デジモンセイバーズ 第37話

心から信頼できる仲間がいてこそ、戦うことが出来る。

魔王の力を存分に発揮してきた倉田ヴェルフェモン。
対してDATSのメンバーは
ガオモンが加勢があってもまるで歯が立たなかった。
手だてなしの状況でヤタガラモンとイクト君は
最後の力を解放するに至りました。

仲間のいないヴェルフェモンに、仲間のいる自分たちが負けるわけがない。

イクト君の怒りとも哀しみとも呼べる嘆きは
最後の究極体進化への光となり、見事ファルコモンはレイヴモンへと進化!!
進化シーンが最後のデジモンだからかw やたらかっこよく見えたよw
それでも本能のままに動き出したヴェルフェモンの前には
今一歩力は及びませんでした。。せっかく進化できたのに・・・。

この状況を打破するにはやはり、本作主人公の力が必要不可欠!
マサル君は次々と倒れてゆく仲間を見ていて、
何よりも自分たちが今あの場で戦えないことが悔しくて
助けられない自分たちが悔しくて。。

彼の気持ちはとても純粋に仲間を想う気持ちだけになったその瞬間、
デジタマが割れて中からデジモンが!
記憶ももちろん、すべてが前のアグモンとしての復活でした。
大丈夫!小百合さんたっくさん卵焼き作っていたから!!


トーマ様の復活のときとか、マサル君が彼をぶん殴ったときとか
ちょこちょこっとヨシノちゃんがツッコミっっぽい台詞入れていたのが、
今回そこしかほぼ出番がなかったのもあるんだけどw かわいかったです。
バカな男二人をこれまでいつもまとめてきてくれた。
(だいたい放置してたけどw)そんな彼女がやはりかわいいです。
三人の中では立派な一番上の長女だもんね。


次回は以前見せたバーストモードとは異なるアグモンが登場。
いよいよバイオデジモン編も終わりを迎えそう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック