WHITE ALBUM 第4話

すれ違い。


 待ち合わせの時間と場所を決める。ちょっと前であれば待ち合わせに必要な最低限のこと。今は携帯電話があるよね、ということがきっと伝えたかったのだろう(^_^;)

 まさかすれ違いだけであれほど時間を使ってくるとは予想外でした。普段どれだけ急いでいるのかを思い知ったなぁw また一つ、この作品の指向がわかりました。


 理奈ちゃんは良い面を見せつつ、こっそり自分は自分でちゃんと利点を作っていました。強かな女の子です。「これくらいいいよね」の「これぐらい」レベルが、どんどんでは今のままでは済まなくなってくること、見て分かります。

 由綺ちゃんはいつも真っ直ぐで透明感が素敵な魅力だなあ。純真無垢で。疑い始めたらどうなっていくのか興味ありつつ怖いところ。もしそうなったら、綾さんそこら辺かなり巧みに演じ分けてきそうで楽しみです。

 はるかちゃんの出番が僅かだったのは、嘆かわしい点でしたが偶然冬弥君が駅でぶつかったマナちゃんのご登場だからでした。倒れて起き上がった時、なんであんなに冬弥君のことを見返していたんだろう。何かないと、あんな感嘆についてきてくれないだろうから。。


 夜になってしまってから、冬弥君と由綺ちゃんは出会い、そしてそのまま二人は由綺ちゃんの家へ。想い出作りは大切です。自然な流れではありましたし、冬弥君の緊張さ加減がどう響いてくるのか楽しみだな。


 今回も想い出の"思い出し違い"が入ってて、着実でした。いつかすべてが崩れるであろうその積み木は、まだバランスを保っていた。


 今回はあまりおもしろい、ってところはなかったなあ。付き合っていても、お互いの住んでいる家はわからないにせよ、住んでる場所くらい話さないんだろうか、と疑問に思った程度。せめて冬弥君は秘密にする必要どこにもなかったし。或いは彼の過去が何か作用しているのか。。

WEB拍手を送る

WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray]
WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック