ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス ようやくクリア。

またしても今更な遅さだけど(汗)素直に大変でした。

初めてWiiという不慣れなw ゲーム機で
このゼルダを終えられたことは嬉しく、楽しめました。
数々の謎解きもわかる瞬間まで何周も同じダンジョンぐるぐる回ったり
今回は珍しく攻略サイトに一切頼ることなくクリアできたのも
どれもが楽しくて、リンクとの冒険には理由なく没頭できた。
いつも美人なゼルダ姫に加え、最後にはミドナも真の姿でご登場。
かなりミドナの協力は強力でした。で、やはり美人だったよ(^_^;)


まずはWiiリモコンでの操作が既に困難を1つ増やしていました。
あくまで自分は、なんだけどとにかく弓やチェーンなど
照準がうまく定まらずw 最初はぷるぷる震えてターゲットも小さくて
なかなか捕まえられず苦労していました。

謎解きはこれまでゼルダを何本かやっている人であれば、
それほど、もしくはちょっと簡単だった方かも?なレベルだったかな。
 前回の風のタクトは自力クリアを諦めてしまったんだよな。。
 あれ絶対あのままやってたら終われない自信があったw
 特に舟乗ってからの捜し物が見つからない見つからない。。

それとミドナの力がより親切にしてくれていました。
彼女のヒントに何度も助けられたし、力にもなってくれていた。
特にボス戦は彼女がいなければウィークポイントに気づけず
何度もトライするハメになってだろうな。
おかげでほとんどのボス戦では負けることなく、
ラスボスも1回でなんとか倒せました。
もちろん妖精さんにはお世話になりっぱなしで(^_^;)

めんどくさいお使い系のポイントもそれほど苦なくできたのは
広大できれいなマップのおかげでもあったと思いますし、
あとエポナのことも忘れちゃいけない(^.^)
彼女にも大変助けられました。
でもエポナに乗りながらの戦闘はどれも難易度高かった気がします。

馴染みあるアイテムももちろんあったし、ユニークなものも多く
それらを余すことなく用いなければクリアできない各ダンジョンは
満遍なく、360度注意を注がなければならないし、
時には気づけるか気づけないか、の少しいじわるなトリックもあって
でもそこをクリアできるとかなり嬉しい。
そんなゲーム本来の、昔ながらの楽しさがぎっしりでした。
あまりにぎっしりで正直疲れたw

特にハマったのは、でかい扇風機?みたいな部屋で
ボスの鍵まで取ったのに、どうすればいけるかもわかったのに
仕掛けも見えてるのに、起動までなかなかたどり着けなかったのと、
最後の城で、一見仕掛けすら見つけられなかった部屋で
普通に何していいかすら、わからなかったところかな。
特にかくいろいろやらないと進めません。。
(これじゃどこかわからないか、、)



光と影。二つは常に表裏一体でありどちらが欠けても成り立たない世界。

エンディングでのミドナの涙には切なさがありました。
彼女はこの光と影の存在があることを踏まえた上で
存在は認めても、やはり繋がっていてはいけないものと判断したのかな。
また同じようなことが起きてしまわないように・・・。



ゴーストの魂集めるだけ集めたけどそういえば返してなかったり
虫もがんばれば集められそうだったし、
そもそも奥義1つ足りないし、とかとかでw
もうちょっとだけやり続けたいと思います。
でもメインはブルードラゴンに移ろうかと。
こっちはクリアできるだろうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ゴーストの魂入手マップ

    Excerpt: ゴーストは基本的に夜だけに出没するものですが、各ダンジョン内などでは時間に関係なく現れます。初めての戦闘はジョバンニの家で。以降ジョバンニからゴーストの魂を持ってくるように頼まれます。その数20個。2.. Weblog: 任天堂@任天堂Wiiで遊ぶ racked: 2007-01-31 23:49