牙 第39話

ネオトピア編終焉。
消えていったあまりに多くの命、その上に立つ僅かな人々。
いよいよ最終章の幕開けが見えてきました。

このセンスは見ていて爽快でした。
躊躇ない、ある意味大掃除といってもいいくらい締めくくり(^_^;)
今回消えていった人々はもう完璧にできあがったキャラたちばかりで、
すっかり個々に歩いていたのにそれなのにもう実にストーリーに、
あの世界の運命に組み込まれていたかのように消えていきました。

さらにゼッド君のアミル・ガウルは39話目にして開眼。
ようやく開きましたあの眼が!!最終形態っぽい。
それでもめちゃくちゃ強くなったわけじゃなくて、
ぎりぎりヒューを倒せた辺りが、ジャンプ的ではないところかなw
この方が断然おもしろいと思った。


自害の道を選んだハイラム様。
ノアと二人で新たな絶対規律を作ろうとしていたダイアナさんは
事実上ノアさんにフラれてしまい、自らのスピリットのせいで地下へ落下。
サギリちゃんが生きていたのできっと、、と思っていたら
どうやら彼女もここでさようなら。
ノアさんはさすがに、とは思うから心配はしていないけれど
以前のノアさんが帰ってくるとは考えにくいかな。

最も大きかったのはジーモッド王 ヒューさんの退場でした。
新生アミル・ガウルと怒りが最大限に達したゼッド君の前に
死闘の結果とうとう敗れてしまったヒューさん。
序盤でまさか?!と思っていたら影武者でしたが、二回目は本物。。
と、思ってよいんだよな。。
ラストに映っていた彼の姿はあまりに違いすぎていたけれど
口にかけられていたバンダナ?はエルメイダさんのもの。
ということはエルメイダさんもここで撤退か、
或いはジーモッド最後の砦となっているか。
彼女の性格的にリーダーは嫌いそうなので(^_^;)
単独出演かなぁ。素顔一目見てみたいな。。

その混乱に乗じて攻めてきたのが、あのゼッド君のお母さんサラさん。
どんどんキースピリットを奪って集めておりました。
母との戦いが近々に起こりそうだし、
シーカーズ本隊との戦い、そしてタスクとの戦いが始まりそう。


ここまで一気に突き進められるとやはりおもしろいです。
4クールである必要性も充分に感じられるし
膨大なキャラ数をちゃんと使い分けられている。
アミル・ガウルがプロニモを倒した瞬間に流れた音楽は
過去1度だけ聞いていたはず(どこか探せず、、)音楽で
唯一w この作品で好きな曲調のものでした。盛り上がりを感じます。

サントラで興味あるのはこの音楽と、あとは奈々さんの曲だけなので(^_^;)
購入まではいかないかな。。ジャケットでロイアが前面ってのはは良いw
あ、今回でおしまい?かもなEDも好き。
でもラストは高田梢枝さんと!。かなりこちらはこちらで楽しみです。

次回エルメイダさんがいらっしゃいましたが、素顔は・・・。
気になりつつ年越しか。。期待してしまう(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 牙 39話「開眼」

    Excerpt: 突然思い立ったようにしか書いてない「牙」です・笑。 今回はとにかくスゴッ!! Weblog: RAINEY TOON -The mature suite- racked: 2006-12-26 01:32