ひぐらしのなく頃に解 第2話

 再び始まった1つのストーリー。
 今度こそ、今度こそはと、一人の少女が願う新たな物語。

 あたかも前期の流れと同じ「やり直し」に見えましたが、違う点は、本ストーリーとしての主点が圭一君ではなく、完全に梨花ちゃんになっていたこと。
 梨花ちゃんが有していた絶対の能力に、若干綻びが出ていの前期ラストのお話。その雛見沢村からのリテイクでした。


 冒頭、梨花ちゃんが会話していたのはどなただったんだろ。そんな描写はこれまでは見なかった、よなぁ。圭一君が前の雛見沢村を覚えていたことは果たして単に「奇跡」で片付けていいことだったんだろうか。


 無邪気に遊ぶ部活動の中にも、欠片は散りばめられていて、今回のリテイクでは園崎姉妹が二人とも学校に通っている点がポイントなのかな。双子だからにできること。双子だからできてしまったことが、気になります。

 圭一君のやられっぷり、及び焦りっぷり、そして戦いっぷりは、久しく感じつつも、全力投球で勇ましいその姿、いつも通りだったことを思い出しました。いつも彼だけがハメられている結果を、彼はめげることなく何度となく立ち向かう姿はおもしろかったなあ。誰からも裏切られるあの部活でw 彼が得た教訓のようなものが、惨劇にも影響を及ぼしていたら、なんて考えてしまう(^_^;)

 鬼に捕まった人間は、鬼になる。

 チャイムが鳴って、見事レナちゃん、園崎姉妹が勝者となった鬼ごっこ。園崎姉妹は二人とも鬼を装っていたのだけど、それにはどうやったってもう一人鬼ができていなければ成り立たない。彼女たちは梨花ちゃんが鬼となった後に、梨花ちゃんには「沙都子に捕まった」と言って、沙都子ちゃんには「梨花ちゃんに捕まった」と嘘を吐いていた(で、あってる、はず、、)

 なので敗者は全員を捕まえられなかった沙都子ちゃん。彼女に捕まった梨花ちゃん、圭一君の三名。彼らは罰ゲームとしてら帰宅中、コスプレをさせられていました。梨花ちゃんはちょっとまずかった。ちゃんと披露させられたらかなり負けていたでしょう。相当かわいい姿になっていたっぽい(^_^;)

 その歩いていたみんなの前に、空から入江監督襲来(笑)あの登場突発過ぎておもろかったw 続いて富竹さん鷹野さんもばったり遭遇して、今回の登場人物が全員揃った感じです。悟史君は今回既にいないことになってたなあ。


 個人的には園崎姉妹が普通に仲良く学校に通っている光景が新鮮でした。髪型変えれば別に問題もなし。悟史君はいつも通り、家出ってことになってたのに、詩音さんが任された、というのは、家出する前に、頼まれたってことでいいんだよな。。

 梨花ちゃんの不安、取り乱しも印象的でした。ぱっと思いついただけの沙都子ちゃんの言葉を、彼女は圭一君の言葉として捉えてしまっていた。ちゃんと過去映像を入れてくれるので助かります。思い出すきっかけになる(^_^;)

 学校にいるだけなら、比較的惨劇は起きないので今回は安心でした。次回以降も惨劇自体はどうなっていくんだろ。解といいながら次のお話にいっているのがそもそも「?」なんだけど時間軸は梨花ちゃんを通じて繋がっている以上、やっぱ前期ラストの章が解明されていくんだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック