ARIA The ORIGINATION 第12話

「さぁ、お手をどうぞ」


 大取は水無灯里ちゃん、もちろん見事プリマへの昇格となりました。

 何よりも大切にしていたことは「彼女らしさ」があるかどうか。それがプリマへの絶対条件なんだろうなぁ。
 彼女らしさがふんだんに盛り込まれた最終試験は、それすらも、彼女は自身のステップアップへと繋げていました。


 彼女がアクアに来てから、ずっとずっと夢見てきたプリマ。夢が叶った瞬間の彼女の笑顔。最高でした。そして他の二人のときと同じように、試験官役になっていたアリシアさんにとっても、彼女の成長は、自分の生活を大きく変えることとなっていました。
 彼女の存在は、アリシアさんにとってかけがえのない奇跡。感無量でした。


 全て併せておよそ4クール。1年分で描かれた彼女たちの成長の日々は、見ている側にも大きく影響を与えてくれたものと思います。彼女たちがどう見つけて、どう歩いて、どう考えてきたから、今があるのか。ここはアニメーションで、というよりも本の良さにはなってしまうのだけれど、ずっと忘れられない物語になったと思います。

 アニメーションとしても、この雰囲気は相当自分としては真正面、ど真ん中なポジションにいて(^_^;) 1つ1つのエピソードに思うことがありました。それをここに恥ずかしい台詞満載で書き留めていました。他の作品も、読み返すのはとても堪えられないものが多い中w とくにこのARIAに関しては群を抜いていると思ってます(汗) でもその時々に感じたということは事実。戒めの意味も込めて残しておいてw いつかまた作品も見返して、同時に読み返したいと思います。


 次回でいよいよこの長い長いシリーズも一応のピリオドが打たれることになりそうです。旅立ちはいつも祝うべきものだとわかっているのに、哀しくもなってしまうもの。でもそれいいはずといつも思います。
 一時の別れを哀しみを充分哀しんで(^_^;) そうして笑顔で送り出すことが、送る側の正しい姿だと。

 得るものが本当に多い作品でした。また最終話を見て、だなぁ。最後もその瞬間の素敵を心待ちにします。

WEB拍手を送る

ARIA The ORIGINATION Navigation.2
ARIA The ORIGINATION Navigation.2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック