まっているせいか、ブレは少なかった作品ですね。もっとぶっちゃけて言うと「原作アリ」の強みなんだ.. Weblog: ■■テラニム日記2■■ racked: 2006-12-19 01:19
  • N・H・Kにようこそ!24話(終)「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: 「N・H・Kにようこそ!」 Weblog: ライトニングソルジャー racked: 2006-12-19 02:39
  • N・H・Kにようこそ 最終話&総括 を語る

    Excerpt: 『コレが奴を倒すことのできる唯一のアイテム』 佐藤が駆け出したところでEDテロップが流れてたらちょっと感動的になったかもなぁ、とか思ったり。まあ、その後の展開考えたら早すぎますけど。しかし、たぶ.. Weblog: 流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~ racked: 2006-12-19 03:12
  • 「N・H・Kにようこそ!」#24(最終回)N・H・Kにようこそ!

    Excerpt: 理屈じゃない。 岬を止める方法は理屈じゃない、だから行け佐藤! お前なりの方法で! というわけでついに最終回の感想です! N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修.. Weblog: ラピスラズリに願いを racked: 2006-12-19 03:13
  • N・H・Kにようこそ! 第24話(最終回)

    Excerpt: 佐藤が岬の自殺を引き止め逆に自分が死のうとする話。 岬の飛び降りを抱きしめて止めたところまでは格好よかったです。 でもそのあとの佐藤の行動には爆笑、どうしてそこでそうなるんでしょうか(笑)。 .. Weblog: パズライズ日記 racked: 2006-12-19 08:11
  • N・H・Kにようこそ! 第24話(最終回)「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: N・H・Kにようこそ! 第24話(最終話)「N・H・Kにようこそ!」いよいよ、最終回です。 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2006-12-19 12:13
  • 12月に終了したアニメ(1)

    Excerpt: 恒例の終番評価です。12月は比較的少なめ・・・でしょうか? 「N・H・Kにようこそ!」 最終話感想 もっとダークな結末を予想する向きも多かったけど意外と綺麗に纏まっていました。自分としては佐藤君や岬ち.. Weblog: Pinkの悪魔 racked: 2006-12-19 16:38
  • 【終】NHKにようこそ!

    Excerpt: 【終】NHKにようこそ!前半は、物凄いドラマチック。正気に戻れ!佐藤!バカ!なんでそうなるんだ!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!.. Weblog: PEN:PENの雲外蒼天 racked: 2006-12-19 17:05
  • N・H・Kにようこそ! 第24(最終)話・「N・H・Kにようこそ!」を見て寸評&総括

    Excerpt:  いや~良かった良かった!基本的にはあんまり状況が改善してないような気もするけど、それでも佐藤が引きこもりから脱出し、岬ちゃんも色々な意味で助かって…一応は大団円ということになるんだろうか。  山崎.. Weblog: サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 racked: 2006-12-19 17:49
  • N・H・Kにようこそ! 第24話 N・H・Kにようこそ!

    Excerpt: 佐藤 達弘 俺に、岬ちゃんを止める資格があるのか? 佐藤 達弘 だけど、そう、いつまで.. Weblog: 礎 -ishizue- racked: 2006-12-19 22:23
  • N・H・Kにようこそ! 第24話 (終)

    Excerpt:    第3巻" style="border: none;" />      最終回「N・H・Kにようこそ!」    感動・・・?のフィナ~レェ~~~!!おおう!OPなしか! .. Weblog: ミルクレモンティー racked: 2006-12-19 22:35
  • N・H・Kにようこそ! 「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: 中原岬を追いかける佐藤。すっかり立場が逆転しています。岬の「嘘つき!」との絶叫は、効果的です。 Weblog: ゼロから racked: 2006-12-19 23:12
  • N・H・Kへようこそ!最終回「N・H・Kへようこそ!」特別篇

    Excerpt: ネタバレあり!! 「N・H・Kへようこそ!」最終回記念特設ブログ!! アニメの感想だけ閲覧したい方はお手数ですが、アニメ感想↓までお願いします 現実世界を元にしている作品には(ほぼ)元になったところ.. Weblog: ちょっと!!マニアックス racked: 2006-12-20 00:48
  • N・H・Kにようこそ!【第24話】「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: 岬の生まれ故郷のみさきに来た達弘 必死に自殺を止めようとするのだが岬の決心は固い 崖から落ちそうになったところを捕まえた達弘は悪の秘密結社N・H・Kについて話し始める 岬のためにとN・H・Kに戦いを挑.. Weblog: フカヒレ家 racked: 2006-12-20 23:24
  • N・H・Kにようこそ! 24 (最終話)

    Excerpt: = 第24話 「N・H・Kにようこそ!」 = {{{ついに終わりましたね。 記事化はしませんでしたが、良作だったので最終回はまとめも兼ねて感想行きます。 いやーそれにして.. Weblog: Geallza’s Power racked: 2006-12-21 01:00
  • N・H・Kにようこそ! 「N・H・Kにようこそ!」

    Excerpt: みさ吉を追いかける為に有り金をはたいた佐藤君 間に合うのかどうかは居ない神様のみぞ知る Weblog: 自由で気ままに ~L'ala di liberte&agravei~ racked: 2006-12-21 01:30
  • N・H・Kにようこそ! 24話「N・H・Kにようこそ!」(最終話)

    Excerpt: ダメな僕らの後ろ向き青春ストーリー、ここに完結 Weblog: こころに いつも しばいぬ racked: 2006-12-21 01:58
  • N・H・Kにようこそ! 第23~24話(最終回)感想

    Excerpt:  原作未読で視聴して来ましたけど、ウン、面白かったです!! Weblog: 少年カルコグラフィー racked: 2006-12-22 19:43
  • N・H・Kにようこそ! (#24) FINAL

    Excerpt: 「N・H・Kにようこそ!」  過去の感想は書けませんでしたが、全話見てますよ~!  要約すれば、 ・病院から姿を消した岬ちゃん、名探偵SA10が病室にあった時刻表を頼りに彼女の名前の.. Weblog: Hes:TEAR racked: 2006-12-25 20:29
  • N・H・Kにようこそ!第24話

    Excerpt: N・H・Kにようこそ!最終話。中盤若干見る意欲が低下しましたが、終わってみればなかなかの良作だったこのアニメ。原作に準じた終わり方でしたが、後半どうも盛り上がりに欠けたような気もしたなあ。このア.. Weblog: アニメ探索小隊 racked: 2006-12-25 23:35