魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話

 全面対決となった六課とナンバーズ。結果は予言通りに・・・。


 ほぼすべてに全力を感じさせました。これがなのはの戦闘。見ればわかるという結果が作品に込められていました。真に燃える戦闘で大変見応えがあり、おもしろかったです。


 ヴィヴィオ奪還は作戦内に含まれていることはわかったのですが、もう一人奪おうとしているのが誰かわかりませんでした。てっきりストライカーズのうち誰かと思いきや、ギンガさんだったとは・・・。でも彼女の無惨な姿を見たスバルの力の解放も気になるところでした。暴走ならまだわかるのだけれど、瞳の色の変化は何を意味していたのか。それと左腕。彼女(一部?)サイボーグだったんだってこと今回で初めて知りました。結構衝撃。。

 鬼と化したスバルの強さはハンパなかったなぁ。てっきり戦闘中になのはさんたちが到着すると思いきや、ちょうど終わった頃に合流。そ、そんな遅いのかよ、、とがっくしでした(そんだけスバルが速かったのか)

 続いてフェイトちゃんの戦闘はさらっと流されて(>_<) 本部へと到着したライトニングの二人。この怒濤の緊迫した状況の中で、かなり高速でエリオ君の秘密が少し垣間見えました。彼は過去の自分と、ヴィヴィオが重なって見えて、特攻かけるも全く歯が立たず敗退。。彼の過去、今後きちんと描かれそうです。

 そこへラストに登場がキャロ。以前紹介だけあった黒竜ヴォルテイル召還! あれは竜を司った巨人といっていいのだろうか。遊戯王のをちらっと思い出しました(^_^;) あの戦力は相当いろいろ滅ぼしかねない力でした。


 やや微妙かなって思ったのは冒頭のヴィータたちの戦闘。拮抗しているよう見えたのに、終わり際アギトさんの行動がイマイチ掴めませんでした。とりあえずヴィータたちだけでも!と分離して攻撃かけていたけど、そこをゼストさんに止められて、しかもゼストさんはフルパワーを出してしまっていた。そのことすべてに彼女は悔しさを爆発させていたのかな。絶対にフルドライブはさせない、って言ってた矢先だっただけに・・・。


 ほぼ全編戦闘で終わった今回。非常に見応えがありました。はやてちゃんのラストも良かったです。
 あの時点で絶望するには全く持ってまだ早い。最大戦力はまだほぼ無傷だったから(スバルはちょっと離脱かもだけど)再起が容易に行える。

 だからまだあの時点では「最悪のシナリオ」にはなっていない。

 そのことをすぐさま把握できていたのだとしたら、はやてちゃんのリーダー気質は絶大だな。あれほど頼れるリーダーはいないだろうな。


 戦闘一本だったけれどまだ、まだなのはさんフェイトさんの活躍は見せてくれません(^_^;) 本当に最後、かな。ザフィーラ、ほんとがんばったね。

 次回。落ち込んでる暇は一秒もない。すぐさま再起動です。今度こそ全勢力で打ち込んでいってもらいたい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック