牙 第47話

すべてのキースピリットが揃った時、現れたその影は。。

 終盤だというのに見れずに今回分までまとめて見てみましたが、相変わらず3話だけだったというのに超スピード展開。それでいて無理は感じられずにただただおもしろいです。ドルガー卿は普通に新キャラだと思っておりました(汗)

 すべてのキースピリットを集めることで戦いを終わらせると決意したゼッド君。彼のその意志が貫かれれば、ミレッド姫を救えると考え、彼にすべてを託したギトラ。ゼッド君は戦えば戦うほどその力を増し、到達点も見えての戦いだったため、迷いは限りなく少なくなってきていました。それ故の強さもあった。

 城へと潜入したゼッド君が対峙したのはドルガー卿。彼のその目、そして彼のキースピリットは「サチュラ」。彼は紛れもなくノアさんご本人でした。土壇場でこの展開はまたまた燃えます。彼も相当の苦労人だな・・・。


 ゼッド君はただ淀んだカームを出て、自由な風を求めてこの地へやってきたに過ぎない。なのに幾多の戦いに巻き込まれ、時には自ら飛び込み、たくさんの人の哀しみや死に出会ってしまった。もちろんそんなのは望んではいなかった。ただ風を求めていた彼にとって、そんな悲劇は終わらさなければならないことで、そのために力を求め使うこととしました。ただ漠然と求めていた力を目の前の敵を倒すことだけではなく、すべてを終わらせるために使うべきと考えて今立ち上がって。

 しかし6つのキースピリットはすべて一カ所へと揃い、それは一旦すべてミレッド姫に取り込まれ、次の瞬間現れた巨大なスピリット。それがタスカーなのか? というところで今回はおしまい。気を失わせてしまえば簡単にスピリットを奪える、という設定が、簡単に物語を二転三転させる要因で実におもしろいところでした。ノアさんが操られるわけでもなく、自分の意志であの場にいたことがちょっと意外だったなあ。ミレッド様に惚れられているし。罪深き紳士です(^_^;)

 次回、ミレッド様があらぬ事に・・・。彼女がラスボスとかは絶対考えたくないよ。。

牙 第2章 再会の時 4
牙 第2章 再会の時 4

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 牙47話

    Excerpt: 牙47話 ゼッドはあっさりやられてるけど 2対1でキースピリットも3対2だから さすがに仕方ない感じか… 捕まってるけど、すぐ助けられてるし モーリマはどこかのジョーカーとか? ドルガ.. Weblog: 流れに身をまかせて racked: 2007-02-25 23:28