CLANNAD 第16回 「3 on 3」

 たどり着きたい場所


 いつもながら、何でもこなすスタジオです。こうなったらなんでも見たくなるって思えました。賛辞の言葉がもう自分には見つかりませんでした(^.^)


 顧問の先生を(一方的に)賭けての、バスケ部と試合をすることになった演劇部。その試合シーンはスポーツアニメを逸していました。ほんの数分だったからとはいえ、逆にほんの数分なのにあれほど描ききってくるこの作品が素晴しかったです。


 合間に智代ちゃんのお話も少し入れながら、春原君の活躍を妹、芽衣ちゃんがより、かっこよくさせてくれていた感じ。芽衣ちゃん、わずか2話での退場となってしまったことには、大変残念に思いますが、大変かわいらしく、できたお子さんでした。良かったのは春原君が妹に大変弱かったところかな(笑)彼の性格なら、何かとできる妹に対して、コンプレックスを持っていてもおかしくないのかなぁ、って思っていたけど、そんなことはなく、もうでれでれでした。そのことに芽衣ちゃん自身、煙たがる様子がなかったのも、見事な妹キャラとしての確立を果たしていました。自分もでれでれでしたw


 お話は演劇部の、という点もありながら、ほぼ主人公、朋也君のお話に近づいてきた様子。彼がここまでで得た経験の一つひとつが、今後を大きく左右する材料になりつつあるということ。彼は彼自身「変われてきている」ということ。そして「変わりたい」と思うようになってきたことが、何より大きかった。

 もちろん彼は渚ちゃんのためにここまでがんばってきた。でもそれは同時に、自分のためにもなっている。脱したいという思い、叶えたい願い。「たどり着きたい場所」を得た彼のこれからは、渚ちゃんたちと出会う前の自分とは、明らかに異なる道が待っている。



 椋ちゃんも徐々にお話が迫ってきている感じだし、ことみちゃんも合間に一言、二言あることが本当に嬉しいです。
 次回からもより、朋也君のお話が中心に進んでいきそうで楽しみです。彼の選択までの道程。既にかけがえのないものになっているのだけれど、その到達に、またぐっときそうだなぁ。

WEB拍手を送る

CLANNAD 2 (初回限定版)
CLANNAD 2 (初回限定版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • CLANNAD -クラナド- 第16話 「3 on 3」

    Excerpt: 春原の妹・芽衣ちゃん登場。 また新しい女が!? 焦る杏(違) 朋也のフラグ立ての忙しさには驚きです(笑) そんなことは置いといて、先�... Weblog: SeRa@らくblog racked: 2008-02-03 17:05