魔法少女リリカルなのはStrikerS 第21話

 始まってしまった決戦。もう突き進むしかない。


 アバンにて初めて?ヴィータが出てきてくれたのは、「特によく台詞のあるときは・・・」という通例に従ってのことだったのだろうか。あまりにいつでも「唐突」に訪れるのだということを、気づかされました。彼女たちは命を懸けて戦っているということを。


 冒頭ではスカリエッティさんの目的が語られました。空にいいポイントがあって、そこまでゆりかごを持ち上げると、次元空間での戦闘までもが、行えるようになってしまうと。

 なんだろう。スカリエッティさんのやりたいことは、ユーノ君の説明で簡潔に理解できた、ってのはよかったのかなw せっかくあんなに説明者揃ってるんだから、自分たちでどどーんと伝えてくれてもよかったのに(^_^;) どっちでもいっか。。アルフかわいかったから!


 隊長たちは隊長なだけに、はやてちゃん以外はそれぞれお一人ずつ戦闘。いくら隊長が段違いな強さを持ってるといっても、物量が異常だってわかっているのであれば、護衛つけてあげても良かったのでは、と思うと同時に、それじゃあ見せ場が減るんだ。ともw

 エリオ・キャロはルーテシアさんたちと。ティアはナンバーズ3名も相手にしてて、新メンバー中では一番のピンチを迎えていました。そしてスバルにはもちろんギンガ。が、今回はまだ戦わず!?(>_<) 気遣っている時点で心配です。。姉を想ってだから当たり前だけど、相手はそうは考えていないかも、って思っちゃうとスバルが心配で・・・。

 今回のゼストさんはいよいよ本命と思われるシグナム! リーンと融合したシグナムがかわいくてかわいくて(^.^) 今度こそ、ヴィータちゃんの代わりにゼストさんを倒してくれるはず。

 で、今回一番息を飲んで一瞬頭が(いつも以上に、、追いつかなかったのがそのヴィータちゃん。なのはちゃんと別れて、「まだ余裕でいける」とか、もう本当に危なっかしい台詞を言った直後、背後から何かが彼女の胸を貫通っ!!
 それはかつてなのはちゃんを危機に陥れた敵と同じでした。あのときからこの戦いは始まっていたのか・・・。なのは隊長が猛然と全力以上の力を解放しそうで、今から楽しみというかもう怖いです・・・。


 どこまで悲劇を抑えられるのか。誰かが自分を擲つのもなしです。全部救わなきゃ勝ったことにはならないから。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック