灼眼のシャナII 第9話

 銀の炎


 過去話故に、結果は自ずとわかってはいたけれど彼は最期まで信念を貫き通すことができた。単なる自己満足としか見えなかったかもしれない。それでも彼が得た結果は、彼女を救えたということには変わりありませんでした。


 やはり飛び込んできたユーリイ君。そして見事徒を倒し、マージョリーさんと"千変"シュドナイとの死闘に、幕引きをさせるまでに至りました。

 マージョリーさんの底なしの強さは銀の徒を倒す。ただ一点で生まれいた。そのためにはいかなるものをも利用し犠牲にし続ける。その言葉に嘘偽りはありませんでした。あの決断は彼女の信念通りには違いなかった。
 でも彼女の優しさがもう充分わかっているだけに、哀しみは拭えませんでした。


 彼女の強さは、同時に彼女の弱さ。佐藤君は理解できていたようです。あの信念がなければ、彼女とユーリィ君の違いは何一つなくて、彼女はただ行動に移すか移さないかだけの違い。思っていた、感じていたことは同じで、彼を間違っていただなんて、少しも感じていなかったんじゃないかな。すべて理解できた上で、あとはそれをどう自分が裁くか。ただ、フレイムヘイズとなった彼らが選ぶ道は、決まっていた。それだけのことでした・・・。失われていく命に哀しみを感じないわけがない。それは人間でも、フレイムヘイズでも変わりはないよね。。


 過去話後、見事封絶を会得した悠二君の場面へと切り替わったのだけれど、その炎の色は「銀」。彼の活躍はもしかすると全く違った方向へ進み出してしまうのだろうか・・・。


 再び次回から楽しいお話に戻るのかと思ったら、どうやらもう一辺倒ではいかなさそーです。中身が軽いw 今までのお話でも好きなだけに見ていけると思ったけど、前期同様、逃れられない世界の均衡を争う戦いが始まりそう。

 WEB拍手を送る

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第9話 「悲しみのマイルストーン」

    Excerpt: 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 先の大戦の残り香が漂うニューヨーク、エンパイアーステートビルにマージョリーはいた。対するは“穿徹の洞”(せんてつのほら)アナベルグ。だが、彼女が纏う青く.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2007-12-01 23:53
  • 灼眼のシャナII 第9話 「哀しみのマイルストーン」

    Excerpt: 灼眼のシャナII 第9話 「哀しみのマイルストーン」 見ました 悠二の鍛錬、シャナが悠二に 封絶を教えています。 自分で自在法を操る。 悠二には出来るの? Weblog: れ~な♪の日記 racked: 2007-12-05 00:22