ARIA The ORIGINATION 第3話

また一つ、ネオ・ヴェネツィアに増えた素敵。


パティシエのアンリさんがいつも副業?で営んでいたチョコ屋さん。
ある日灯里ちゃんの言葉で、忘れていた大切な気持ちを思い出して
改めてネオ・ヴェネツィアの素敵な「当たり前」になることができました。


いつもいて当然。

それってそう感じさせないことがまず第一にあって、
おおよそ失われてから初めて気づくことがほとんど。
今回アカリちゃんは
「素敵を見つける達人」
だったから見つけられただけで(*^_^*)
普通の人は気づけないものが多いと思いました。

この世のすべては有限であるという前提を忘れさせる、
考えることすら忘れ去られるほどまでになってこそ、
ようやく日常に溶け込むと呼べて、
「いつもの」「当たり前」な存在に昇華する。

なりたいと思ってもなかなか簡単にはできることじゃないけれど、
まず一つ、想いを込めるということが何よりも大切なこと。


人が造り上げて、
長い年月受け継がれていくものに対して
その"人の想い"が込められているから。
人から人へ継がれることとはつまり、
その造られた物であり、造りし者の想いを継ぐということ。

人の造りし、形あるものはいずれ必ず壊れてしまう。
だからずっと同じ姿を保つことは間違いなくできない。
でも人の想いをきちんと受け継ぐことができたら、
今回のように、何度も修復することで、
また、新たな人々の想いを込めることになって、
維持し続けることができる。

それは大変素敵なことで、さらに一番素敵なことは、
その素敵を当たり前にできていることでした。



今回もいつものように、素敵と出会えました。
このARIA自体が既に、当たり前になっていることはいうまでもなく(^.^)
今はこうして素敵な時間を齎せてくれることが嬉しいです。
灯里ちゃんの達人っぷり、再び実感です。

WEB拍手を送る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック