おとぎ銃士 赤ずきん 第34話

 ヘンゼルとグレーテル。

 赤ずきんたちの仲間となったグレーテルちゃん。打倒サンドリヨンを胸に、赤ずきんとも特訓を重ねていた。何よりも兄を救うために、彼女は戦う道を選んでいました。けれど一番最初、ヘンゼルとグレーテルがサンドリヨン様のところへ来たとき、兄、ヘンゼルはサンドリヨン様に「なぜ力が欲しい」と問われ、「妹をを守るため」と答えていました。彼女を守るための力で、今彼女を倒そうとしているヘンゼル。哀しみはいつから始まってしまっていたのか。

 サンドリヨンの杖を手にしたヘンゼルが赤ずきんたちの前に現れ、いつにも増して圧倒的な力を見せつけるヘンゼル。次々と倒れていく中、それでもみんなグレーテルを守ることに専念していました。けれど赤ずきんも倒れてしまったそのとき、グレーテルはミトンも、剣も置いて大好きな兄に訴えました。

「わたしは魔法なんかいらない。元の優しいお兄様がいればいいの!」

 守るため。彼女は兄を守るために立ち上がった。過去のヘンゼルもまた、妹を守るために力を手に入れた。二人の想いはどこかですれ違ったまま、今に至っていました。彼女の「守る」という言葉に一瞬の迷いが生じた彼の様子を、赤ずきんは見逃すことなくプリンセスモードへ。

「お兄ちゃんが妹を傷つけるなんて、そんなのダメだよ!!」

 ゆかりんの涙な訴えにはいつも、どんな作品でも、どんなキャラでも心に来るものがあります。それはヘンゼルも一緒だったみたいで(^_^;) 彼の頬を一粒の涙が零れ、彼は杖を投げ出し、そしてグレーテルちゃんからクッキーを半分分けてもらって・・・、な、泣けました。。あの頃のお兄様と同じように、今度は妹が兄を想ってくれている。彼女はずっとずっとお兄さんを想ってきていたんだよね(泣) 彼の瞳に光が戻り、兄妹は元の優しい、かわいい、兄妹に(涙)

 こうして束の間のグレーテルちゃんレギュラー化は幕を下ろしました(泣) でも彼女の悲願が叶ったんだから喜ぶべきところだな。本当に良かったです。もうどっちかが擲ってしまうんじゃないかと焦りました。二人一緒で本当に良かった。予告も乗っ取れて良かった(^_^;)


 次回はいよいよ封印の地へ。大詰めです。一年は早い。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おとぎ銃士赤ずきん 第34話「ヘンゼルとグレーテル」

    Excerpt: おとぎ銃士赤ずきん ドラマ& サウンドトラックアルバム VOL.1目的地が分かったのにそこに辿り着くのにどうしてこんなに時間がかかるのか。 そもそもキュピが赤ずきんたちに合流したのは凄く短かった.. Weblog: シバッチの世間話 racked: 2007-02-24 23:13