キスダム -ENGAGE planet- 第1話

 新番8つ目。また近未来設定な作品。河森さんの戦闘機が見られるだけで価値を感じられます。

 未知なる生物との戦い。1話目にして「終焉」の意味は最後に明らかになりました。あれは確かに終わりでしたw けれど大事に持っていた剣の形をした「死者の書」と呼ばれるマジックアイテムで(^_^;) 哀羽シュウ君はついさっき息を引き取ったと思いきや光り輝いて復活。というところでおしまいでした。
 これもまたわからないままのスタートでありながら、なんだろな全然次が見たいと思いました。この違いって簡単なもんなんだろうか。ちょっとした台詞回しだったり、アクション、画、音楽や導入部、間とメリハリ、どこがどう違うのかあんましわからないまま、考えることもなくいつも見始めているけれど、1話の印象ってやはり大事だし、苦労する部分も一際大きいんだろうな、と思いました。

 OPテーマの方が作品の音楽もご担当、というのはあまりないタイプだから今後音楽にも注目していきたいです。ジョー・リノイエさんってどこかで、と思ったら自分としては「ブルーウォーター」でした(^.^) 名曲。

 そんな自分はマクロス派?ではないけれど、戦闘機が変形した瞬間は思わず「おお!」って思いました。「またか」ではなくて。戦闘機を真正面からあれほどきれいな構図で見られるのって、やはり他に類を見ないんじゃないかなぁ。

 虫の大量発生は、しかもあの大きさの大量発生はまさに虫唾が走りw どのキャラがどれくらい主要なのかもわからないままだったので、臨場感もありました。結構明坂さんが上の方にテロップ出ていたんだけれど、hpには名前すらないとはこれいかにw

 これはストーリー重視で見て行けそうです。2クールだといいな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キスダム -ENGAGE planet- 第1話「終焉(オワリ)」

    Excerpt: 冥界の使者に擬えられた変異生物「ハーディアン」の出現… これに対し国際防衛組織“N.I.D.F.“が結成され。 異生物発生の秘密「死者の書」が見つかった時、世界終焉がはじまる!? 4月新番.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2007-04-06 18:39
  • (アニメ感想) キスダム -ENGAGE planet- 第1話 「終焉」

    Excerpt: それは前兆であった。突如現われた、未知の変異生物・・・ハーディアン。国際防衛組織 N.I.D.F.は、来るべきその日に備え、戦闘機ヴァイパーの開発に成功する。そして・・・。 Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-04-10 17:48
  • キスダム -ENGAGE planet- 第一節「終焉-オワリ-」

    Excerpt: 筋肉王子はほめ言葉なのか!?  なキスダム1話です。 絵は結構好きですね♪こういう絵、大好きです。そして、ロボット自体には詳しくないのに、何故かロボ物は大好きです☆ アニメージュかニュータ.. Weblog: ソラダマ racked: 2007-04-11 23:00