魔法少女リリカルなのはStrikerS 最終話

 別れと旅立ちには花を。


 無事ゆったりとしたエピローグとなってくれました。

 新人たちに助け出された隊長たち。もう少し前から自分はフェイトちゃんしか見えていませんがw最後の最後に君がいいところをっ!!! 抱きかかえたいっ!!

 あとはこれといってみんなよかったね、です(^^) 六課は解散となり、それぞれがそれぞれの道へと進みだしていきました。

 あ、最後の桜舞い散るシーンではもっともかっこよかったのがシグナムさんだと思いました。桜と似合う。騎士であり彼女はもう侍に見えました。

 用意してくれていたアギトとの融合も見事。セイバーに近づいてくれているような錯覚さえ感じました。あの背中の翼はばぁーっと巨大化しても、最後だったんだから良かったんじゃないかと。それともまた、次へのお楽しみだろうか。

 何にせよ今回、前回と、不安なところは何もありませんでした。今回、今期はこれで100点な終わり方だったと思います。万が一フェイトの活躍があれ以上小さかったら、こうは考えられなかっただろうw


 それでも1クールまでの配分の仕方はどうしても見劣りしてしまいます。始まりとクライマックスしか描けないほど、ひ弱な作品ではないと思っていたけれど、変われば変わるというか(汗)物語を見たかったです。

 でもフェイトがいる限り(しつこいw)良かったです。今度はもう外伝とかでいいなぁ。ほとんど今回もなのはが主役!!って感じはそれほどなかったから、フェイトを是非主軸に、何か1本でもいいから見たいです。過去のでも可!(^_^)

WEB拍手を送る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック