魔法少女リリカルなのはStrikerS 第18話

 失ったものはすべて取り返す。
 受けた痛みはすべて、返す。


 新OPと共に始まった今回。ようやく本格稼働と思いたいです。残りの時間を考えれば、彼らならやってくれると信じています。
 それにしては今回のたった1話で、詰めに詰め込んだなぁという印象も受けました(^_^;) もう少し小出しにしてきてくれても、別に悪印象はなかったと思うんだけど、そこはもう構成の判断一つ、と言い切ってしまってよいのだろうか。これからがよくても、ここまではちょっとなかったなぁ。こうなるなら尚更。


 ギンガとヴィヴィオを攫われ、本部ほぼ壊滅。各部員たちの負傷。完膚無きまでに六課はやられにやられました。

 しかし落ち込んでいる暇はない。奪われたものは必ず取り返す。
 はやての言葉の通り、なのはさんもフェイトもテキパキと事後処理と対策への構想を立てていました。

 はやてちゃんが立てた本部復旧の足がかりとなったのは、あのアースラの復活。この前ちらっと出ただけでは終わるわけなく(^_^;) 今度はこちらか打って出る。その意気込みがひしひしと伝わってくる目を、はやてちゃんはしていました。

 絶望的となったのは唯一のわんこザフィーラさん。相当がんばってたもんね。ゆっくり休んでねと伝えたいです。あとはヴァイスさん。彼も相当厳しそうでした。確かにOPでヘリ乗ってるのはもう違う女の子だった・・・

 あとスバルの体の秘密も明らかになりました。あれってディアナは知っていた、ってエピソードあったのかが、やっぱ思い出せません(^_^;) サイボーグ、って分類でよいのよね。養子だったってことも明らかになったけど、こっちは別に、と。彼女たち姉妹が持っている秘密はまだありそうでした。ギンガさん大丈夫だろうか・・・。


 他にもルーテシアちゃんの目的。ゼストさんと地上のあのじーさんとの関係や、ゼストさんのお体。そのじーさんの企み。ナンバーズたちそれぞれの考え、ヴィヴィオに迫っている危機などなど、本部強襲辺りから怒濤の情報量でした。結果的にはお話自体濃くなってきて、盛り上がりに期待が高まりました。


、中でも今回印象的だったのは、これまで誰よりも冷静で気丈に振る舞っていたなのはさん。彼女の号泣シーンは、ゆかりさんここにあり、と言わざるを得ない揺るがないシーンと思いました。

 ヴィヴィオとの約束が守れなかった。なのはにとってそのことだけで、もう耐えられませんでした。
 彼女を守ることの出来なかった哀しさ。隊長としての責務とかきっといろんな事情で、今すぐに飛び立つことの出来ない哀しさ。もちろん六課壊滅的ダメージを防げなかったという哀しさ。それらを決して表には出せない哀しさ。。
 彼女一人の肩に乗っている重みだけでも、非常に大きく重いものだったと思う。その気持ちが少しだけ溢れてしまい、フェイトちゃんの前での号泣となっていました。

 なのはちゃんの優しさ。それはそのまま強さとなっている。
 それをわかっているからこそ、必ずしや笑顔を取り戻す日が来ると信じます。


 次回、間髪入れずに六課再起。でも何かまだよくないことが待っていそう・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 魔法少女リリカルなのはStrikerS #18

    Excerpt: スバルやギンガの生い立ちが明らかになり、なのはたちの新しい拠点としてアースラを使用することが決まるお話でした。今回からOPが変更されました。何となくなのはよりもスバルの方が... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-08-10 17:13
  • 魔法少女リリカルなのはStrikerS 「翼、ふたたび」 

    Excerpt: 予\言の通りに壊滅した時空管理局。ティアナ・ランスターの「今度は絶対失敗しない。必ず守るし。奪われたものを奪い返す。助け出す。」しかし、それだけでは駄目。やられた分は、利息をつけて返さなければ。相手の.. Weblog: ゼロから racked: 2007-08-11 09:38
  • 『魔法少女リリカルなのは StrikerS』 #18

    Excerpt: 今回は、敵襲で壊滅した機動六課が再起に向けて動き始める話でしたケド・・・ Weblog: 【T】 Tsukasa♪'s Blog! racked: 2007-08-13 11:22