瀬戸の花嫁 第18話

 修学旅行ー

 テレ東分で録り逃した回を、予定より一週早く見られることになりました。修正される17話も見てみたい所存です。


 今回は唐突に修学旅行。メインはどこかといえば文句なしに巡ちゃんっ!! 見逃したことを後悔。そしてちゃんと見れて安堵です。


 生徒よりも何よりも、まず組長、豪三郎先生がはしゃぎすぎで、連れ添って瀬戸内組がなんか活き活きしていました。修学旅行と言えば京都。あっちこっち名所が紹介されてて、行く先々で瀬戸内組が楽しそうで何よりでした。あの集合写真良かった(^.^)

 行きの電車から辛そうだったのは海君と猿。彼らの運命(Destiny)は不知火さんが一緒なのだから、端から見るとそれほど悪いようには見えませんでしたが、彼らとしては目に見えない空気の重さが体にのしかかっていたのでしょう。猿にいたっては清水寺で死亡です。おつかれ。


 永澄君はガラにもなく?いつも一人でいる不知火さんを気に留めて、声をかけていました。でも巻ちゃんのおかげで大いなる誤解を生むだけの事態。まさか人魚変化は「がんばれば耐えられる」ものだったとは。。必死に堪えている不知火さん@英梨さんがたまりませんでした。その水に濡れた制服もベストです。

 その後珍しく燦ちゃんが巻ちゃんを厳しく叱りつけていました。そろそろ彼女の本性に気づいても言い頃合いと思いますが、なんとなく燦ちゃんはいつもわかっていたのかもなあ。


 見せ場は後半。お風呂、の後でしたが、その前に、エラ三兄弟の「鰯のわしお先輩」のエピソード、泣けました。バイクを教えてくれて、わしお先輩。結婚が決まっていたのに、峠で事故ってしまい、夏の海に消えた先輩。さぞ幸せな未来が待っていただろうに・・・。なぜ逝ってしまったのだ・・・。彼のエピソードは来るのか・・・。


 で、見せ場1は巡ちゃんと委員長のお風呂。
 性徴は日々、確認すべきこと。そのことを巡ちゃんは怠っていた!だから今回思いっきり調査をしていただきました。オヤジですw 巡ちゃんオヤジです。
 いただけたのは良かったですが、笑えたのは海君。あの服のままお風呂とは、何が気持ちいいかわからんかった。。永澄君の「もういいよ」が彼の存在全てを現す言葉でした。大変立派な活躍だった!w


 で、見せ場2は不知火さんと燦ちゃんのお風呂。妄想をかきたてられる、実に見事に練られた望むべき理想の脚本でした。少しずつ濡らしてくれる不知火さん・・・。もう言葉はいらない(^_^;)

 しかし個人的にはその現場を目撃して、暴走めいていく巡ちゃんがかわいくてしょうがなかった。
 彼女を止めようと永澄君が思わず口走った、

「俺だけを見てくれ、巡! とにかくいくな!」

 という告白も、事態をさらにまどろこっしい、というかめんどいことに。恥ずかしがる、はにかむ巡ちゃんが素晴しくかわいかった! 最後には不知火さんも誤解が解けて、ハッピーな終わり方でした。


 巡ちゃんのかわいいところ、不知火さんの色っぽい(悩ましい)シーンととても満足なお話でした。人魚化を耐える二人が実に悩ましさ爆発してて良かったです。

 次回はまたテレ東に戻って22話から。修正されるという17話もせっかくなので録画しておこう。来週なんだろうか。

瀬戸の花嫁 キャラクターソング3 GAP
瀬戸の花嫁 キャラクターソング3 GAP

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック