ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第46話

 ブラック学園長さん、ご機嫌麗しゅう。

 そういえば当番回という当番はなかったカーラとシャシャさん。土壇場でいただきました。もちろんエリザベータ様あっての彼女たち。それに対してはきちんと自覚もあってw 前回からすっかり恋する乙女となってしまったエリザベータ様をどうしても止めようとがんばっていました。でも彼女の恋のパワーは強くw カーラとシャシャはついにずっとずっと一緒だったエリザベータ様の下を離れてしまった。。
 二人とエリザベータ様の出会いはなかなか古く、ずっとお仕えしていた身でありながら友達でもありました。なれ、といわれて友達になったわけじゃない。二人はエリザベータ様が好きだから、だからいつも側にいたし、好きだから、いつも笑顔でいてほしい。そう願っていました。燃えるほどにw 泣くほどに。

 二人はすっかりエリザベータ様に嫌われてしまっていたと思っていたけれど、エリザベータ様もちゃんと子供の時の言葉を覚えていてくれていて、おはじきもずっと持っていてくれていました。
 彼女の孤独を癒し、暖めてくれていたシャシャとカーラは、あのときからずっとずっとエリザベータ様と心も一緒でした(^_^;)

 なにげにファンゴがプリンスとしての男気とw 建前と優しさを見せつけてきました。まさかとは思いましたが、あれはあれで二人はお似合いなのかも。徐々にエリザベータ様が乙女度を上げているところが、今回も良かったです(^.^)

 今回のビビンさんは学園長直々のお言葉の下、いつもなら今回であれば、真っ先にシャシャとカーラに種を植え付けるところ、我慢に我慢してw 三人が仲直りした瞬間を狙ってきました。つまり最初から植え付けるまで本当に何もせずにw 見ていただけ・・・。効率はいいかもだけど出番が・・・。
 それにしばらく前からエドちんってまともに描かれなくなってきてるw だいたいが崩れている絵ばっかでw かわいく引き延ばされたり回されたりつぶされたりと、日々幸せな毎日だなぁ、と伺えました。ブタと呼んで欲しいから毎回きちんとツッコミを入れるんだろうし(^_^;) さすがに学園長さんには恐怖しか感じていなかったみたいでしたが、時間の問題だろう。

 徐々にビビンさんも変化を見せてきてくれていたので、なんとか平穏にこの作品は終われそうです。2年見続けてきていよいよあと6話?かな。最後もきっとハッピーが待っていると確信できるし、それが楽しみです。

 次回はレインの壊れ度に期待w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2020年12月28日 17:37
ようこそ、ロイヤルワンダー学園へ!最近、エリザベータ様の出番が多いですね。何て運良い事でしょうか。オンエア時、役が丸山優子さんにみなさんびっくりしましたね。私とすれば誰ですか?と思いました。実はこのエリザベータが最も難航したキャラだという事をご存知ですか?スタジオでのアフレコ収録中声優たちが笑いをこらえるのに必死で、丸山さん本人曰く「やべぇ、笑われちゃった。おはずかしいことをしてしまったわ」と言ってたでしょう。それを全部持っていってしまうスピリチュアルな出来事でした。さて、前回のハッピーバレンタインから一転、ちょっとシリアスなお話に。少し早い春が来たエリザベータ様。学園ほのぼのニュースでふたご姫が、前回のお礼にお茶会に招待しようと必死。ファンゴの関係に進展が見られ、ご満悦の表情。そんな彼女のもとにチームセレブ解散の危機が!大変タイヘン!おっと!シャシャとカーラに元気がありません。なぜならお茶会に誘う事に乗り気ではないと弾圧され、ベータ様に協力不要と言われたからです。これは事件であります!そんな中、ボーン!台所から爆発音が!あわや火災報知器発動!料理経験は初心者。自己中心的な人になってしまったベータ様は2人を喝!なんでこうなるのよ・・・そんな彼女を見ていたのはビビンとエドちん。しかも女版半沢直樹ことブラック学園長先生・え!♪種ではなく2人がターゲット。そう。この時すでに2人は狙われていたのです。辛い試練を乗り越えてこそハッピーになりそうだ!と学園長は話しかけます。同時に自分の過去も明らかになります。入学当初ビビンが言った事は、学園一の人気者に、俺はなる!立派なGod Save the queenになる!キラキラした目つきと風貌はまるでふたご姫そっくりです。しかし学園長の返答は「仲良し必要なしです。アンハッピーですよ。no.1よりonly one.な人になりなさい」と厳しめ。この一言で悪い幸福に陥れてしまったのか。逆に冷静に考えて言えば、奇跡的なハッピーエンドへの大きな礎となったことに違いありません。ビビンの尊敬と期待を背負いつつ、園長の進言を受け入れないわけにはいきません。2人の後を追ったシフォンとファインは、おはじきを出します。これは小さかった時の思い出のアイテムです。ボール遊びをして転び、ボールがころがったところが彼女の出会いでした。一緒に遊ぼうと頼みます。しかしダメっこベータ様はボールを顔にぶつけてしまいます。ケンカしないの!縄跳びは数回しか飛べず、危険なビーナスを目を遭わせたと思い、男達は叱ろうとします。しかしベータは気にしないの表情。おはじき遊びを頼まれます。相変わらずうまくいかないベータ様。なんとかベータ様を喜ばせたい。おはじきを無理やり当ててしまう方法。これは良くありませんが、ここでベータに初めて笑顔が見られました。安心しましたね。一方のベータ様はレインがパートナーを組みます。ですがこちらも料理の腕前は0です。それにやり方もめちゃくちゃです。ベータ様は泣いてしまいます。なんてひどい事を・・・そこにでくわした2人。犯人はファンゴだった!一触即発!嫌われ者でもエリザベータ様は大好き!このおはじき1個に、彼女らの思いがGyu!っと詰まっていたのです。まるで学校の卒業文集のアルバムのようなもの。それを大切に持っていました。これまでも、これからも一緒に遊ぼう!改めて言って、2人が大好きだったのです。いや、初めからそう言ってくださいよ!とツッコみたいです。ハッピーなおはじきか悪い花が咲きますが、藪蛇の足。ふたごの前になす術ナシ。しかしふたご姫は3人を助けず。これはプリンセスらしくございません!助けたのはベータ様。信頼関係が大きくなった証拠です。そのころビビンは自分の矛盾に気づいてしまいます。これはふたごとのお別れのサインです。気づけば次回で通算100話目の放送です。いろんなことがありましたね。残りの時間を大切に、悔いなく精一杯生きていきましょう。

この記事へのトラックバック

  • ふしぎ星のふたご姫Gyu! #46

    Excerpt: シャシャとカーラとエリザベータの友情が描かれたお話でした。前回が神懸かっていたので、今回は期待してなかったのですが^^;、予想に反して面白かったです。ファンゴとエリザベータ... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-02-24 09:11
  • ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第 46 話

    Excerpt: ようやく残り 6 話ですね。 最終回を迎えた地上波に追いつくまでがまだ遠い…orz Weblog: 圭佑の気まぐれ日記 racked: 2007-04-17 22:16