sola 第7話

 空はずっと厚い雲に覆われて、ひたすらに雨が降り注いでいました。


 折り返しのお話にてさらに物語が動き出してきました。静と動が描き分けられていて静がとても日常的に、ごく自然に描かれていたからこそ、ラストの動の衝撃が強く感じられました。

 この作品、物語よりもアニメの創りがいいなと思って見始めたのだけど、ここにきて物語も良いなと思い始めてきました。もちろん演出等も保たれたまま来ていると思うので、おもしろさがより重なってきた感じです。些細なシーンがいちいち良いです(^_^;)


 蒼乃さんは依人君を絶対に手放したくはなかった。茉莉ちゃんが現れたことにより、彼女も変わってきていました。
 茉莉ちゃんにだけは彼を取られたくない。彼女の側にいてはそのこと以上に、さらによくないことが起きてしまう。そんな必死さすら感じられました。嫉妬とはまた違った感情もありながら、でも嫉妬が全くないわけでもなかった。もちろん姉、という立場はすっかりありません。彼女は彼を守りたい。どこか遠くへ行かせたくないという気持ちが前面に出ていたと思います。あの静かで淡々とした口調の中に、強いところと、譲れない思いがあったと思う。


 依人君はそんな姉を一度は理解できないでいました。突然自分の大事なものを隠されて、さらに唐突に、今自分が必死に探している茉莉ちゃんのことを「もう戻ってこない」と。。そんなことを言われて取り乱さない方が珍しい。

 でも彼も、自分自身でもわかっていた。頭の片隅にあった考えたくはない小さな可能性が、どんどん現実になってきているということ。時間が経てば経つほど、探せば探すほどに彼女は見つからず遠くにいってしまう気がして、ただ「もういない」という事実だけが裏付けられていった。だからといってそれを受け入れてしまったら、自分の心の中にいる彼女までもがどんどん薄らいでいってしまう。依人君はわかっていながらこよりちゃんにまで当たってしまっていました。

 でも彼は全然大人なので(^_^;) すぐに改めて、彼女にはアイス10日分で和解することに。ここら辺のユーモラス?なところが可愛くて、まだ消えてないところも好きなところです。
 蒼乃さんが依人君とデートをするっていうところも、服を選んで、髪型に悩んでいた蒼乃さん可愛く描かれていました。とりあえず無言でこよりちゃんを叩いたとことかも(^_^;) 個人的には髪型はどれもが似合っていたと思うな。頬赤らめてた蒼乃さんが一番可愛かったです。校門の前で会ったときもとっても。

 陽が差し込まない昼間こそが、蒼乃さんたちにとっては「絶好のお天気」。雨の日を狙っておでかけってなかなか季節によっては難しいそうだけど、梅雨の時期だけは毎日おでかけできそう。

 依人君がデート中、ふと姉とこんな時を過ごしたのがいつぶりだったかを思い出そうとして思い出せなかったところには、次のお話がありそうでした。


 日も暮れて依人君がタオルを買うために立ち寄ったコンビニで、これまたいつも通り唐突にw 茉莉ちゃんがご登場。彼女がなぜ、彼と極めて遭遇率の高そうなコンビニいたのかは定かではありません。やっぱりあのドリンクが売っていたから、って理由のかな。茉莉ちゃんはすかさず逃げ出しましたが、彼も追い掛けようとした。けれど入り口で彼の手を掴んだのはお姉さんでした。

「行かないで、、行かないで!!」

 そう訴える彼女の声と言葉も、やはり姉弟な雰囲気ではなかったなぁ。

 依人君はその言葉も、蒼乃さんの手も振り切り、茉莉ちゃんを追い掛けました。


 彼女が住んでいた場所には、繭子ちゃんも寝ていたのが気になりましたが、そこでのラストはさらに意外な結末でした。お姉さん、やってはいけないことをしてしまった。。あの後彼はどう受け入れることができるんだろうか。。


 いきなり刺されてしまって相当びっくりでした。そんな雰囲気まるで気づけてなかったし。。あそこにいた二人、そしてもしかしたら蒼乃さんにとっても、この状況は受け入れられないものとなっていたのかもしれない。明らかに正気を失っていたよなぁ。。


 そんなシリアス一直線だった本編をなかったことにするかのような次回予告。ポエムめいていていいね。美紀ちゃんを思い出しました(^.^)
sola I (通常版)
sola I (通常版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • sola #7「ハイイロノヨル」感想

    Excerpt: 茉莉がいなくなってたら なんか抜けた感あるのは気のせいか。 蒼乃七変化ww これはイイ(;゚∀゚)=3 自分的にはメガネっ娘が一番ですね(黙れ 蒼乃さんに蹴られてぇ( ´∀`.. Weblog: サブカルなんて言わせない! racked: 2007-05-22 01:29
  • sola 。。。。 第7話 ハイイロノヨル

    Excerpt: 蒼乃さん 祭^^ 茉莉が行方をくらました分、蒼乃さん の出演シーンが増えたのが 嬉しい。 糠漬けは 上手いし、糠床の管理も上手い。 今まで まったくの無表情だった 蒼乃さんが 微妙とはいえ感.. Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ racked: 2007-05-22 06:03
  • sola #7

    Excerpt: 蒼乃が依人の元へ帰ってきて、茉莉は依人の前から姿を消しました。さらに辻堂の側からも、繭子が消えてしまっていました。蒼乃は依人との2人きりの生活を楽しんでいるようです。真名... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-05-22 07:17
  • sola 第7話

    Excerpt: 依人が茉莉と再会するお話。 コンビニで偶然とは思いがけないものですが、まさかその後にあんなシーンが待っていようとは。 蒼乃の仕業かどうなのか、蒼乃の様子も心配です。 依人は茉莉を探してまわっ.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2007-05-22 14:26
  • sola 第7話「ハイイロノヨル」

    Excerpt: sola 第7話「ハイイロノヨル」 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2007-05-22 15:00
  • sola 第7話「ハイイロノヨル」

    Excerpt: 世界に色がある。夜には見ることができない、美しい世界――。 茉莉が突然いなくなって1ヶ月… 依人は、茉莉の姿を探し町をさまうよう… 蒼乃はそんな依人をデートに誘うが、立ち寄ったコンビニで茉莉.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2007-05-22 17:37
  • sola 7話「ハイイロノヨル」感想

    Excerpt: sola color.I (初回限定版) 茉莉が突然目の前から消えて、朝まで一晩中探し続けたのでしょうか・・・、依人は、疲れきり目もうつろ・・・。 蒼乃は一人、食卓で依人の帰りを待ち続けます。.. Weblog: 月の砂漠のあしあと racked: 2007-05-22 23:08
  • sola 第7話 「ハイイロノヨル」

    Excerpt: 四方茉莉が、「早く戻ってくるといいのに」といった石月こよりの一言で、茉莉への嫉妬を深める森宮蒼乃。 Weblog: ゼロから racked: 2007-05-22 23:33
  • 佐藤ひろ美 4th アルバム「Brilliant Moon」DVD付限定版【送料無料】5/25発売です! AKIBA系ネット

    Excerpt: 佐藤ひろ美 4th「Brilliant Moon」DVD付 限定版5/25定価3,990円(税込)! Brilliant Moon [DVD付初回限定盤] / 佐藤ひろ美3,5.. Weblog: AKIBA系ネット racked: 2007-05-23 19:29
  • sola 第7話「ハイイロノソラ」

    Excerpt: よろしければ押してやってください→   Weblog: 初音島情報局 racked: 2007-05-23 20:48
  • sola 第7話「ハイイロノヨル」

    Excerpt: 話はさらに急展開。 Weblog: Hiroy's Blog racked: 2007-05-24 23:17
  • sola 第 7 話

    Excerpt: そして、新たなる局面へ向かう…。 Weblog: 圭佑の気まぐれ日記 racked: 2007-07-05 21:40