キミキス pure rouge 第7話

 再びキスから始まる恋愛の始まりです。


 おもしろい視点で見ても楽しめる気がするこの作品。ほとんどラブコメに近いところを、自分はかなり純粋にラブストーリーとして見ていたりします。

 もう既に7話ですが、3組もカップルができているもんだから、なかなか1話の中で進展が難しそうに見えます。それでも間に映研のお話やらうどんやらw 盛り込んでいて、進まないながら中身は濃く思い楽しんで毎週見ています。

 何より一番良いのはやはりED曲と、その曲の入り方が絶妙かと。とはいっても前回の6話は「え、ここで?」って思ったw でも今回は見事びしっと、ここしかないってところで入ってくれてかなり良かったです。


 しかしながら目的は半分くらいもう二見さん。彼女が初めて登場した瞬間から今に至るまで変わらずです(^_^;) 今回はかなり出番が多くて嬉しかったな。どうすればあの実験に参加できるのか、どこで予約受付してて、審査してくれるのかを知りたい。今回は手繋いで立ってただけでした。あれは新しいです。新しいプレイスタイルと見ました。ポテチの食べ方も斬新でした。間違いなく新触感だったことでしょう。
 そこでようやくw 彼女の味覚音痴が確定。一輝君からの問いかけには、何にも興味を持たないように見えた二見さんでしたが、味覚については食いついてきた。きっと「絶対私に限ってそんなことはない」というプライドが突き動かしたのだろうな。これは次が楽しみです。

 あとさりげなくまた女子が増えました。ここで能都さんっ!! またお嬢様キャラ! でもこっちは良識あるお嬢様!(^_^) でも婚約しているってどんだけなお嬢様だよ・・・。


 今回のメインのラブストーリーは甲斐君と摩央姉ちゃん。「オレに相談してくれればいいのに」とか、やたら甲斐君がかわいかったのだけれど、バイトが終わったある日、とうとう彼女に告白、、の前にキス! そう、この作品のテーマ?は「キスから始まる恋愛」でした。

 ここにきてまたしてもそのメインなテーマが炸裂。このキスシーンにて、ED曲がびしっとかかるという、王道的にも程がある展開がこの上なく良かったです。2,3回最後だけ見直してしまったw

 飽きさせない要素がいくつもあって楽しいです。風紀員がなぜ投げ技をかましていたのかは触れられません。先生、高校生できそうに見えた、なんてことも言えません。


 予告は二見さん。理恵さんのあのトーンはすごく良いな。とても好きです。次回はちょっと怒った二見さんが見られそうで楽しみ。

WEB拍手を送る
キミキス pure rouge (1)
キミキス pure rouge (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キミキス #7

    Excerpt: 試験も終わって、いよいよ映画研究会の映画制作が本格的に動き始めました。光一が結美と一緒に考えたストーリーは、ごく普通の高校生を主人公にしたお話でした。ごく普通の男の子が女... Weblog: 日々の記録 on fc2 racked: 2007-11-19 21:27
  • キミキス pure rouge #07 「dear actress」

    Excerpt: 映画研究部のストーリーが決まった。里仲なるみの実家のうどん屋里なかで、早速作戦会議。が、ヒロイン役が居ない。誰もやりたがらない。 Weblog: ゼロから racked: 2007-11-25 14:24