機動戦士ガンダム00 第23話

最終決戦。いくつもの光が散りゆく戦場で、導き出せる未来は今まさに、選択の時を迎えようとしていました。



 全貌を明らかにしたコロニー型外宇宙航行母艦 ソレスタルビーイング。刹那君たちがこれまで自分たちの総称、組織名称として用いていた名と同じ名を持つ要塞は、もちろんこれまでで最大の驚異となっていました。何せよ核となるのはあのヴェーダであり、操舵しているのはイノベイター、リボンズ・アルマークその人でした。
 搭載されていたGNドライブを弾薬として用いてた砲台は、まさにコロニーレーザー級の破壊力。それがあの軽さで動かせていた、ってだけでも驚異でした。


 スメラギさんはこの母艦を駆逐するこそが、最後の戦いと踏み、ラストミッションとして臨みました。
 自分たちがきっかけで世界は変革を見せた。けれどのその変革はまだ、終わらせてはいけない。今起きている変革は、決して誰も救えないものでした。だから少しでもあるべき姿に近づけるため、自分たちで起こした責任を負うと共に、自分たちで戦う意味を見出し、自分たちで未来を切り開く。
 スメラギさんの決意は、ソレスタルビーイングの総意であったと思います。


 戦闘中盤で登場してきた無数のMSは圧倒的物量で、さらに全機トランザムシステムを搭載。にしては、ビームライフル一撃で破壊されてしまうあまりに脆い機体でしたw でもプトレマイオスと僅か数機のガンダムしかいないあの部隊に対して最も有効な手段であったことは確かでした。
 けれど今は、彼らだけではなく、カティ大佐もいれば、カタロンのみんなも僅かながらいる。何よりもお疲れ様でした、コーラサワーさん。結局いいお話も特にもらえずに散っていってしまいました。でもあれでもまだ生きている、ってことがあり得るかな(^_^;)

 今回も戦術予報士スメラギさんの力量が存分に発揮されていました。彼女の作戦って、だいたいが「正面突破+α」。あんだけGN粒子が使えればとりつくことも苦ではありませんでした。続いてガンダムたちも乗り込もうとしたところへ、ダブルオーの前に現われたのが、ルイスとアンドレイさん。ライル兄さんの前にはサーシェス。ティエリア君にはイノベイターの生き残りが、それぞれ挑んできました。
 アレルヤ君たちはトレミーの護衛で、イアンさんがオーガンダムで砲台として加勢。フェルトはヴェーダを発見。それぞれの局面が目まぐるしく展開していき、緊張感は高まっていたと思います。
 そしてオートマトンを駆逐するため自ら銃を持ち、ブリッジを出たスメラギさんの前に現われたのは、ビリー・カタギリさんでした。


 沙慈君はこの戦いで再度ルイスと話すことに成功。恐らくこれがラストチャンスという場面でした。彼女は世界を乱す者こそが、悪と訴えていたけれど、それを戦うことで得られる未来には何の意味もないと沙慈君は返しました。勝ち得る、意味ある未来。それは互いが互いを分かり合えること。分かり合おうとすることで築ける未来こそに意味があり、幸せがあるのだと叫びました。
 沙慈君が得た答えは果たして彼女の胸に届くのか。


 いよいよあと2話。もうここまできてしまうと、何をどういっても今更なので、無事終わることを願うばかりです。かなり真面目に見てきたつもりでしたが、やはり難しいのだな、という印象が一番かもしれない。それでも「超えるもの」「新しいもの」どちらも容易では創り得ない状況下で、よくここまでできたとも思えるほどでした。

 何を持って変革とし、何を持ってピリオドとするか。もうそれだけかな。

WEB拍手を送る


泪のムコウ(期間生産限定)
SMR(SME)(M)
2009-02-11
ステレオポニー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケッツアール
2009年03月15日 21:00
結局は変革を行う者同士の争いに一般の世界が犠牲になったというのが総論なのかな。

ベーダーそのものが真の敵ってことになるんかな。他人が指し示した理想の改革論を否定し、さらに皆が上手く行く改革を実施することが最終的な結論になるのかな。

やはり、ベーダーというモノが全てを壊したっていうことになるんだけど(笑)

鋼早くみたいですなー。人間臭いドラマ見られるといいな
2009年03月16日 21:54
>やはり、ベーダーというモノが全てを壊したっていうことになるんだけど(笑)

ですね。ヴェーダの取り扱いが誰もできなかったところが、物足りなさの要因と思います。

もう過去を引きずってガンダムは見ちゃいけないんだなと、たどり着きそうでした。
望んでいたのはドラマ。ハガレンが待ち遠しいです。

この記事へのトラックバック

  • 機動戦士ガンダム00 2nd #23

    Excerpt: イノベイターの巨大母艦も姿を現して、いよいよ本当のクライマックスという感じで盛り上がってきましたね。前回リジェネに撃たれたリボンズでしたが、アバンであっさりと復活しました... Weblog: 日々の記録 racked: 2009-03-15 18:17
  • 【AKS】 『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 #23

    Excerpt: 今回は、イノベイターとの最終決戦の話。 前回のラストで、リジェネに撃ち殺されたかに思えたリボンズでしたが・・・ Weblog: 【T】 Tsukasa♪'s Blog! racked: 2009-03-15 18:32
  • (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第23話 「命の華」

    Excerpt: 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>前回(第22話 「未来のために」)の感想をポットキャストにて収録! 「スメラギは戦術予報士ではない?」、.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2009-03-16 01:12