俗・さよなら絶望先生 第11話

ミラージュ


 A,Bパートを使って始まった「黒い十二人の絶望少女」という火スペよりはもうちょっと中身があるサスペンスが繰り広げられていました。

 ありがちなパラレル?な世界での、いつものみなさんのご活躍は、正直かなりよかったです。まともなスタッフなので(^_^;) こういうお話でも何も問題が感じられませんでした。そういう意図で臨んでいるとしか考えられないほどにw

 糸色先生が探偵としてご活躍していたお話はとても端的でおもしろかったです。いつも叫んでばかりの糸色先生があれほどちゃんと普通の会話を長く取られたシーンはかつてなかったんじゃないかな。エンディングもかっこよかったです。あれほどキャラの立っている美少女たくさんいるのだから、結構何やっても様になる。もう何話か別設定で見たいです。


 Cパートはいつもの絶望先生(^_^) 七夕のお願い事に絶望されておりました。マリアちゃんのお願い事が心打つもの、あったなぁ・・・。

 来世、とか先生言っちゃったもんだからw 可符香ちゃんの「前世」とリンクしちゃって、あとは可符香ちゃんのコース一直線。鳴りやまない来世コールです。おじゃが池、良かった!


 これといってツッコミ所も少なく、相変わらず全体構成は自由でした。いつか真正面から挑んできてくれたら、って思います。相当おもしろいと思うんだけどなぁ。特にこのスタッフ、スタジオであれば。


 裸ショウ悶。踏み入れたくても決して踏み込んではいけない。踏み込んだら最後、ころころ転落人生が待っていることでしょう・・・。お、恐ろしい・・・。

WEB拍手を送る

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック