精霊の守り人 第六話 「青霧に死す」

 この先一体何度、トロガイ氏に驚かされ続けるのだろう・・・。


 開放した人々を用いて、バルサ姉さんは山狩り隊をおもしろいように揺動させておりました。さらにおもしろいのは狩人さんたちの廻らせていた考え。その考え方はいわば定石だったのかもしれない。でもアニメでそこまで見せてくれたのは、自分はこれまで少佐しかいませんでした(またw)

 少佐がいつも口癖のようの言っていた言葉。少佐はたとえ1つの推察に行き着いたとしても、決して結論を急がせることはなく、必ず「或いは我らをそう思わせるための罠か」と、断定による過ちとリスクを考慮していました。可能性とは即ち1が0に、時には1が0になることを指す。世の中有り得ないことが本当に有り得ないのなら、世界は成り立たないと言うこと。

 狩人さんたちもきちんとそれを弁えていました。決して憶測ではない。経験と実績から考え得る結論を導き出そうとしていた。それをきちんとチームで行っていたのも良かったなぁ。やはり今期この作品が一番と思っていたけれど、自分の中では別格と位置づけます(^_^;) 望むべくおもしろさです。


 今回はバルサの戦略と、狩人たちの攻略が前半にあり、後半は馬による逃走と追走がメインでした。もうその逃走シーンも尋常ではない疾走感と緊迫感が盛り込まれていて、バルサ姉さんの傷口がどんどん開いていく様、狩人のおじさんたちの鬼の形相がなど、どちらも恐怖でした。
 もう少しで捕まる!?と思った瞬間現れたのは、もはやなんと呼んでいいのかもわからない、山の主のような巨大な狼さん。狼はバルサたちの乗っていた馬もろとも体当たり。バルサ、チャグム、そのお馬さんは崖下へと落下してしまった。それによって狩人さんたちからの追跡は免れたのだけれど、その狼を遣わせていたのはあのトロガイばあさんでした。彼女の強さは世界観を打ち壊すほどであると今回ようやくわかったw ありゃどうしたって誰も勝てないなぁ。呪術だけじゃない、体術も、そして自然をも味方にできるあの能力。誰にも何も言わせないだけのこと、あった。とにかくハンパなかった、、


 武人の女房であることを悟ったタンダさんは相変わらず損な役回りでした。山狩りの人たち?にバルサのことを訪ねられたときに答えていたお話って、全く嘘偽りなくて、全部が本当のこと、彼が心底思い悩んでたことだっただけにw 重かったです。「いつも心配をかけられるだけで、、」と彼がバルサに対して思っても仕方ないよね。。待つことしかできないんだから。
 いい人で終わらないことを願います・・・。


 おっきな狼に突き飛ばされはしたけど、どうやってか、もちろん、バルサ姉さんとチャグムはご無事でした。たぶん今後不思議なことは、大方ばあさんの仕業と思って間違いないな。。ばあさん絶対人じゃないもん。。
 チャグム君の髪も、よく見たら刃物で切られたものか、獣に食いちぎられたものかわかるだろう、と思ったんだけれど、どうだろ。それはまた次かな。


 髪を切り意を決したチャグム君。行動もさることながら、見た目もより凛々しくなられました。己の運命を受け入れようと彼も必死で、さらにバルサへの感謝?の気持ちもちゃんと言葉にできるようになってくれば、彼の成長はますます今後楽しみになっていくことだろうな。
 次回はその彼のお話がメインで描かれていきそうです。再び3人家族に戻ってた(^.^) 良かったね、タンダ!
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 精霊の守り人 第六話「青霧に死す」

    Excerpt: チャグムの断髪式で始まった精霊の守り人第六話。 ただの断髪とは思えない厳かな雰囲気だけど、髪を切った後チャグムが涙していたのは 母親との思い出が詰まった、過去の自分との決別が寂しかったからなのかな.. Weblog: よう来なさった! racked: 2007-05-12 13:46
  • アニメ「精霊の守り人」第5、6話 感想。

    Excerpt: 第5話「秘策、青い手」 チャグムの中にあるものが、トロガイの卵である事を一同に教えるトロガイ。 精霊の卵、それは100年に一度現れる水の精霊の卵だと言う。 精霊の守り人として、チャグムはナユグの.. Weblog: ぎんいろ(旧夢の日々)。 racked: 2007-05-12 17:06
  • 精霊の守り人 第六話 『青霧に死す』

    Excerpt: 「これじゃあまるで武人の女房だ…」 今回のタンダは切なかった…(´;ω;`)ウッ… 岩場を駆け抜けるシーンにはヤラレマシタ。 なにあの迫力…!!!! ※ネタバレあり Weblog: ティンカーベルをください racked: 2007-05-12 19:33
  • 精霊の守り人 #06『青霧に死す』

    Excerpt: 5日のトークショーのサプライズ上映で観てきたので、今日は2回目。500インチ画面に負けてない拵えにびびったなあ(笑)。 そんな今回は、タンダの愚痴っぷりに萌えた回でFA!(笑) 先行で観た.. Weblog: シチュー鍋の中の混沌 racked: 2007-05-12 19:36
  • 精霊の守り人 第6話

    Excerpt: サブタイトル「青霧に死す」   バルサが仕掛けた戦略により、彼女を探す討伐隊が混乱に陥る。   狩人たちはバルサの行動を読もうと熟考し始めた。 Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2007-05-12 20:13
  • 精霊の守り人 6話「青霧に死す」感想

    Excerpt: 精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 久方ぶりに短槍を手に取り、回復の度合いを計るバルサ。その技の切れ、所作の巧みさは流石ではありますが、まだまだ万全には程遠いようです。 山狩りの手が迫る中、.. Weblog: 月の砂漠のあしあと racked: 2007-05-12 22:24
  • 精霊の守り人 第六話 イラスト付き感想

    Excerpt: TVアニメ「精霊の守り人」 第六話『青霧に死す』のレビューです。 イラストはチャグム短髪ver.。 短くしてから、中性的な雰囲気が〝男の子〟な感じになった。 個人的にはお団子ヘア気に入ってたのでそ.. Weblog: 春雷(しゅんらい) racked: 2007-05-13 01:45
  • 精霊の守り人 第六話「青霧に死す」

    Excerpt: (公式サイトより) 翌朝、出発を前に髪を下ろし平民の姿になるチャグム。無事逃げるためと理解しながらも、外見が皇子ではなくなってしまった事、母妃と遠く離れてしまった事を改めて実感し、悔し涙をこぼす。 .. Weblog: エンドレス・ナイトロード racked: 2007-05-13 08:01
  • 精霊の守り人 #6

    Excerpt: 追っ手を振り切る策を巡らすバルサ。そして、その策を読んで襲ってくる狩人との対決が迫力がありました。原作にはないオリジナル・エピソードでした。皇子と思われないために、髪を切... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-05-13 18:45
  • 精霊の守り人 第6話

    Excerpt: 『青霧に死す』 これなんてもののけ姫?(コラ 帰ってきた超絶クオリティに見惚れてたら、いつの間にかジブリ美術館に迷い込んじまった・・・ な・・・何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何をされ.. Weblog: ACGギリギリ雑記 racked: 2007-05-13 20:14
  • [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第6話』

    Excerpt: 『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第6話 『青霧に死す』。 .. Weblog: どっかの天魔日記 racked: 2007-05-15 11:52