コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

銃口が向けられたその先には。


OPが今回より変わったけど悪夢再来(^_^;)
もうMBSが絡んでくるアニメ?で
唯一やめて欲しいと思っているのは
OP・ED曲に作品世界をあまり意識してくれてないところ。
この点ってもうずっと昔からだから、今更、、
という諦めてるところも大きいし商売だからというのもわかるのだけれど、
作品が良いものであればあるほど残念です。
アニメにおける主題歌の重要性だけは忘れないで欲しい・・・。


ルル君は自分が求める理想の世界のため、そこへと続いているであろう道が
たとえ修羅の道であるとしても歩み続けると、
あの時決心し、それは揺らぐことはないと確信していた。

しかし人一人の死は、その人の命・人生が失われるのはもちろん
その人に関わりある友人、知人、家族にまで多大な影響を与える。
取り返しの付かない傷を負わせることになる。
その傷を負った人々全員を、彼は知ることはなくて
つまりは自分の行動によって巻き込まれた人が一体誰で、どれくらいで
その人たちがどれほどの哀しみで泣いているかさえもわからないということ。

わからなければ理解も、意識も薄らぐも、
すべてが事実であろうとも必然であり、
彼は何一つわかってはいませんでした。



再びコーネリアと対峙することとなり、
あと一歩というところで引き金が引けなかったゼロ。
それはすぐ後ろに見えたのがあのシャーリーだったためでした。

彼はここでも躊躇してしまった。
もちろんここで引いていたら怒り心頭でしたが(^_^;)
彼の理想に到達するには、コーネリアは倒すべき敵であり
倒せるときに倒さなければならなかったこと、
彼はここでも"理解"はできていたと思う。
それでもその理解を超える"人としての感情"が彼を躊躇させてしまった。

そもそも彼は前線に立つべきではないのに、
血縁が絡むとその限りではないってところ、まだ危ういです。
"彼が"倒すことにさほど意味はないと思うんだけどな。
でもコーネリア+スザク、が固まってきたら
こちらもやはりカレンちゃんのバックアップメンバーは欲しいところ。
ルル君はあくまで指揮官でなければ破綻するよ。


彼自身、躊躇した自分を認めることができたとしたら
さらなる転換・新しい道を見いだす可能性がある。
けれど彼は「もう絶対に引き返せない」「立ち止まってはいけない」
と思いこんでしまっていました。
そこにはC.C.の言葉もあってのことだったけど
その信念を貫いて良いかどうか迷ったときは、
それこそ躊躇なく、結果を後悔しながらでも立ち止まらなければいけない。
この先、さらなる信じられないほどの後悔が待っているかもだし
勢いと信念は比べるものでもないから。

ルル君とスザク君とのこの葛藤により、
まだ当面対立は続いていきそうでした。
形、対象が変わりつつも彼らの対立は最後まで運んでくるのだろうか。
彼らが理解し合おうという日は決して訪れることはないのかな。
前回からちらちら出てる新キャラさんはどっちの陣営かなー
日本解放戦線が思っていたより使えないんで、別勢力だったりすと楽しそう。


そしてシャーリー。
彼女の立ち位置が前回から完全にわからなくなってしまったため
まだまだ不安いっぱいです。。ラストで彼女はやはり見てしまった??

父を殺したのがゼロであれば、その引き金は引けるかも知れない。
けれど父を殺したのがルルーシュであれば、その引き金は引けるのか。
愛情の大きさがどちらに大きいか。シャーリーにしかわかりません。
彼女はどうするべきなのかが見えませんでした。
どう選んでも哀しい結末しか見えてこなくて。。


次回「ギアス対ギアス」
シナリオだけでいえば、ただ叩き込んでいるだけじゃないとすれば
回を増す毎に昇り詰めている感じがしておもしろいです。
綻びが出るかどうかは、決して「絶対」ではないと思うよ、ルル君。

シャーリーにだけは参戦してほしくなかったけど
もうそんなこと言ってる状況じゃなさそうだしなあ。
まだしばらくは次回が期待、というよりは不安です。
次回もシャーリーが不安です。やっぱ笑顔はもう・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケッツアール
2007年01月15日 00:21
いい加減、白カブト打倒の作戦考えるべきかと(笑)
これで3度目じゃないか。
必ず、妨害を受けて悲鳴を上げるルルある意味最高なんだけどね。
メガネの子を利用してスザクをどうにかしましょうよ。

次回、ギアス対ギアスというのが気になります。C2を追っている変な野郎とシャーリーが何かしらの接点が起きてしまうような予感。

C2も帝国とかに憎しみを感じていて、その道具としてルルを利用しているという感じだとは分かるが、シャーリーもまた憎しみでギアスを持つようになったらどうなるのだろうかと。

ここ数話は話の穴みたいなものが幾つかあって、なんかスムーズに進んでいないような印象がありました。
日本解放戦線とも戦うはめになるのか。。全世界を敵に回すルルの目標点はどこ。
2007年01月15日 22:43
こちらもこんばんわ。
ルル君はどうもスザク君よりはまず姉、ですね。あんなにも強力な紅蓮があるのに勿体ない・・・。

シャーリーは父のためどこまで来るか、ですね・・・。怖くて仕方がないです。

今のまま行けば確実にルル君は自己崩壊に向かってしまうから、何かまだ彼には加わるんじゃないかと。彼を支える人とか。C.C.はそこには収まらないと思うので他にどなたか。。

この記事へのトラックバック