CLANNAD AFTER STORY 第17回 「夏時間」

過去からは目を背けることができても、
今と、未来からは逃げてはいけない。


 月日は五年が流れ、汐ちゃんはとってもかわいらしい子供に成長していました。


 惰性で生きることの容易さ。本人は辛さだけしかなかったかもしれないけれど、彼は街から離れることはしていませんでした。子供のこと、古河夫婦のことが良くも悪くも、彼を生かしていました。


 汐ちゃんが一度も?朋也君のことを名前はもちろん、お父さん、とも呼んでいなくて、かといって古河夫婦のことをお父さん、お母さんとは呼んでいない。ここだけ見ても、ここまでどんな時間が流れてきていたのか少し物語っていたように思います。


 今回、早苗さんの策略で、朋也君は汐ちゃんと二人っきりの時間を過ごすこととなっていました。
 彼女にとって朋也君は今どう見えているのか。単なる大人の、ちょっと知っている人、と思われているだけだろうか。。
 トイレに行っても早苗さんたちのようには褒めてくれない。作ってくれたご飯は苦くて食べれない。でも怒るようなこともしない。怯えつつではあるけれど、近寄ること、たどたどしい口調で話しもできる。一緒に旅行に行くか、と問われれば旅行には行きたかったから「うん」とは答える。


 ラストでのスキップ姿からEDへの繋がりは本当になんていっていいかわからない気持ちになってしまいました。ずるいですw


 前回から、今回までの間の出来事はまたどこかで振り返られるのかもしれないけれど、朋也君にとっては一つも光が見えない年月だったと思う。
 まるで彼女の代りに汐ちゃんが生まれた現実。予想していた未来が崩れ去った現実。生きる意味を見失い、願いも失ってしまった現実。彼を支えたのは、支え続けたのはきっと早苗さんたちだったんだろうな、と考えると、ますます辛くなってきます。


 次回も彼女と二人っきりの時間が続く。
 彼はちゃんと彼女と向き合い、見つけるものがあるだろうか。

WEB拍手を送る

TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia
TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック