デジモンセイバーズ 第41話

家族。


前回から明らかにこれまでの構成・演出とは異なっています。
登場人物同士がきちんと対話し、
考えている様子がわかるこの流れはずっと求めていたもの。
かといってたぶんもう間に合わないし、足りることはないかもしれない。
それでも少しでも見られたことに、ここまで見てきて良かったと思えました。

父スグルはデジタルワールドの神となり、人間界の消去を望んでいた。
そこには自分の愛した人たちがいるにも関わらず、すべてを消し去ろうと。
彼の言葉を直接聞いてしまったマサルは大いに苦悩していました。

でも小百合さんは信じていました。
なぜなら、その理由はただ一つ「家族」だから。

彼は旅立つ直前、マサルの目を信じて
家族を任せられると確信して旅立っていました。

"彼は信じているはず。それならば自分たちも信じなくてはいけない"

小百合さんの優しい気持ちは、マサル君へときちんと伝わっています。
加えて彼には拳がある(^.^) 漢の生き様、見させてもらいます。


前回、ロイヤルナイツから救ってくれた謎のデジモンはスレイプモン。
彼は同じくロイヤルナイツであり、その姿はクダモンの究極体。
ようやく帰ってきてくれました。もちろん薩摩隊長も一緒に!

DATSが久しぶりに全員揃い、事態を整理していた矢先に
すぐさまロイヤルナイツ、デュークモンが人間界へ降臨してきてしまった。
クレニアムモンが手を焼いたのはぶっちゃけガオモンたちじゃなくて
マサル君ではありましたが(^_^;) そんなこと言ってる暇なんかなくて
とにかく圧倒的強さで攻め入ってきていた。
もちろんシャイングレイモンですら勝てはしない。
止めを刺されそうになった瞬間、彼らを救ったのはまたしてもスレイプモン。

「人間は己の過ちを正すことができる。
 我々と同じく、進化することができるのだ」

彼は命を駆けてデュークモンを押さえ込むことに成功しました。
初めからそのつもりだったんだろうな。。勝てないとはわかっていて。。
土壇場でクダモンが全部良いところ持っていってしまいました(>_<)
彼の言葉こそが、この作品を終焉へと導くものと思われます。


こうしてマサルとアグモンは二人だけで再度デジタルワールドへ。
もうどうみても急展開過ぎでした。
ここまでしっかりとしたお話があるんだったら、
もっと倉田編は短縮できたんじゃないかなあ。事情があるかわかんないけど、
たくさん時間をかけてほしいところでした。もったいない。。


次回はガオモンがいよいよバーストモードに!
ロイヤルナイツとの戦いを経て、
残り3人が進化を終えたとき、すべての戦いが始まるのだな。
ヨシノちゃんに期待です(^_^;)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック