地獄少女 二籠 第18話

 継がれた怨みと、哀しみ。

 今回も家族・家庭の物語。血の繋がりが家族、なんてことはもうとうの昔に捨て去った前提であって、自他共に家族と認められるのなら、それはもう家族でしかない。つまり、よほどの事がない限り離れられないし、逃れられない。それが家族。
 家族を重いと感じてしまったのなら、それは自分への過失も忘れてはいけなくて、家族でも人であるということを決して頭から取り去ってもいけない。初めから卑屈な人間なんていないんだということも、絶対に忘れてはならない。

 依頼者は娘、ターゲットは母親でした。母の境遇はきちんと聞けば、それはそうなっても仕方のないことだと頷けるものではありました。でもだからといってあの嫌がらせにも等しい態度は別問題で、どうしても彼女が二人を許せなかったのはなんだったのだろうと考えると、正直自分には考え浮かびませんでした。愛していたからこそ? 産ませて欲しくなかったのならそう言えばいいのに、って思ってしまうな・・・。それができなかったから彼女は苦しんでいたのだとは思うけど。

 彼女が最期まで握っていたものはなんと呼べばいいのかもわかりませんでした。あの小さなおはじきは彼女にとって"何だった"のか。
 今回は見終わって大きなため息が自然と出てしまった(^_^;) あまりに濃くて重くて、重くて。でもだからこそ今期の中で最も良かったと思います。奇しくもどのわら人形も絡んでは来なかったし、地獄流しのシーンもなし。あいちゃんの台詞も極めて少ない。という作品的にはベースから少し離れた作りになっていました。でもとても話が深かったですし、この先の未来、往々にして日常に起こりうる(実際も似たケースは既に多く起きていると思うけれど) 由々しき問題も含まれていましたので、誰にでも他人事ではないリアリティもあったと思う。

 あと今回、初めてわら人形が別の人へと譲渡されていました。同じ怨みを持っている人同士ならできるのか・・・。それとも身代わり、ができるのか。
 娘から父へとその怨みと哀しみが継がれる。。ひどく残酷な物語でした。あの後二人はどうすれば幸せになるのか、今回もわかりませんでした。。


 母にとってはあの時間こそが地獄だった。たとえ地獄でも生を捨てない。それは極めて当たり前な選択だとわかっていても、わかっていても、受ける辛さの大きさや想いは他人にはわかり得ないものだろうな。。


 予告では静さん?と勘違いでした。すみません晶子さん(>_<)
 で、次回は湯けむり・・・地獄w またまた輪入道さんのお話が見られそう。

地獄少女 二籠 二
地獄少女 二籠 二

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 地獄少女 二籠 第18話 「あのひとの記録」

    Excerpt: これぞ地獄少女! みたいな全力で憂鬱な話でした(><;) ってか、最終的に地獄流しで決着なのですが。 あいたち抜きでも、普通に救いのない鬱ドラマみたい… Weblog: SERA@らくblog racked: 2007-02-15 21:37
  • (アニメ感想) 地獄少女 二篭 第18話 「あの人の記憶」

    Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産) 結婚が決まり、里奈は大いなる幸せに浸っていた。しかし、そんな彼女の元に一本の電話が入る。それは、かつて自分の下を去っていった母が帰ってくるという知らせだ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-02-17 12:02