俗・さよなら絶望先生 第8話

 疑い疑われる日々。それが日常。

 Aパートではカメラ付き携帯の普及に於ける、延長戦にありそうでなさそうな未来。そして近年増加する機密情報の漏洩問題が、先生を例に語られました。
 写メールってJフォンだったなぁ、とか思い出しつつ、機密情報漏洩はなかなか笑い流せない。

 可符香ちゃんの進言により、ポジティヴに、漏洩対策を取ろうという試みが。それはいたって簡単。自らニセ情報を流出させスパイを混乱させようというもの。ダシがハッピーターンだったら驚き笑うなぁw
 冒頭の水着シーンは、なんだかみなさん胸がふくよかでございました。ありがとうございます。


 Bパートは五月バレのお話。四月デビューしてみたものの、続かないで五月には本性がw 剥がれ現れるというもの。初期不良、は別にうまくもなんともない当てはめでしたw

 バレるから、人から世間からの目が厳しい。世間はバレる前にバラされたことに関しては得てして寛容である。そう、可符香ちゃんは唱えw 五月バレを五月バラシへと変換させました。みんながバラしていたのは俗に言うカミングアウト。どこまで誰まで本当だったのか。。夫が三人・・・。

 隠すことが既に犯罪であり、世間を偽ることが罪である。バレなければいいこと、知らなくてもいいこと。知ったところで、ということ。世の中多々ある(^_^;) ブームかのように食品偽装問題が日々の報道から絶えないけれど、中国は論外として、国内のそれは「なにかあってからでは」という当たり前な理由合ってのこと。でも少し過剰なのでは、と、無責任に思うときもあります。何十年も何もなかったのに、とか。エコは結局何のために?とかとか。。大人がいうことじゃないな・・・。


 Cパートは「半々」なんてことこの世にはない、という絶望。
 半殺しとは、だいたい生寄りだから、もっと死寄りでもいいんじゃないか。という千里ちゃん。。千里ちゃんの最近のポジションっていつもあんなんだなぁ。最初からかな。。藤崎さんがちらっといたw 完全に怖キャラだよ・・・。麻里奈さん怖い(笑)でも好き。見回りも・・・

 千里ちゃんの定めた半分の基準はそれはそれは手厳しいものがありましたが、愛ちゃんの包帯ぐるぐるはベストでした。

 最期は爆発オチ?オチてないけれど、オチっていわれていたからオチなんだな。笑い所を見失いました。

 最後にはまた出た主婦?、って前から野中さんだったっけな・・・。恐ろしい生徒で溢れていることが再確認な終わり方でした。。

 最後の最後はゆうさんでした。超絶な固め打ちでした。お見事(^.^) 24のHitomiについて、でした。速すぎて全然わからんかったw


 淡々と今回もおもしろかったです。夜中なんだしもっと世間にもの申すくらいのが見たいな。エスカレートを希望です。是非それをアニメで見たいw

WEB拍手を送る

俗・さよなら絶望先生 第二集【特装版】
俗・さよなら絶望先生 第二集【特装版】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック