xxxHOLiC◆継 第8話

解決のために侑子さんが渡してくれるものは、何度訪ねても、何度も何度も訪ねても「鈴」。ただそれだけでした。


 侑子さんのミセへとネガイを叶えてもらいたくて来たその少女は、君尋君と同じ学校の子でした。彼女のネガイは、夜な夜な聞える足音や、ポルターガイスト的な奇怪現象をどうにかしてほしいというもの。侑子さんは確認しました。

「家が怖くなくなればいいのね。」

 と。


 そして侑子さんが彼女に手渡したアイテムは一つの鈴。それを持っていればネガイは叶うから、と。けれど次の日、やはりまだ改善の兆しなく、少女は再びミセを訪れるも、侑子さんがしてくれることといえば、やはり「鈴」を渡してくれるだけ。それも繰り返す度に鈴の数は増えていき、いつの日かおびただしい数の鈴が、彼女の枕元には置かれることとなりました。
 ある日、侑子さんが「今日で終わりよ」と告げてから、事態はその通り、終わりを迎えました。


 彼女はその日の夜も、いつものように足音に怯え、目が覚めて怯えていたのだけれど、そこへ入ってきたのは一見普通の人間の男性、と女性。けれどその二人には、彼女の姿は見えていませんでした。同じく、彼女からも二人の姿は見えていませんでした。
 どちらも姿は見えないものの、「音」は感じ取ることができていた。そのため、どちらもその「音」に怯えていました。


 君尋君はその現場を、百目鬼静の祖父である遙さんの力?で夢を渡り見ていました。そしてどちらが、ここにいてはいけない者、かを知ることとなりました。



 今回のお話自体は単発ではありましたが、最後で、ちらっと出ていた小羽ちゃんへのバッシング騒動。次回はそこへとお話が移るようです。 君尋君のはっきりした気持ち。行動が、彼女を救ってくれる。

WEB拍手を送る

xxxHOLiC◆継 第一巻(ドラマCD付)
xxxHOLiC◆継 第一巻(ドラマCD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック