続 夏目友人帳 第五話 「約束の樹」

羊羹二棹、一気飲み。



 レイコさんの仕業で、友人帳に名前を書かれ、さらにその紙を木に結ばれる、という目に遭っていた妖の霧葉君。その紙は五十年経ったら取っていいよ、とも言われ、素直に五十年待っていた霧葉君。その挙動からしてとってもどんくさくて(^_^;) かわいい、愛らしい妖でした。

 彼の願いを聞き届けて、名前を返してあげるべく、夏目君はレイコさんに成り代わってその紙を探してあげることとしました。途中でクラスの友達たちも協力してくれて、この前出たヒノエさんもニャンコ先生が協力をお願いしてくれていました。

 ヒノエさんとレイコさんとの出会い方も突拍子なく、どこで心打ち抜かれたのかはわからなかった(^_^;)


 紙はヒノエさんが木のてっぺん付近にあることを探し当ててくれて、夏目君は霧葉君に対して、自分で取ってくるんだ、と告げました。
 夏目君は海が見たい、といっていた彼の話を聞いていたこともあったし、もうあの時点で、レイコさんの意図を理解していたのかな。

 妖にとって五十年は、とても短い方だと思ったけれど、ニャンコ先生が「そんなに待ってたのか!」って言っていたのであれ?って思いつつ、最後はやっぱ短いよね、って落ち着いた(^.^) ニャンコ先生勢いでいじめまくりだったなぁw それとは別にヒノエとの言い合いもおもしろかったし、序盤の羊羹飲み干してたのも笑えました。切って食べようよw


 もう1つさりげなく描かれていたのは、夏目君の風邪のお話。
 塔子さんに心配をかけたくないから、と無理していた夏目君に対して、「いつになったら気づくのやら」って言ってたニャンコ先生。何のことは明言していなかったけれど、それって彼の間違った気遣いのこと。いつか気づくことになるんだろうな。
 心配させたくないから無理をする。塔子さんは夏目君にもちろん早く体調を治してもらいたいとは思っているけど、同じように、無理はしてほしくない、って思ってる。それはどっちがどっちってわけじゃなくて、どっちも同じように、ってところを早く気づいてほしいな。

 ニャンコ先生がただきまぐれで言っていただけかもだけれど、少しずつ彼は妖を知りつつ、人も理解しようという気持ちになってくれるといいな。もうだいぶみんなとも心が打ち解けてきているから。


WEB拍手を送る

夏目友人帳 5 【完全生産限定版】 [DVD]
夏目友人帳 5 【完全生産限定版】 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」

    Excerpt: 夏目を橋の上から見つめる、かわいい子発見!(*´Д`*) 妖の男の子? とてもオドオドしてて、かわいいですw 油断して近づいたら橋なんて... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2009-02-03 20:12
  • 続 夏目友人帳「約束の樹」

    Excerpt: 続 夏目友人帳「約束の樹」です。 ん~、いけない。この話の原作版を思い出せない。 Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2009-02-03 23:46
  • 続 夏目友人帳 第5話「約束の樹」

    Excerpt: 博士「♪好きとか、嫌いとか~」助手「全然関係無ぇよwww」... Weblog: 電撃JAP racked: 2009-02-04 23:55