機動戦士ガンダム00 第7話

長き冷たい過去の雨は流れ去り、新たな陽の光が二人を照らす。


 マリー・パーファシー。彼女の再始動にほぼ1話使ってくれたこの構成はかなり嬉しいものがありました。
 戦闘・戦争がガンダムのMastでありつつ、でも本当に描かれなくてはいけないことは、その渦の中で奇跡とも呼べる人と人とのドラマでなければならない。本作は立ち戻ってくれていると思いました。どれほどこのまま続くか、また楽しみが増えました。


 その人がなぜ戦おうと思ったのか。なぜ戦わなくてはいけない状況下に陥っていたのか。そして過去を過去とし、"今"、何を思い考え感じ生きているのか。ただ漠然と戦争に荷担しているだけでは、何も始まりもしない。


 ソーマさんはとうとう、何度となく蘇りそうでならなかったマリーとしての人格を取り戻すこととなりました。一重にアレルヤ君の執念。彼女への唯一の想いが、叶った瞬間でした。

 スミルノフ大佐も、最初からいい人だったけれど、彼女に対しては最後の最後まで、彼女のことを考えた道を作ってくれました。彼だってソーマさんをこれからもずっと側で見守ってあげたかったはずなのに、彼女にとっての最善を考えて、その場を去ってしまった。若者たちの未来を、見据えてくれての判断でもあったんだろうな・・・。


 この作品始まって以来の展開でした。大きく作品全体が動いたといっても過言ではなく、方向性の一つも確立させた。非常に重大なお話でした。


 もう一つの真髄ともいうべき、成長を担っている(と信じたいw) 沙慈君はな~んかぱっとしません(^.^) 機銃を撃てなかったのは良しとしても、あんな中途な気持ちのままだといずれまた何かしでかしてしまいそうです。少しずつ、刹那君とも会話できて行ければいいなぁ。

 あと武士の方はそろそろ先が見えてきたようなw 立場をわかってない人ほど、目障りな兵士はいないし、見ていても別にあまり燃えません。サーシェスさんだけでもなんとかなると思うよ。。


 物語は次回よりティエリア君に移行しそうです。あのそっくりさんが自ら出張ってきてくれました。
 あと次回以降、マリーさんのかわいらしいシーンも、少しだけでいいからほしいところ。髪型とか変えてくれてもいいなぁ(^_^;)

WEB拍手を送る

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック