デジモンセイバーズ 第40話

かつてない程に盛り上がってきました。
デジタルワールドの頂点にいた神、イグドラシルとその騎士団が集結。

どう見ても野沢さんのご出演が感動的で
神谷さんもかっこよかったんですが、まさかここで出ててくるとはと・・・。
明らかに声聞いただけで「強そう・・・」って感じることができる(^_^;)

あと今回のギャグのノリは作品全体の雰囲気を逸脱していました。
たまにくるような気がしますが見ていてとても楽しいので
時折であればすごいおもしろい。ヨシノちゃんがいつもながらかわいい。

みんなのゴツモンに対する反応がとにかくおもしろかったです。
やっぱいきなり信じられるわけなくて、でもとりあえず信じてみて
実は砂に埋まったのがアグモンのせいだとわかってゴツモン怒り、
それを全く筋の通らないマサル君の一言、
「それが男だ!!」で意味不明にうやむやでねじ伏せる。
ここまでの流れがとにかくどこもおもしろく笑えました。
ツッコミどころしかなかったw
「進化した方が早くない?」のヨシノちゃんにも笑ってしまったくらい。
上空じゃなくて低空跳べば・・・。

同時に今回はロイヤルナイツ全員集合の回という
とっても大事なところでもありました。。
こっちはこっちで相当燃える展開で、
「出てくるの遅いよ!もう1クールしかないよ!」と言いたい。
ジャンプ的なこの展開が素晴らしく、加えて野沢さん参戦が感動です。


ゴツモンのおかげで、素晴らしく簡単にイグドラシルがご登場。
と、その直前にロイヤルナイツ登場。
ここからの戦いも本当に息もつかせぬ展開で、
序盤のおもしろさとはまた違った感動がありました。
ここがもう最大点なのでは?と思うほど。

神にもっとも近い存在。ゴールドセイント的な立場なのだな。
クレニアムモンは言うだけのことはあり、究極体4体でも歯が立たず、
これまでか!?という瞬間、マサルの拳が炸裂!!!
クレニアムモンの槍を押し抜けて、しかも倒した!?!有り得ない!!
「兄貴すげえ」じゃあもうすまされねえよw 究極体超えてるんだもんw
そこから燃える勢いでバーストモードが発動。
マサル君が保志さんで本当によかったと思えた瞬間でした。

その直後ロイヤルナイツ集結し、戦いは一瞬にして終了。。
みんなが倒れきったとき、徐にその場に現れたのは大門スグル。
彼がデジタルワールドの神、イグドラシルでした。
彼は躊躇なくマサル君たちを切り捨て、排除を、と。。

しかし間一髪のところでさらに登場した別のデジモンにより
マサルたちは危機を脱出することができて今回はおしまい。
さらに次回、満を持して薩摩隊長再登場!!
助けてくれたのは隊長だったのですね。

ここで盛り上がらなければどこで盛り上がる、という程に
今回は全部投入してきていました。見事なまでに全部。
彼ら全員と戦うこととなるのか、或いはまた別な道を見つけるか。
残りわずかではあるけれどここからの力に期待したい。
とにかく今回は1話全部がおもしろかったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック