地獄少女 二籠 第14話

怨まれる男はただ一人。
地獄に行くのはそいつだけで良かったはずなのに・・・。
またしても最悪でした。

今回の変化はきくりだけ?と思い見ていたら
Bパートになってようやく見え始めて、
最後にはきちんと持ってきてくれて、そして有り得ない終わり。
もう後味悪いなんてもんじゃなかった。。


表向きは慰め元気付け、
裏では執拗なまでな嫌がらせをしていた今回のターゲット、柿沼敏也。
なぜ怨んでいたのか理由を訊けば、
訊かなきゃよかったってくらいどうでもいい逆怨み。堕ちて当然の男でした。
それ故怨みを買うことも多いというのもよくわかり、
彼には同時に二人の依頼者が現れていました。

ターゲット一人に対して、依頼者が二人。これも今までにないパターンで、
最初は拓真君がわら人形をもらったものの、
返したことによる変化とも思いましたが
彼が返したところで、ターゲットにはもう一人の依頼者がいて
彼女が糸を解いたため、結局はターゲットは地獄送りにはなっていた。
けれど最もひどい結末は最後、拓真君に降ってきていた。
母も父も無惨に殺された挙げ句、彼は犯人扱いで捕らわれ護送。。

彼は何もしていない。
なのに彼はそのまま連れて行ってしまわれた。
あの時点での彼の精神状態は
とっくに普通ではなくなってて、その方が意味自然だったかもしれない。
彼にはもう何をする気力も生まれるはずがないと。

そしてパトカーに乗せられた彼を見て、きくりは静かに笑っていた・・・。


なぜここまで残虐な話が描けるのかが疑問になるほどで、。
だいたい母親があれで死んだ時点でもうかなり最悪と呼べたのに
最後お父さんも殺されて拓真君だけ生き残って、捕まるってどういうこと。。

たとえきくりがあの時拓真君を止めずにいたとしても
結果は同じになっただろうか。わら人形をきちんと受け取っていたら?
今となってはもうわからないけれど、
彼女は「より最悪」な道をわざと選ばせたとしか思えない。
彼に渡ったままであれば、お父さんが柿沼の家に行ったのを見た時点で
糸を解いていたりしていたんじゃないだろうか?
解けばもちろん死後の地獄が約束されてしまう。
でも解かずに捕まってしまった彼がこの先普通の生活に戻るには
恐らく多くの時間が費やされることは目に見えていました。
費やしてしまった時間は決して戻りはしない。
それは死後の地獄よりはやはりましなことなのか。
そもそもまともな生活に戻れるかすらわからないし。。

彼の人生はこれからどうなっていってしまうのか。
きっとあの後また釈放はされるとは思うんだけど、
あぁ、でももう彼には抵抗する理由もない気がするので、
認めてしまうかもしれないな。。本当、なぜこんなことに・・・。
彼は、何もしていない。


とにかく「一体何を信じれば」というお話でした。
ここまでひどくする必要とかぜんぜんないのに。やり過ぎな感じもする。。

きくりにだけ強い残虐さを感じただけであって
もう「子供だから」なんて甘い理由で片付けられやしない。
楽しんでいたことに対して許せないです。
それともあいちゃんの言っていた通り、本当はきちんと考えがあったのか。。


呆然としてたらEDが流れ初めて、
拓真君役が藤村さんだったことに普通に気づけてなくて、驚いてました。
少年役、ぜんぜん、むしろかなり良かったです。ますます今後が期待です。
この点だけは今回見てよかったって思いましたが
本編は結果的には全てを背けたくなるような内容でした。


次回は名塚さん?かな。
救いは多少あるか。。なさそうな予告だったな。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 地獄少女 二籠 第14話「静かな湖畔」

    Excerpt: 今週もかなりキツいお話でした。 しかし、たった一人の悪行がこれまでバレることなくずっと続いていたことに違和感を覚えたなぁ。 拓真の「僕は何も悪いことしてないのに」という言葉を聞いて、つ.. Weblog: おもちやさん racked: 2007-01-13 23:07
  • 地獄少女 二籠 第14話 「静かな湖畔」

    Excerpt: 二期に入ってから随分と温くなったと思ったもんだが。今回は一期レベルにタチ悪い話だったな…。 Weblog: ブログ 壁 racked: 2007-01-13 23:40
  • 地獄少女 二籠 第十四話「静かな湖畔」

    Excerpt: 久しぶりに1期を思い出す展開・流れでしたね。 表向き親切そうな男が、裏では嫌がらせを。 しかし、ちょっとした事でばれてしまい暴走。 最後には地獄流しの刑になると。 糸の引くパターンはちょっとち.. Weblog: よう来なさった! racked: 2007-01-14 00:05
  • 地獄少女 二籠 第14話 「静かな湖畔」

    Excerpt: 画面左上に津波注意報のマークが(^^; まあ、地上波の日本地図ほど大きくなくて良かったけど。 [[attached(2)]] かつてのトレンディ新興住宅地・ラブリーヒルズは今や不景気と価.. Weblog: リリカルマジカル racked: 2007-01-14 00:07
  • 「地獄少女 二籠」#14 静かな湖畔

    Excerpt: 鬼畜王きくりですか??(ランス違! あの無邪気過ぎる次回予告を間逆にしたらこんなにヒドいことになりましたと。 というわけで感想です。 地獄少女 二籠 箱ノ一金巻兼一、岡真里子 他 (2.. Weblog: ラピスラズリに願いを racked: 2007-01-14 03:40
  • 地獄少女 ニ籠 第14話 「静かな湖畔」

    Excerpt: 尊属殺の罪人に仕立て上げられてしまった拓真くん。 少年刑務所行きですかぁ。 尊属殺とは殺人を行った者から見て、両親や祖父母などの製造元にあたる 親族、つまり尊属を殺害することです。 かつては刑法200.. Weblog: 神奈川辺境交通 racked: 2007-01-14 13:26
  • 地獄少女 可哀想(つД≦。)°

    Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄.. Weblog: zenの日記 racked: 2007-01-14 14:50
  • 地獄少女 二籠 第14話

    Excerpt: 『静かな湖畔』 私は閻魔あい・・・ きくりもいるよっ! きくり(ウインナー)。あの子のあとについてきなさい・・・   静かな湖畔の森の陰から♯   もう起きちゃいかがと閑古鳥が啼く♯ 「.. Weblog: ACGギリギリ雑記 racked: 2007-01-14 15:04
  • 地獄少女 二籠 第十四話 「静かな湖畔」 感想

    Excerpt: 静かな湖畔の森の影から、地獄少女が見ているよ~♪ …歌わなけきゃ、やってられない。 そんな内容でした。 話の中で歌われていたのは 「大きな栗の木の下で」 でしたが。 Weblog: 日々の徒然言 racked: 2007-01-14 15:36
  • アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第十\四話「静かな湖畔」一目連ピザ絵付き

    Excerpt: 4日に好きな漫画の13巻が出て6日に憂鬱アニメを見て8日にジャンプ合併号を読んだの。 アニメ地獄少女13話Vのザンゲキの感想書いてなかったorz 今、公式サイト行ったら第十\五話「この国のため.. Weblog: kasumidokiの日記 racked: 2007-01-14 15:45
  • 地獄少女 二籠 14話感想 『静かな湖畔』

    Excerpt: 名前は?            紅林拓真    &.. Weblog: とことん青春!~二籠に魅せられて・・・☆ racked: 2007-01-14 17:36
  • 全然違うストーリを考えていました

    Excerpt: 第拾四話「静かな湖畔」     う~ん キクリの存在の意味がわかんねぇ~ 静かな湖畔から郭公を想像しそこから托卵を思い浮かべた自分はなんなのでしょうねw  相手に原因が有っても己の判断で地獄に.. Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ racked: 2007-01-14 21:52
  • 地獄少女 二籠14話「静かな湖畔」

    Excerpt: 今日はラブリーアイドルきくりのファーストライブ。 「皆、きくりの為に集まってくれてありがとー!」 Weblog: ライトニングソルジャー racked: 2007-01-14 22:26
  • 地獄少女 二籠 第十四話 「静かな湖畔」

    Excerpt:  名作ドラマを次々に生み出した名物プロデューサー。  彼がアメリカから帰ってきて構えた新居には、  ゴミの日を間違えて以来、熾烈な嫌がらせが続いていた。  かつてコンビを組んで名作ドラマを生.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2007-01-15 00:24
  • 地獄少女二籠第14話静かな湖畔

    Excerpt: 「揺らり揺らりと業の影。哀れな運命迷い道。憎み憎まれひび割れた、合わせ鏡の二籠…時の交わる闇より来たりてあなたの恨み晴らします」(怖い口調で「地獄少女二籠第14話静かな湖畔…」「幸せだった紅林一家にあ.. Weblog: 翔太FACTORY+Zwei racked: 2007-01-15 18:20
  • Q:今回は誰が一番悪かったの? A:到着が遅れた警察達。

    Excerpt: . 久しぶりの地獄少女感想です。今回は上記の通り、第14話「静かな湖畔」。ちなみ Weblog: Le mouvement premier racked: 2007-01-15 18:59
  • 地獄少女 二籠 第14話「静かな湖畔」 (アニメ感想)

    Excerpt: ■平成生まれのみなさんは『トレンディドラマ』というものをご存じでしょうか。「男女7人夏物語」「君の瞳をタイホする!」「東京ラブストーリー」などなど、80年代半ばから90年代初頭に制作された都会に住む男.. Weblog: アニメのせまくてあさい森 racked: 2007-01-15 21:07
  • 地獄少女二篭 第14話「静かな湖畔」

    Excerpt: 運命の神は気まぐれ。 ただ人の営みを見るだけ… 干渉するのも、ただの気まぐれ――。 そこには、なんの正悪もない。 トリッキーの役割をもつ少女きくり。 彼女に関わった少年は、気まぐれ.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2007-01-16 21:31
  • 地獄少女・二籠 第14話「静かな湖畔」

    Excerpt: 脚本:金巻兼一 絵コンテ:渡辺正樹 演出:吉田俊司 作画監督:萩原弘光 総作画監督:岡真里子 金巻さんらしい脚本だ、ネギま!?と違って良い仕事してますな。 Weblog: AGAS~アーガス~ racked: 2007-01-16 23:59
  • 地獄少女 二籠 14話

    Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、最終的にターゲットの願望を叶えてしまったという…またまた救われないず虚しさ残る終わり方です。キャンセルした依頼者を藤村歩さん、依頼者を松浦チエさん、ターゲットを古澤徹さんが演じ.. Weblog: ホビーに萌える魂 racked: 2007-01-17 21:39
  • (アニメ感想) 地獄少女 二篭 第14話 「静かな湖畔」

    Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノ一 住民からの心無い嫌がらせに悩まされる紅林一家。栄一は、隣に住むかつての仕事仲間であった柿沼に相談を持ちかけるのだが・・・。 Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-01-19 03:45
  • 地獄少女 14話「静かな湖畔」

    Excerpt: きくりサンよう、人の不幸は、蜜の味かい? Weblog: こころに いつも しばいぬ racked: 2007-01-19 15:26
  • 地獄少女・二籠 第14話「静かな湖畔」

    Excerpt: 地獄少女・二籠 第14話「静かな湖畔」の感想です。         依頼者候補 Weblog: 狸のゴミクション racked: 2007-01-23 00:52