コードギアス 反逆のルルーシュ 第18話

 彼に命じられた言葉とは。

 スザク君がユフィの騎士となり、皇族側も多少なりの波は立ち始めてきていました。その波は今は限りなく凪に近い。それでもこれまで僅かなる風すら吹いていなかったあの空間に、"兆し"と呼べるものには成り得そうで。でもより強大な力によって、その海毎吹き飛ばされる可能性もまだあるのも事実・・・。

 支配による平和と安定は双方にとって秩序は約束されることで、それが一方的に見えても相手がそれを受け入れられるものであれば崩れることはない。
 スザク君の選択していた道は彼の意志が本当に乗っているんだろうか?
 再構築を譲らない彼の考えは、あの場で、どう成しえることができるのか。どう見ても彼の道は"後からできている"としか思えず、かといってそうしようとしている点も見受けられない。ただ人徳は大切で、それには彼は恵まれているとわかります。でもそれだけでは正直永遠に進まないのではないかな。
 変える、という行動には今以上のパワーを出す、ってこと。無理せず変わることは、たぶんできないと思う。


 再び直接対峙することとなったゼロとスザク君。しかし会話はできても平行線のまま、事態は急を要したため、最後にゼロはギアスを使うため?にあのメットのシャッターを開けました。スザク君はほぼ間違いなく彼が誰かに気づいたことでしょう。その次の瞬間発せられるであろうギアスの力で、ルル君はなんと命じるのか。命じない、って選択はあるかなあ。そうなると後半完全に物語が変わってくるけど。何にしてもジュレミアさんは来るとしても、クロヴィスさんは予想外でした。クロヴィスさんじゃありませんでした・・・(恥) でかい空中戦艦も燃えます。相当地上に撃ち込んでたけどお二人は怪我とかしてなきゃいいけど、、

 他にも今回は黒の騎士団の組織体制の変更や、ロイドさんとニナさんの接触、ロイドさんミレイさんと婚約していることを公表、カレンさん思わず正体叫んじゃう(聞こえてなくてよかった、、)とかとか見所たくさんでした。あとOPにも新しいカットが多数で、もう文句なしにエンターテイメントしてたな。
 個人的にはやはりロイド@白鳥哲さん。この作品で最もかっこいいキャラは自分は誰よりも彼の演じるロイドさんです(^_^;) かわいいのはもちろんシャーリー!
 今更気づいたけど朝比奈さん役は私市さんだった。。何度見ても恐ろしいキャスト陣です。


 彼にはギアスは使わない。
 ルル君の意志は意外にイレギュラー対応に弱いのはほんと意外。事、身内になるとそれは誰だってそうだろうけれど、彼はあのゼロなのだから、そこはもっと冷静に考えを・・・、と思う場面が多く、そこもドキドキしなが見れるポイントかな(^.^) 結果的にうまく見えるのは、彼の的確勝迅速な判断力によるもの、とも見えなくはないけれど、あの感情・表情を見るとそれはちょっとなあ。でもそこから次にどう修正して軌道に戻すのか、ってのもおもしろいです。
 仲間にも(腹の内は誰もが不明w)一応は恵まれてきたし、彼が求めていた組織もできてきた。一番敵になっていたスザク君。果たしてルル君は彼になんと命じたんだろ。次回が待ち遠しい限り。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック