地獄少女 三鼎 第8話

悪意なくとも。


 過去ペット話は何回かあったけれど、今回のは一方的ではなかったんで、どう転がっていくかと思ったら、あいちゃんはペットを飼っていた初見さんに、呼ばれました。

 隣人は家族に次いで最も近い他人になることが多く、接し方次第では、容易に日常に支障を来しかねない。かといって誰もが良い人であることもなく、離れずらいだけに、面倒と思うことも多いかも。

 きっかけは初見さんの、無意識の嫌味からでした。隣人の新谷さんも、あんなブレスレッド買うくらいなんだから、少なからず犬は嫌いじゃないのだろう、って思ったけど、そんな様子皆無でした。

 新谷さんの嫌がらせは徐々に、かつ幼稚にそれでいて意外と周到にエスカレートしていき、とうとう、初見さんは地獄通信へアクセス。やや事故っぽい形ではあったけれど、わら人形の糸は解かれ、おばちゃんは流されていきました。

 ペットに纏わる怨み。それは人に対する怨みとはまた違った種類で、多くは、自身が全身全霊の愛情を注ぎこんでいて、それにあたかもペットは応えてくれているかのように振る舞ってくれるから、気持ちの移入は別格になりやすいだろうなぁ。

 おばちゃんはへんてこロボットに乗せられてて、同じくへんてこなロボットにやられ、最後はトイレシートに飲み込まれて流されて。

 あいちゃんがいぬ耳?だったのがかなり良かったです。さりげない演出。さりげなすぎですw


 あの高さじゃ・・・、って思ってたのに初見さんは奇跡的に生きていました。驚きです。かなり重傷そうだったものの、話しはできていて。あれもまた執念の一つが成せたことなのか。


 今回はペット話だった割に、そんなに嫌な気持ちにはなりませんでした。初見さんがもっと、ペットのことだけじゃなくて、人にも、もうほんの少しだけ気を配ってくれていれば、こんなことにはならなかっただろう。ゆずきちゃんにはちゃんと接してくれているようにも見えたから、やっぱ選ぶことはするよな。あのおばちゃん、一人暮らしだったんだろか。。


 次回はキャストさんわからず・・。
 ちゃんと提供バックに耳つきあいちゃんが映ってて良かったです。あんなことされると今後も期待してしまうけど(^_^;)

WEB拍手を送る

地獄少女 三鼎 オリジナルサウンドトラック~肉喰~
地獄少女 三鼎 オリジナルサウンドトラック~肉喰~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック