精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」

 ナユグの世界。

 今回も本ストーリーとは直接は結びつくようなお話には見えませんでした。でも今後への繋がりありそうでした。ナユグの世界。大変気になります。今回もとてもおもしろかったです。


 サヤの結婚。サヤはトーヤのために、トーヤはサヤのために受け入れたお話でしたが、もちろん二人とも望んだ結果ではなかった。その哀しみに泣く暇なく、サヤがなぜか目覚めなくなってしまったとの報が、タンダたち、トーヤの耳に入りました。彼女は祝いの花酒を飲んだ途端、眠りについてしまった。

 タンダはトロガイ師から仕様を禁じられていた「魂呼ばい」を行うことを決意。そこから精神の世界へと物語は進んでいきました。

 と、いってもその場に幽体離脱したような感じになっただけで、サヤは同じ部屋の隅っこに座っていました。やはりトーヤと離れたくない。その気持ちが魂を簡単に抜けさせてしまった原因。帰りたくないと思っていたから、戻っても来れずにいた。とりあえずサヤちゃんはもう結婚の話がなくなった、と知って元の体へと戻れました。が、問題はタンダ。戻り方は教わっていなかった・・・。それを知っていながら術を使うとは。タンダの覚悟は本当にさりげないところで、さりげなすぎて怖いくらい強い。
 そのことをすぐに悟っていたのは、唯一その術を見ていたバルサ姉さん。

「あんた、帰れないんだね」

 バルサのこの一言に一瞬寒気が。。 まさかのタンダここで!?とか思ってしまった・・・。姉さん冷静で静かすぎです。。
 二人の声は互いに聞こえることはなかったのに、同じ時、同じ事を思い出して、同じ気持ちを語っていた。会話が普通にかみ合っていたのが「繋がり」を感じます。よくある偶然かもしれないけど、あの場ではもはや偶然とは言えない状況だろうな。通じているとしか言いようがありませんでした。

 タンダは花酒がきっかけになっていたことを思いだし、チャグム君の力を借りて無事、元の体へと戻ることに成功。ほんと少し焦った(^_^;) 彼が垣間見ていたナユグの世界は、この先も何度か見させてもらうことになるのかな。楽しみにしてよう。


 今回も大変おもしろかったです。あとはサブタイがすごくよかった。毎回タイトルつける方のセンスも、アニメに於いてかなり重要だと思う。「花酒をタンダに」って、そのまま今回の鍵になっていたんだけど、なんというか響きというか、字の並び?がきれいでした。もちろん、今回もとても楽しんで見ることできました。

 次回はお祭り。再びチャグム君のお話になりそうでした。母への反抗も一つの成長。。バルサとしてはそんな悠長なこと思うことできないだろうな。
 ようやくDVDを買うことを決心(^_^;) 今の時期どうせまたBlu-rayで後々出そうなんだけど、そんときはそんとき。それも買うか。。 来週一巻がサントラと共に発売なので楽しみです。
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なち
2007年06月17日 16:32
初めまして。

今回の話は、守り人シリーズ第3弾、夢の守り人のエピソードから作られたタンダの掘り下げ回ですね。
ただ、こちらに書かれていますが、本筋に関係ない話と言うわけでも実はないんですよ。
7話から完全なオリジナルストーリーに入っているわけですが(実はその前も殆どがオリジナル的要素が多いんですが)、7話から随所に最終的に物語をまとめる為の重要なアイテムなり台詞なりがちょろちょろ描写されていたりします。この伏線の張り方はいつも見事だなと思うほどです。

ネタバレになるといけないので、これらがどう繋がってくるのかと言うのは申しませんが、7話と11話にあった玄関に飾られた鳥の骨、9話での鳥とその習性、今回の話の花の蜜、次回の夏至祭り(特にこれは水妖に関する大きなヒントが隠されています)、これらは覚えておいて良いと思います。

雑誌のあらすじによると、いよいよ本筋が表に出てくるのが14話からのようですし、あと2回は新ヨゴ皇国の風習や、そこに住まう彼らの人情などをゆったりと楽しみたいと思います。
2007年06月18日 12:15
なちさんはじめまして。コメントありがとうございます。

 繋がりはあるのかな?とうっすら思いましたが、正直わかりませんでした(^_^;) でもポイントを教えていただき大変感謝いたしますm(__)m 伏線がどこかもわからないとなると、見ている側の問題ですね(汗)
 ますます今後が楽しみになってきました。DVDも心待ちです。というかもう次回が既に楽しみ。
 きっと今後も見当違いなことを書いていく気がしますが、ご容赦ください。。 もし気が向いたときにでもまた指摘いただけるありがいです(人任せですみません、、)

この記事へのトラックバック

  • 精霊の守り人 第11話

    Excerpt: サブタイトル「花酒をタンダに」   見合いの席で倒れたまま、意識の戻らないサヤ。   彼女から魂が抜けたことを察したタンダは、禁止された術を使って禁断の世界に足を踏み入れる... Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2007-06-17 11:51
  • 精霊の守り人 第11話

    Excerpt: 『花酒をタンダに』 ナユグって面白そう♪ タンダ同様、圧倒的な世界に魅入ってしまいました。 そのまま、バルサ姐さん、チャグム、トーヤ、サヤ、タンダ、トロガイ氏の6人で、 ナユグを旅する話も見て.. Weblog: ACGギリギリ雑記 racked: 2007-06-17 13:27
  • 精霊の守り人 #11

    Excerpt: サヤに婚礼の話が持ち上がりました。見合いの席で花酒を飲んだサヤは、魂が抜けた状態になってしまいました。サヤの魂を呼び戻すため、タンダは魂呼ばいを行うのでした。今回も原作に... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-06-17 16:24
  • 精霊の守り人 #11『花酒をタンダに』

    Excerpt: 精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 上橋菜穂子 神山健治 安藤麻吹 Amazonで詳しく見る by G-Tools 一見、脇道にそれ、水妖に関係ないようにみえる今回の話。 しかし、.. Weblog: シチュー鍋の中の混沌 racked: 2007-06-17 18:54
  • 精霊の守り人#11「花酒をタンダに」

    Excerpt: たのまれ屋の少年・トーヤが面倒を見ている少女・サヤが見合いをすることになった。だが、その見合いの最中、花酒を飲んだサヤは急に倒れ、魂が抜けた状態になってしまう。噂による魂抜けてやつ?ため息ついてるトー.. Weblog: Sweetパラダイス racked: 2007-06-17 23:47
  • WJ29号 感想

    Excerpt: アイシールド21が巻頭カラー♪ その他、D.Gray-man・BLEACH ・NARUTO・瞳のカトブレパス・エム×ゼロの感想。 ▼ アイシールド21 雪光が進を押し込んだことで残り1.. Weblog: Natu sola -ナツソラ- racked: 2007-06-19 22:24
  • 精霊の守り人11話「花酒をタンダに」

    Excerpt: ども、魂が抜けまくってるRAINEYです[:ひやひや:] カックンどころか、翌朝まで戻って来られないこと、よくあります。 本当に巧く作られてるなあ。 先週に引き続き、まったく飽きさせることな.. Weblog: RAINEY TOON -The mature suite- racked: 2007-06-22 18:49
  • 精霊の守り人 第11話「花酒をタンダに」

    Excerpt: 「今までお世話になりました…」 サヤ嫁入り!? そんなの父さん許しませんよ!! サヤまだちっちゃいのに~っ 早すぎるよ~! トーヤのバカバカ~。(>_ Weblog: 空色☆きゃんでぃ racked: 2007-06-23 04:20