地獄少女 三鼎 第2話

電気は大切に・・・


 やはり過去52話分があるだけに、今期のどの作品より深みにはまるまでの時間が短くておもしろいです。

 あいちゃんと口づけを交わした(一方的)ゆずきちゃん。OPでも全面に出ていて、ほぼ彼女が主人公として回っていくように見えました。今回ももちろん、彼女には"依頼者"が見えてしまっていた。

 今回の依頼者は同じマンションに住む、明君。彼は近所の電気屋さんの奥さんに好意を寄せていました。好意といっても彼はゆずきちゃんと同級生。美人なお姉さんに会いたいために、毎日47円の単三電池一本を購入するというかわいさ。が、彼女にはDVな旦那がいて、明君はその男を憎み、怨み、地獄通信へアクセス。

「きたよ。」

 あいちゃん登場はかなりシンプルになりましたがw もう能登さんは何でも怖いんでw どうしようもない。


 奥さんは本当に嫌だったら、ゆずきちゃんのいうとおり逃げようと思えば逃げれたはず。けれど奥さんは逃げることはしませんでした。

 それはなんのため?

 結局その理由は彼女から教えてもらうことは出来ず、明君が旦那を地獄へと送った翌日、彼女は姿を消してしまった。それが彼女が彼に残した最初で最後の答えかのように。


 なぜあいちゃんがゆずきちゃんをよりしろとしているのかは、わら人形たちも知るところではなかった。ただ魂だけの存在での不自由さを補うためとは、思えませんでした。ゆずきちゃんに見せる必要性がどこにもないから。


 奥さん役の久川さんがとても色っぽくて良かったです(^.^) 愛の形にはいろいろあると言っていたゆずきちゃん、大人でした。。

WEB拍手を送る

地獄少女 三鼎 一
地獄少女 三鼎 一

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【AKS】 『地獄少女 三鼎』 #2

    Excerpt: 今回は、久川ヴォイスの人妻に恋する中学生が依頼人の話。 DV旦那から解放しようと契約した、中学生でしたケド・・・ Weblog: 【T】 Tsukasa♪'s Blog! racked: 2008-10-16 07:51