俗・さよなら絶望先生 第12話

「急」は良くないです。急がば回れです。


 Aパートは何事も「急」に始めるのはよくないよ、という先生の教えから。その名もハードランディング社会。

 物事には何にだって順序があって、何らかの事情でそのステップを数多く飛ばすことで、達しようという行為。それによって得られるものは貴重かもしれない。けれどそれによって生じる歪みはまた大きい時が多いです。

 でも今の現代、あらゆる事がめまぐるしく進んでしまっているため、そのすべてを順に見ていくことが難しいという面もある。それによって自分が勝手に、なんだけど物事が急に動いていると錯覚することもよくあります。「いつの間にか・・・」と思うこと、日々多々です。。

 今回のお話はそっちではなかったけれど、視聴者に嬉しいシーンも多くかなり、ってか結局それだけでもいいんだ、と思って見ている時がほとんどw あびるちゃんの半分水着は「急」に相当することは間違いなかったw でもかなり良かった!

 ラストは先生が静かに、ソフトに死へのソフトランディングを迎えてエンド。もうあーいうシーンでした千里ちゃんって・・・。


 Bパートは、人は時として他人のドラマ(人生)に大きく巻き込まれることがあるよね、というお話。
 ん、かなり共感が求められないであろう、お話でした(笑)いつもの「あーあるある」な小ネタではなく、一歩進んだお話の盛り合わせでした。意外ではありましたが、なんか笑うポイントが見つけられず終わっちゃったw

 Cパートは逆流現象。これはあるある!がたくさんでした(^_^) スロットはいつまで続くんだろーなぁ、と楽しみです。名作劇場と、ギャラクシーエンジェルはかなり難しい戦いを強いられていると、勝手に思ってるんだけどどうなのか。あれらも受け入れられるようであれば、ほんとなんでもいいんだ、って思ってしまう。個人的にはやっぱCMとかでも、アクエリオンのように音楽で盛り上がるのがスロットにもそのまま生かせるんだろうから、勇者王とか、ドラゴンボールとか、そこら辺攻めればきっとまだ衰退しないはず。星矢とか、とにかくジャンプ系(笑)

 藤吉さんがかなりエヴァから入っていたのがおもろかった。エヴァから入ったものはないけどw エヴァから知った多くのことはあったなぁ。調べるのが楽しい時期でした。

 今回も可符香ちゃんのお言葉で逆流こそ男だと。杉田さんいいw

 深夜アニメ見ていたらいつのまにか塀の中に入ってしまう・・・。ゆ、由々しき事態っっ
 でもDVDの売り上げで、X365が決定したの? 喜ばしき事態っっ 夏が待ち遠しいです♪


 最近なんか影郎君の扱いが良くなってきているのは気のせいだろうか。いつもながらきもくてw 影薄いキャラには変わりはないんだけど、出番が多いような。。何かを暗示している・・・。

 でもなまあしおじさんも充分きもかった・・。生足は良いのもですが、それだけ、とはまた偏った生き方をされていたなぁ。。


 今回はとてもいつもの絶望先生でおもしろかったです。カエレちゃんより、あびるちゃんの方がポジション良くなってるのが素敵です。やはり包帯の良さはまだまだ健在か(^_^;)

WEB拍手を送る

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック