鉄子の旅 第3話

 今回は新潟まで足を伸して、鉄流のデートプランを実践。

 今回はレールクイーン候補のきなこちゃんが旅に同行となり4人旅。一路新潟です。土日切符なるもので新幹線まで乗り放題とは。奥深い。。

 1駅目は土合駅。地下にあるJRってのはあまり見かけないけど、ここの駅はレベルが違いました。地上に出るまでにおよそ10分も永遠と462段もの階段を上り続ける・・・。利用客も少ないからエスカレータなんか作れないんだな。。若さ溢れるきなこちゃんは駆け足でこの階段を上りきり、残り若くはない3人はゆっくりと歩き出し、途中休憩しながらやっと到着。登山客はまずここで登山するんだ。。絶対に行きたくはないな。。なんでそんなところに駅作ってしまったんだ。。

 次の駅は湯桧曽。そこまでの途中、線路がループ上になっているため、駅に着く前に駅舎が一度見える。というすごい駅だったらしいが、すごさわからず(汗)キクチさんと同意でした。。
 その次に行った青海川駅は、日本一海に近い駅。ホームの目の前が海でした。あれは行ってみたい。


 今回も横見さんの「重要度」には少しずれていたところがあっておもろかったです。フリー切符範囲外の駅に1つ行きたいところがあったけど、フリー切符あるのにわざわざいくべきか、でもそれでもおもしろ駅特集からははずしたくない。って苦悩w 3人は迷わず行きましょうって。
 他にも自由席か指定席か、とか。どっちみちタダなら指定席でいいのに、自由席だとどんな利点があったのか気になる・・・。


 旅、最後に訪れた筒石駅では、ちょっとした出会いがありました。ただ辛く長い階段を上り下りしただけではない、日本らしい景色が見られる。それだけでも、行った甲斐があるって思えるのが、日本人と思います。

 「モハ」の「モ」がモーターのモだってわかり、今回も振り回されっぱなしでおもしろかったです。とことん「駅」なところもマニアック。次回も大いなる「移動」w 楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック