天元突破グレンラガン 第11話

 いついかなる時も諦めない。それがシモン君の力。カミナに信じられた力。

 まだまだうじうじなシモン君。ニア姫は終始彼を"彼自身"に戻そうと語りかけていました。シモンはカミナではない。シモンはシモンでしかないと。
 そんな折、新たな四天王が現れて物語はまた少し、動き出しました。


 グアーブというおじいちゃんっぽい四天王が、男性たちをあっさり騙して大グレンを占拠に成功。クルーはこれまで見たことがないくらいに固い岩盤で覆われた洞窟に全員閉じこめられてしまった。。みんな脱出しようといろいろがんばるも、どうすることもできない、と諦めてしまった時、一人黙々と穴を掘り続けている男がいました。それがシモン君でした。

 彼は絶対に諦めない。

 誰もが挫けそうなとき、あの勢いだけは限界値を超えていたカミナでさえ、諦めたくなる、と思ったときがあった。そのときでも、シモン君は諦めることなくただがむしゃらに掘り続けていました。彼にしてみれば「それしかできなかったから」そんな言葉が返ってくるかもしれない。彼はひたすら続けていたに過ぎないのかもしれない。どんなに環境が変わっても、最も尊敬していた男が命を落としても。惨めだと自分でもわかっていながら、それでも立ち上がる方法がどうしても見つからないときでも、彼はひたすらに続けていた。
 それが彼の強さと呼べるまでに昇華していた力でした。

 諦めないことですべてを呼び寄せる。彼は掘り続けた結果、自分は自分として生きていかなくてはいけないのだということを、己の力で理解できることとなりました。死はどうしようとも受け入れなくてはならない。そのまま潰されるか、乗り越えることができるかは生き延びた者に委ねられる。シモン君はカミナの死を超えて今、立ち上がることが出来ました。ここまでのプロセス、決して長くはなかったと思わせるだけの説得力が今回、満ちていました。


 自分の力で、自分と向き合って、自分を取り戻したシモン君。彼の初めての名乗りは、確かにイマイチでしたがw それも含めて今後、全部が「シモンらしさ」になっていくことでしょう。イマイチながらこれまでで最高にかっこよかったです。彼はまだこれからどんどん成長していって、みんなに助けられて引っ張っていってくれる。

 その彼を見守ってくれるニア。彼女の存在は彼にとって掛け替えのないものでした。

 彼女のこれまでの人生は、とても悲惨なものだったとしかいいようがない。最も悲惨だったのは、いざ捨てられるまで自身ではそう思っていなかったこと。彼女が生まれてきた理由も、この旅でもしかしたら見つけられる、答えと呼べるものに出会えるといいな。


 暗い穴蔵からようやく脱出できたシモン君(^_^;) 晴れてリーダーとなって次回より新章となりそうでした。やはりニア姫がこの作品のメッセンジャーになってくれる。これからもとても楽しみです

 
 じーさんの秘密も実は結構重要そう?になってきましたがw 次回は海で水たまりで蟠り。
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 天元突破グレンラガン第11話シモン、手をどけて

    Excerpt: 「ゴミ扱いにされたラガン…益々グレてカミナの石造ばかり造るシモンは自分の力で立ち直れるのかな…?」「天元突破グレンラガン第11話シモン、手をどけて」「前回以上にやさシモン…さっさと立ち直ってもらわない.. Weblog: 翔太FACTORY+Zwei racked: 2007-06-10 16:38
  • 天元突破グレンラガン 第11話 『シモン、手をどけて』

    Excerpt: 「俺は俺だ!穴掘りシモンだ!!」 シモンが自分で立ち上がる回。 うぁーもう!涙でたじゃないか馬鹿…っ・゚・(つД`)・゚・ 私、GAINAXにはやられっぱなしだー。 女の子が助けを求め.. Weblog: ティンカーベルをください racked: 2007-06-10 17:13
  • 天元突破グレンラガン11話「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 『アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだった。都を目指すダイグレンに入る緊急通信。あからさまに怪しい通信内.. Weblog: Spare Time racked: 2007-06-10 18:22
  • 薄汚ェ手ェどけやがれ!シモン! グレンラガン11話

    Excerpt:  螺旋王っていったいなんですか?一体何の目的で獣人を統べて地上を支配してるのかと。そもそもお前はどれ程のものよと。四天王ですら恐れるって事はそれなりに強いんだろ?で、美女を侍らせてってコテコテの悪の大.. Weblog: 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 racked: 2007-06-10 19:30
  • 天元突破グレンラガン 第11話 「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5~   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30~   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   .. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2007-06-10 19:42
  • 天元突破 グレンラガン & ゲゲゲの鬼太郎 第11話

    Excerpt:      グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」  アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモン  は部屋に引きこもって、アニキ像を大量生産(笑)  (時代劇とかで、死んだ.. Weblog: ミルクレモンティー racked: 2007-06-10 21:45
  • 天元突破グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 最後まで諦めないのはアイツなんだ――。 諦めの悪いシモンだからカミナは信じた。 シモンは諦めずに壁を掘りぬき、迷いを突きぬける…。 やっとシモン復活です。早くもかな? 熱い展開。ニアの.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2007-06-10 21:46
  • (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第11話 「シモン、手をどけて。」

    Excerpt: 天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 見事アディーネの撃退に成功した大グレン団。しかし、シモンは未だ立ち直れないでいた。孤独の闇へと自身を閉じ込めてしまうシモンをニアは気遣う。そんな中、ダ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-06-10 22:45
  • シモン、手をどけて・・・シモンはアニキじゃない。シモンはシモンで良いと思います。

    Excerpt:  【チミルフ】戦死。【アディーネ】を退き。【グアーム】は焦っているのかもしれない。螺旋王に自ら討伐を申し出る。小型ガンメンに興味があるのが本当の所だと思う。【グアーム】は螺旋王に意見を言える程に永い付.. Weblog: 現代視覚文化研究会「げんしけん」 racked: 2007-06-11 01:48
  • 天元突破グレンラガン11話「シモン、手をどけて。」

    Excerpt: やっぱり、シモンは自分のやり方で漢になったね☆ 人は皆違うんだから、他人と同じ方法が自分に良いかはわからないもん。 朝からまた泣かされちゃいました。 でも、グレンラガンでこんなに感動したのは.. Weblog: RAINEY TOON -The mature suite- racked: 2007-06-11 06:16
  • レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第11話 「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 品質評価 19 / 萌え評価 32 / 燃え評価 56 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 20 / お色気評価 3 / 総合評価 26<br>レビュー数 80 件 <br> <br> アディーネを退けた大グレン団。だが.. Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-06-11 20:20
  • 「天元突破グレンラガン」11話 シモン、手をどけて

    Excerpt: シモンがついに立ち直った。しかもいきなりボルテージが一気に上がって復活するとは思わなかった。1話内で最底辺から一気に盛り上がってきちんと敵を倒して終了するなんてそう簡単なもんではない。普通なら無理矢理.. Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2007-06-11 22:45
  • 天元突破グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 俺は俺だッ!! Weblog: bkw floor racked: 2007-06-11 23:02
  • 天元突破グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」

    Excerpt: 「形にすれば私にも分かる・・・シモンはこの人のこと、大好きだってこと」 キノコが生えているんじゃないかと思うくらい淀んだ空気が漂う暗い部屋で カミナの彫像をウジウジとジミジミとモクモクと作って.. Weblog: よう来なさった! racked: 2007-06-15 00:11