天元突破グレンラガン 第25話

 好きでやってる人間を止められる術はない。遺志は、必ず継がれる。


 宇宙の海「銀河螺旋海溝」へと引きずり込まれた超銀河ダイグレン。上から押し寄せてくる無数の敵たちは、キタンたちが戦ってくれました。キタンとヨーコ、なかなかいい関係になってきました。前準備でした(^_^;)


 「どうして戦えるんですか?」

 ギミーがキタンに訊いた言葉。なぜ怖くないのか、と。でもキタンは別に怖くないわけではなかった。ギミーたちを救ったジョーガンとバリンボーは、ギミーとダリーを「助けたかった」から助けた。キタンも今「戦いたい」から戦う。理由はそれだけだと。

 うまくいえないと何度も言っていたけど(^_^;) 充分でした。たとえ道が一つしか用意されていなかったとして、その道が自分が望んだ道なら、何を心配することがあるのか。築き上げてきたこれまでの仲間との力・絆は、誇れるものです。


 シモンは、これまで散ってきていた螺旋の力を持つものたち、そして散っていた多くの仲間たちの死を無駄にはしない、すべてを力に変えて戦うのだと、最深部へと向かうことを決めた。最深部にあるマシンを、ドリルで砕く!
 大グレン団は常に、いかなるピンチに陥ってきたときでも切り抜けてきた。それは彼がまず、ドリルで突き破ってくれたからに等しい。ブータの螺旋力、感動でした。


 何でもかんでも知っているロージェノムさんがいて助かってたなあ(^_^) 彼がいなかったら何も、何一つできやしなかったのも事実っぽい。
 ロージェノムの説明を受けて、マシン撃破を遂行するも、水圧(宙圧)によりミサイルは届かない。そこで出てきたのが、キタン、その人でした。

 彼は出撃直前にヨーコの口唇を奪い(^_^;) そして飛び立ち、見事目的を成し遂げて、そして逝ってしまった。

 最後の一撃は螺旋の力でした。彼を送り出したみんなは、彼がこうなってしまうこと、予想はできていた。でも彼をあそこで止められるものじゃないってことも、何より彼は遂げてくれるということもわかっていたから、だから止めることなんてきやしませんでした。彼は未来を切り開いた。

 「キタン、お前の遺志は受け取った!」

 苦しめられた海は、すべて螺旋の力へと変換され、シモン、ブータの螺旋力がそれをすべて超銀河ダイグレンへと注ぎ込み、とうとう変形。必ずくると信じていた「超弩級」の文字! 超銀河ダイグレンが今まさにここに、見事な変形を経て現れました。



 キタンお一人。とても大きな大きな大きな力を失ってしまいました。もちろん遺してくれたものも大きく、これで勝てる。というところまで引き上げてくれた。
 好きで死ぬ奴はいない。でも彼は100%自分を信じて、好きで望んでみんなを助けた。
 彼は何も悔やむことなく、本望だったと見えました。



 ヴィラルを補うのがブータ、ってのも驚き(^_^;) 彼?も一話からずっとの立派な大グレン団の一員だったし、尻尾を犠牲にしてさらに螺旋力も、と感動でした。伊達にEDでシモン君と一緒に出てるわけじゃなかったんだなあ。


 いよいよ次回でラスト、と思ったらあと2話?かな。変則的だけど相当楽しみです。あとはもう倒すだけ。でも熱く、燃えるように熱く彼はドリルを突き刺すことでしょう。

天元突破グレンラガン 4
天元突破グレンラガン 4

この記事へのコメント

ケッツアール
2007年09月20日 00:34
王道ですねw
やっぱ脇役から☆になっていくのか。。
Vガンダムを思い出します(>_<)死にすぎなんだけどさ。

ここまで来て、最後の敵はグレンラガンに乗っていたシモンじゃなくて、兄貴だったらどうするんだろっ!!
なんてことを勝手に想像してしまう。兄貴を二度倒すのか、シモンみたいな感じでしょうかね。

正直言うと、ヴィラルがずっと敵だったら私は良かったなぁーと思います。どうも好敵手がいないんですよね。。早く言えば、グレンラガンの一人勝ちって感じでつまらんのです。

最後はグレンラガンが砕けてしまうような悲しい結末を期待したいと思います。螺旋族の敵は螺旋族だったら最高かも♪
とりあえず、ガンダムOOは期待ですね。
2007年09月20日 20:39
 VガンはZと同じくらいでしたね。ゴメス艦長には泣きました・・・。
 シモン君の明確な敵がいなくなったことは確かに残念でした。個人的な見せ場を、部隊の中で作る方へ切り替えられた感じです。
 ここに来てアニキが来たら、ある意味お祭り騒ぎになりそうw

 来月からのガンダムは期待ですね。過去は忘れてw また一からがんばってほしいです。一、ガンダムファンとしては、是非応援したくなる作品になることを願ってます。

この記事へのトラックバック