アイドルマスター XENOGLOSSIA 第18話

 世界を守るという大儀の前に、一人の少女を見捨てることが、本当に世界を守るということに繋がるのか。春香ちゃんにはどうしてもそれはできませんでした。


 攫われた亜美ちゃんはインベルを誘き出すための餌に過ぎなかった。雪歩ちゃんは極力自然な振る舞いを装い、春香ちゃんたちを見事に足として使い、千早さんの元へと、最高の成果と共に帰還してしまいました。

 仲間を見捨てることが、一体何に繋がるのか。

 それは春香ちゃんにも、サンシャインにも全く理解ができなかった。トータルリスクを考えた結果、モンデンキントとしては彼女の救出は最初から考えてはいませんでした。日本支部にしても、"上の決定"に従っての組織でしかなく、それでも、誰もそれが最善だったなんて考えてはいませんでした。でももし春香ちゃんたちが動かなかったら、彼らクルーだって黙ってはいなかったかもしれないな。上層無視して助けに出たかも。

 けれど最初に動き出したのはあの雪歩ちゃんでした。一時行方知れずになっていたのに、ふらっと基地に戻ってきて、若干のパニックを起こさせ、インベルとネーブラを出動。


 先行したインベルは亜美ちゃんの下へ、後攻のネーブラはヒエムスに行く手を阻まれました。このヒエムス。実に趣味なデザインで他のIDOLに見られる(そう見えるw)どこか土木作業ロボット的なイメージを吹き飛ばしていて、とてもかっこいいです。唯一アニメらしくかっこいいロボットだったかも。なんかスマートだったし(^_^;)
 もちろん搭乗者は真ちゃん♪ 悪役も良くお似合いです。相変わらず強いのなんのって、もう意気込みだけでは誰にも負けないと思っていたサンシャインも敵にはしておりませんでした。ネーブラもボロボロになりっぱなしだ。。


 一方のインベル側ではいよいよ決別の儀式。ささっと雪歩ちゃんが春香ちゃんの前に歩き出し、実に劇的(な演出)の中、春香ちゃんのキーを奪取。そのまま千早さんの側へと歩いて、キーは千早さんの手の中に・・・。しかも千早さんはそのキーを簡単に壊してしまった。。その瞬間、キーに映りこんでいあ春香ちゃんの顔が瞬時に歪んで。。。


 きっと春香ちゃんは何がなにやらさっぱりだったことでしょう。まさか直前まで秘密にして、いきなりあの行動。雪歩ちゃんのポーカーフェイスには多くのメンバーが騙されていたんだろうな。。

 次回はエピちゃんも登場で現存IDO大集合。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アイドルマスター XENOGLOSSIA 第18話 「夜」

    Excerpt:  前回は雪歩のスパイが発覚。そして計画は動き出しました。  トゥリアビータが本格的にモンデンキント側に攻撃を加えます。  今回は欝展開です。  殺人、捕虜、拷問、裏切り・・・・・・・  千早さ.. Weblog: 独り言の日記 racked: 2007-08-11 20:02