ef - a tale of memories. 第11話

 少女は、少女の世界に一人。


 千尋ちゃんが書き続けてきた小説ができあがりました。彼女は小説ができたら、やろうと決めていたことがありました。


 彼女は蓮治君にお礼がしたいといって、彼はじゃあデートをしようと返しました。次の日、二人はそれはそれは恋人らしい、ごく有り触れたデートで、最後にはキスも、その先も二人でできることが、できました。映画見て大泣きしていた千尋ちゃんがかわいくて「いじわるです」がたまりません。


 すべてが終わった後、夜の学校で彼女は彼に小説を残し、自分は屋上で待っていると、席を外しました。
 彼女が選んだ結末。小説で選んだラストはそのまま、彼女自身のラストに他ならない。小説の中の少女は、世界の歪みに耐えることができず、一人ではどうしても耐えきれず、世界をいくら書き直しても、どうしてもその世界は"後から変化"してしまい、少女にはどうすることもできなかった。
 だから少女は、世界が自分の思い描く世界ができないのなら、自分の世界ができないのなら、その世界はいらないと判断してしまった。

 千尋は蓮治君が小説を読み終えて屋上に来てくれたとき、すべて明かしました。彼と出会ったことで得た嬉しさや楽しさよりも、自分自身が変化しないことに対する哀しみがあまりに大きく、その哀しみが自分だけではなく、彼にも与えているとわかっていたから、だから関係を絶つことを決めていた。

 彼女が記憶を失う前の12年。その12年で得た夢を、今叶えてしまった。だから彼女には何も残らないと。でもそれは小説を書こうと決めたときからわかっていたことで、それでも書いてみようと、決めて書き始めていたことではありました。彼女があの時点で書こうと思ったのは、最後にはこうしようと決めていたからだったんだな。。
 そのこともきっと日記には書いていて、それを毎日読み返していたんだと思うと、あまりに切なく、哀しみが込み上げてきました。


 自分に変化、成長、経験が得らず、ただ時間だけが過ぎていく。その中で得られる夢なんて何もないかもしれない。生きているといっても彼女にしてみたらそれは言い切れないのかもしれない。
 生きる、という最低限で括っても、彼女は当てはまることはないのかも知れない。息をして歩いて、話して、笑って泣いて。そんな当たり前なことは彼女はすべてできている。でもだからといって"生きている"とは思っていなかったんだろうな。生きるという事は限られた時間の中、どれほどの経験と成長ができるかにかかっていて、12年13時間という鎖から逃れられない彼女にとってはもう世界はどこにも続いていない。


 彼女はラスト、彼との思い出を書き綴った日記のページすべてを、破り捨てた。それは彼女にとって、彼女にしかできない「リセット」に他なりませんでした。彼女はもうこれで、彼女の力だけでは蓮治君のことは二度と思い出すことはなくなってしまう。

 けれど彼女の記憶は彼が持っている。

 彼の知りうる限りであって、彼女の思い、気持ちはわからないまでも、彼女と過ごした時間の記憶はすべて彼が持っている。それは彼女には消せない。消せないのであれば、彼は幸せにはなれないと思う。
 彼は絶対に忘れないから。



 映像と音楽が大変美しくて、蓮治君が小説を読んで屋上にきてからのシーンは特に引き込まれました。そして最後まで、きちんと完結してくれそうです。
 誰にとっては幸せ、じゃなくて、誰にとっても幸せな結末はきっとあると信じたいです。彼には諦めないでほしいし、それを見つけようとすることは決して無駄じゃないし、生きる上で必要なことの一つだと思うんだけどな。

 千尋ちゃんが絶望してしまった世界は、同じく世界の中にあるのは間違いない。彼女だけの世界の外に、世界があることを知っていて、その世界が届きそうで届かないだけで。。


23:06 追記

 と、唐突に思い直してみた(^_^;)
 たとえ12年13時間の世界であっても、それでも彼女は創っていくしかない。彼女自身の世界は彼女の中にではなく、彼の中に創っていける。だから彼女が一人でいることが、最もつらい未来なんじゃないかな。
 世界は"在る"のではなく"作る"もの、という言葉を思い出したので(^_^;) 書き留めたくなって書いてみました。

 彼女の選択、彼の選択。
 それでもやっぱり、彼が見つけてくれると願いたいです。

WEB拍手を送る

ef - a tale of memories. OPENING THEME〜euphoric field feat.ELISA
ef - a tale of memories. OPENING THEME〜euphoric field feat.ELISA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ef - a tale of memories. 第11話感想

    Excerpt: ef - a tale of memories. 第11話感想いきます。 Weblog: AAA~悠久の風~ racked: 2007-12-16 12:10
  • ef - a tale of memories.  第11話  「ever forever」

    Excerpt: 意外に乳がデカかった千尋。 しっかり事後シーン入れるあたり、さすがエロゲー原作ですな。 そして…、 …キスだけじゃなかったのね、蓮治。 (しかもいきなり青姦かいな。当然避妊ナシのナマ・中○しで.. Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん) racked: 2007-12-16 13:19
  • ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」

    Excerpt: 物語の結末・・。 【SEO対策 ef -a tale of memories 画像 ef アニメ 次回予告 】 Weblog: アニメすく~る racked: 2007-12-16 13:42
  • 今週の一本 その2(2007/12/9~12/15)―『ef - a tale of memories』第11話

    Excerpt: 前回は、これぞ恋愛物の王道って感じのインパクトのある感動を与えてくれましたが、今回はその逆。 じわじわと押し寄せてくるような感動、というか切なさを与えてくれるエピソードでした。 ラスト間際までは、千.. Weblog: アニミスク racked: 2007-12-16 13:49
  • ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」

    Excerpt: 1日だけ恋人同士になってデートをする蓮治と千尋。そして、火村からもらった学校の屋上の鍵を使って屋上で(ry。このアニメやりすぎだろwww Weblog: 戯言 racked: 2007-12-16 14:23
  • ef-ataleofmemories.第11話「everforever」感想

    Excerpt: 前回は紘、景、みや中心で全ての話。今回はどうなる・・・??ef-ataleofmemories.1早速感想。やっぱりというか、当然というか、今回は蓮冶と千尋の話。とうとう作っていた小説が出来上がり、そ.. Weblog: 物書きチャリダー日記 racked: 2007-12-16 14:27
  • ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」

    Excerpt: 「ef - a tale of memories.」は千尋編のクライマックスの第11話。 紘を中心にしたみやこ、景のシナリオでは中規模に広く伏線展開してきたが、今回の千尋編は深く静かに、それこそ千尋.. Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp racked: 2007-12-16 14:35
  • ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」

    Excerpt: ef - a tale of memories.   お勧め度:普通   [アダルトゲーム]   チバテレビ : 10/06 25:35~   テレビ神奈川 : 10/06 26:30~  .. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2007-12-16 14:51
  • ef - a tale of memories 第11話 『 ever forever 』  感想

    Excerpt:  ― ef - a tale of memories ―  『 ever forever 』  忘れたくない思い、ありますか ・ ・ ・ ・  麻生蓮治編:ついに千尋は小.. Weblog: 荒野の出来事 racked: 2007-12-16 15:56
  • ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」

    Excerpt: ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」 Weblog: 恋華(れんか) racked: 2007-12-16 18:17
  • ef - a tale of memories. 第11話

    Excerpt: [関連リンク]http://www.ef-memo.com/第11話 ever forever神回認定!演出が今までで一番よかったと思いますよーとりあえず行ってみましょー待ち人。駅で一人千尋を待つ蓮治.. Weblog: まぐ風呂 racked: 2007-12-16 19:26
  • ef - a tale of memories 11話 嘘だろオイ・・・死亡END確定かよ・・・

    Excerpt: ■11話 ever forever 前回は紘を中心とした物語が終わり、 今回は蓮治&千尋編のクライマックス。 小説作りを通じ、少年と、記憶障害を持つ少女のラブストーリーは どんな結末を.. Weblog: めもり~る~む racked: 2007-12-16 22:50
  • ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」

    Excerpt: ○第11話スタッフ 脚本 高山カツヒコ 絵コンテ・演出・作画監督 宮崎修治 制作協力 スタジオパストラル 宮崎さんよく頑張った!コンテ・演出・作監と、この終盤も終盤の時... Weblog: かがみのひだまり日誌 racked: 2007-12-16 23:15
  • ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」

    Excerpt: 散った想い Weblog: Hiroy's Blog racked: 2007-12-16 23:48
  • ef - a tale of memories. 第11話「 ever forever 」

    Excerpt: 女の子は世界にひとり――。 さびしさを知った女の子は、選択する…。 物語の結末、蓮冶と千尋の物語の終わり――。 千尋編もクライマックス。 夢だった物語を書き上げた千尋の�... Weblog: SeRa@らくblog racked: 2007-12-17 00:30
  • ef - a tale of memories.11話

    Excerpt: 本当にお別れ。 Weblog: Dream of hetare the world 跡地 racked: 2007-12-17 00:49
  • ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」

    Excerpt: ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」 見ました 女の子は世界に一人 だから、彼女は神様だ。 あたしは、こういう終わり方はして欲しく.. Weblog: れ~な♪の日記 racked: 2007-12-18 21:05
  • ef - a tale of memories. 第11話

    Excerpt: 今回は千尋が小説を書きあげ、蓮治が千尋とデートするお話。 ついに書き上げた小説はさておいて、まずは2人でデート。 でもその間も千尋の言動が色々と嫌な予感を誘って、まさか最後にあんな展開が待っていよ.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2007-12-19 07:39
  • ef - a tale of memories. 第11話

    Excerpt: 第11話『ever forever』 やはり今回は千尋と蓮治の話でした。 ついにあの小説が完成したようですね。 でも、読むのはもう少し先ですか・・・ そら、目の前で読まれたら恥ずかしいですもんね。.. Weblog: ニコパクブログ1号館 racked: 2007-12-20 03:08